Venezia,Murano,Lido,Milano,Torino

Dscn0522_2
ふと考えてみるとヴェネツィアに来るのは昨年ブラーノ島に連日早朝猫撮影で出かけて以来約1年ぶり。今回はまたしてもカ・ドーロ地区の定宿Gに滞在し、またしてもフォンダメンタ・ノーヴェからヴァポレットに乗って連日でかけたのだけれど、行き先はブラーノ島ではなくガラスの島ムラーノ島。ここに工房を構える唯一の日本人ガラス作家T氏と合流し、その製作現場を見せてもらったのでした。

この時期ヴェネツィアは映画祭、ビエンナーレ、さらに9月6日はレガッタ・ストリカも重なりものすごい人出。レストラン難民になりかけた夜もあったけれど、なんとかかんとかそうならずに3日間を乗り切る。曇天のリド島、ホテル・デ・バンで朝の紅茶とクロワッサンのあとは6月にオープンした安藤忠雄による新美術館プンタ・ドガーナと同じくフランソワ・ピノーのコレクションを集めたパラッツォ・グラッシへ現代美術展のはしご。

Dscn0523
6日13時からレガッタのため大運河は通行止めになるというので早めにホテルをチェックアウトし、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅のクラブESで予約を前倒し。こういう大混乱時にクラブESは強い味方なのです。で、ミラノ経由で16時にはトリノに到着。サローネ・デル・グストなど、トリノのイベント経験者にはおなじみの巨大ビジネス・ホテルMにチェックイン。ヴェネツィアのGに比べて部屋の面積3倍、EthernetからSKYまで揃う近代的設備。というわけで急に秋色が見え始めた北イタリア。明日からまたしてもヴェローナに続く劇場通いの日々。MASA

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1153 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。 2003年度「シチリア美食の王国へ」がイタリア文化向上に貢献した出版物に送られるマルコ・ポーロ賞(イタリア文化会館主宰) 最終候補作品にノミネート 2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属 2011年株式会社オフィス・ロトンダ設立。現在代表取締役 2014年日本初のイタリアの旅と料理をテーマにしたWEBマガジンSAPORITA設立。国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる

Be the first to comment

コメントを残す