SAPORITA NEWS

Checchino@Roma

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

南伊取材行脚の旅、締めくくりはスタート地点だったローマ。目指すは随一の老舗Checchino dal 1887、ローマ伝統料理と故ルイジ・ヴェロネッリに絶賛されたワインリストで知られる名店。五代目兄妹のフランチェスコがサービス、エリオが厨房、マリーナがお勘定担当でがっちりスクラムを組んでいる。撮影アイテムはブカティーニ・アッラ・アマトリチャーナ、リガトーニ・アッラ・パヤータ、スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ、さらにセコンドでサルティンボッカ・アッラ・ロマーナとコーダ・アッラ・ヴァッチナーラ、締めのドルチェにチョコとアーモンド入りリコッタのトルタとリンゴのトルタ、ヘーゼルナッツのセミフレッド。ドルチェは別として、ローマ伝統料理の王道を突き進んだ構成。写真もきっちりトラッドに画面全体ピンがかりかりにくるよう撮影。

仕事の前に腹ごしらえで食べたのは、プロシュート・ディ・モンターニャ(山でつくった生ハム)とvignarolaというそら豆、アーティチョーク、グリンピースをブロードで煮た春の一皿。塩と旨味をぎりぎりまで高めた生ハムとほろ苦い豆料理でローマを締めくくれたのはラッキーでした。

メディアを追加細かい部分にこだわったフォトグラファーの仕事ぶりにフランチェスコは「いいですねー、日本の人は、きちんとしていて。私はイタリア人の間で苦労しています。日本のほうが自分に合うと思う」。古代ローマの戦士の格好(コロッセオ付近によくいるあれ)が最も似合いそうなローマ人は意外と繊細な人のようで。

About Manami Ikeda (325 Articles)
大学卒業後、出版社に就職。女性誌編集に携わった後、98年に渡伊。以来ずっとフィレンツェ在住。取材とあらばどこにでも行きますが、できれば食と職人仕事に絞りたいというのが本音。趣味は猫と工場見学。

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: