SAPORITA NEWS

Il Calandrino@Sarmeola

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

Calandrino1Calandrino2Calandrino3Calandrino4ミッションあって2005年以来のレ・カランドレ取材。4年前に比べると広報担当者がいる分、取材はスムーズ。以前にも対応の素早さに「さすが北イタリア」と感じ入ったけれど、今回はそこにさらに手厚いフォローを感じました。

取材後ランチは併設のイル・カランドリーノ。東京では同名店閉店の憂き目に遭ったそうですが、ここ本家は地元にしっかり根付いています。カジュアルだけれど、美味いもの。フィレンツェにもぜひ出店してもらいたいものです。パルマのProsciutto Bar@ショッピングセンターEurotorri同様。

前菜はciccheti misti。8種類のつまみ(バッカラ・マンテカートのポレンタ・サンド、若鶏のハーブマリネ、豚のクロケッタ、パルミジャーノ&白身魚のリゾット、ハーブのクスクス、肉団子のトマトソース、ナスのパルミジャーナ風、オリーブのクリーム)を載せたtagliere登場。その後はBig Max、chefの名前を冠したハンバーガーは、肉の存在感にもまして、添えられたポテトフライが懐かしの○ック味。わざとやったとしか思えないけど、意図してなかったとしたら...。

それにしても、ここのパンは本当に美味しいです。かつて○ノ国屋で売っていたカリフォルニア・サワーを思い出します。パン部門だけでもいいからぜひフィレンツェ出店を。しつこいようですが。

パスティッチェリア扱いの一口菓子(ミニョン)盛り合わせを食べていると、ソムリエ君が「食後酒はいかがですか」と噴霧器をぐいっと眼前に。あ、これは懐かしの強烈ハードリカー・スプレイ。素直に口中に受けましたが、やっぱりむせました。こういう刺激はたまになら楽しいです。

About Manami Ikeda (325 Articles)
大学卒業後、出版社に就職。女性誌編集に携わった後、98年に渡伊。以来ずっとフィレンツェ在住。取材とあらばどこにでも行きますが、できれば食と職人仕事に絞りたいというのが本音。趣味は猫と工場見学。

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: