SAPORITA NEWS

シチリア美食の王国へ01パレルモ事始め〜快適なシチリア食の旅を始めるために(無料配信)

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

シチリアへの旅はやっぱりパレルモから始めるべきだろう。私自身、1995年に初めてこの島を訪れて通算で9回、今回で 10 回目を数えて、その経験から思うに、やっぱり“とっかかり”はパレルモだなと思うのだ。歴史的にもパレルモは文化のクロスするところとして、東方から西方からいろんな影響を受けてきた。アラブ、ノルマン、スペイン。大きく分ければこの 三つの民族に支配された時代がもっとも色濃く街の姿に残っている。パレルモひいてはシチリアがそういった支配者たちを喜んで迎え入れたかどうかは別として、そういう“よそ”からの波に慣れてきたという印象を受けるのが パレルモだ。何度訪れても感じるのが、独特の懐の深さ、諦めにも似た寛容。そして、 したたかに自分の世界を生きているという秘めたパワー。

パレルモは空港から高速に乗ってだいたい三十分で着く。初めて車で入ってくると、いったいどこから街の始まりなんだ?と思う。イタリアの都市はどこでもそうだが、街に近づくとそれまでの高速道路が街をぐるりと回る環状線になる。標識が必ずしも親切とはいえないイタリアでは、高速の終わりと街の始まりがわかりにくい。流れに沿って走っていても、今自分がどの辺りにいるのかさっぱりわからない、というのがごく当然のように起こる。だから、パレルモへ向かうときには、あらかじめ、自分がどこに行きたいのか(レストランなのか、ホテルなのか)はっきり決めて、目標となる近隣のもの(港、駅、広場、劇場)を見極めておくことが肝心。街の中へ侵入し、途中で目的地のホテルかレストランの名前を叫んで地元民に助けを乞う。イタリア語ができなくたって、目的地の名前や通り名をひとこと言えば、イタリア人は慣れたもので「ああ、あそこはこう行くんだよ」と教えてくれる。

パレルモに限らず、都市に到着するのはなるべく明るいうちに、が基本だ。シチリアは近年、ダーティなイメージを払拭して観光地としての宣伝に やっきだが、治安の面ではまだまだ不安な部分も多い。不愉快な出来事に出会わないためにも、基本的な防犯知識を働かせたい。要するに、暗い時間帯に暗いところへ行かない、たとえ運転中でも車のなかに荷物を見えるように置かない、後部座席に誰もいないときは荷物をそこに置かない、などの配慮を怠らないように。

南イタリア式お食べ地獄はまず市場見学で予習を 「ウッチリア、バッラロ、カポ」Ucciria, Ballaro’, Capo

一 九九五年に初めてパレルモを訪れた時、パレルモ近郊の当時ミシュラン一つ星のレストランへ行った。真夏の夜、初めてのシチリアで時差ぼけと暑さにしっかりやられてしまった胃袋に次々と出る料理は結構辛いものがあった。普通、イタリアンは、前菜、プリモ(パスタやスープ)、セコンド(肉か魚)の 順で最低3皿、応用で 5 皿、というのがパターン。しかし、例外なき基本はない。「おまかせで」などと頼むと前菜が一皿、二皿、と始まって、気がつくと前菜らしいものが五皿目を越えていることがある。そろそろパスタとかリゾットなんかが欲しい(というよりも、先を思い遣って心配になり始めている)と思う頃、ようやくパスタがくる。しかし、ここでもパスタが二皿くらいで留まればラッキー、下手すると三皿目がくることもザラ だ。そしておもむろにセコンドへ突入。この時点では、セコンドは絶対一皿だけにしてほしいと思っている。

イタリアにおいては、南や北の端に行く程、この傾向は顕著である。題して、 『田舎式お食べ地獄』。クライマックスと終焉の予想がつかないコース料理をいう。もはやこうなってはコースとも言えないかもしれないが。

そのお食べ地獄の前にまずは市場見学。パレルモには大きな食の市場が三つある。

一 つは「ヴッチリア(ウッチリアとも言う)」。現存する一番古い市場で、 少し前までは活気ある下町一番の市場だった。しかし、今は昔のその面影はない。店の並びもまばらだし、魚や野菜など、並ぶ商品だってくた びれているようなものもある。市場の立つ界隈の建物はもうぼろぼろで、ほとんどが廃屋だ。 だから、夕方から夜にかけての市場の閉まる時間帯は、ちょっと不気味で人が寄り付かない。その時間帯は麻薬関係者がたむろする危険地帯にもなっている。 それでも、この市場にはマグロが並ぶ名物魚屋や、ゆでタコ屋、ミルツァという牛の脾臓をくたくたに煮込んだモツ屋、濃縮トマトペーストを売 る乾物屋など、映画や雑誌でもさんざん取り上げられた店がまだ残っている。何十年も変わらないパン屋、ネコが店番をしている八百屋な ど、無名だけれど、味のある店もまだまだ多い。

二つ目の市場は「バッラロ」。先のヴッチリアよりも駅に近く、規模も大きい。 延々と魚、野菜、肉、パンなどの露天が軒を列ねる。この市場も周囲は廃 虚かそれに近いような建物ばかり。昼日中はいいけれど、夜はちょっと入り込みたくない界隈だ。なんだかヴッチリアといい、バッラロといい、危な いところばかりのようだが、日中の市の立つ間はそれは活気があって楽しいし、スリにさえ気をつけておけば、カメラ片手にうろうろしてもなんら問 題はない。いまにも崩れ落ちそうな建物とたくましく生きる下町の人々。誰だって思わずシャッターを切りたくなる光景。いつか近代的な(味気ない)建物に変わってしまうかも知れないそんな風景を見ないでおく手はない。

三つ目は、「カポ」と呼ばれる。映画「ゴッドファーザー3」の最後の舞台となったマッシモ劇場の裏に広がる中規模の市場だ。比較的新しいが、庶 民から優雅なマダムまでが買い物にやってくる。羊の腸を月桂樹やたまねぎと一緒に串にぐるぐる巻いたものとか、仔羊の頭が 2000 リラ(当時 100 円)だったとか、日本では見たことも聞いたこともない世界が繰り広げられていて、本当にめくるめく思いをしたのはここだ。

●Vucciria(ヴッチリア):ヴィットリオ・エマヌエーレ通りとローマ通りの 交差点、サン・ドメニコ教会広場から海側の一帯。
●Ballaro’(バッラロ):ローマ通りから南、カルミネ教会広場周辺。
●Capo(カポ):マッシモ劇場裏手南側。
営業はどこも午前中のみ、ほぼ 13 時まで。日曜休業。

続きを読むには?有料コンテンツのお申し込みはこちらから

About Manami Ikeda (325 Articles)
大学卒業後、出版社に就職。女性誌編集に携わった後、98年に渡伊。以来ずっとフィレンツェ在住。取材とあらばどこにでも行きますが、できれば食と職人仕事に絞りたいというのが本音。趣味は猫と工場見学。
error: