SAPORITA NEWS

北イタリア週刊食卓日記

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

Torino09090728
ようやくヴェネツィア、トリノと続いた連戦が終了し、フィレンツェに戻って来ました。以下はその間に行ったレストランおよび食べた料理です。

2009年9月3日(木)
夜、Diavolo e Acquasanta@Venezia ひさびさの「悪魔と聖水」へ。アンティパスト・ミスト(バッカラ&マヨ、バッカラ・マンテカート、タコ・サラダ、イワシのインサオール、イワシ・アル・フォルノ)スカンピのスパゲッティ、フリット・ミスト(イカゲソなど)

2009年9月4日(金)
昼、ムラーノのガラス工房で昼飯のご相伴にあずかる。グリーンピース入りラグー&リガトーニ、チーズ

夜、Alla Vedova@Venezia
Polpettine、魚介のAP(焼きGamberi、イカの白子、タコサラダ、アンチョビ・マリネ)、野菜のAP(Fagioli, cipolla e tonno、polenta bianca×2、peperoni、zucchini)茹でシャコ、Spaghetti alla busara(ピリ辛スカンピ)、Schie con polenta、Frittura mista

2009年9月5日(土)
昼、Enoteca San Marco@Venezia
Insalata di burrata e pomodoro、Seppiolini al forno con lardo e polenta

夜、Bancogiro@Venezia
スプリッツ飲みつつバッカラのクロスティーニ。この夜はペスケリア市場周辺でなにやらフェスタがあり、ものすごい人で。さらにウェディング・パーティもあり、Do Moriも閉まってたのでバーカロ巡りをあきらめ、オーナーが変わったと聞いてたDo Spadeへ。前オーナーの晩年は何やら場末感漂う店だったが、スタッフ一転、若々しくなってにぎわいも取り戻してた。Prosciuto cotto e ruccola、焼きgamberi&scampi、タコ煮、焼きseppiolino、fondo carciofo、caponata、bistecca di roastbeef e patate、insalata di pomodoro e ruccola。値段も良心的、サービスも気持ちいい。いい店。

2009年9月6日(日)
夜、Hotel Le Meridien@Torino
リンゴットにあるホテル内のレストランでMinestrone di verdure、Spigola al forno

2009年9月7日(月)
昼、Caffe Mulassano@Torino
●年ぶりの老舗カフェで名物のミニサンドイッチ盛り合わせ&オリジナル・アイス・レモン・ティー

夜、Sotto la Mole@Torino
Antipasto piemontese(insalata russa、gelatina di pomodoro、insalata di coniglio、carne cruda e rafano)、Agnolotti、Sorbet di limone e zafferano、La Monella。麻布十番ラ・コメータ出身、現在ピエモンテで修業中のG氏とばったり会う。

2009年9月8日(火)
昼、Caffe Baratti@Torino
ランチ・ブッフェはValeriana、mozzarella、zucchini、tonno、acciughe、pomodorini etc…

夜、Sfashon cafe@Torino
Cozze inpepate、Tagliata di manzo e ruccola

2009年9月9日(水)
昼、かつて3日連続で通ったこともある懐かしのDa Mauroへ。Spaghetti amatricianaはフレッシュトマトとパンチェッタならぬペーコンとタマネギでさらりとしあげたまかない風家庭の味。Insalata di pomodoro e ruccola、Fritto misto、Pesca al forno。

夜、EATALY@Lingottoのイートイン・コーナーでOstriche、Insalata mista、Tonno,strione e salmone crudi、Scampi e gamberi alla griglia、Zuppa di cozze。場所を地下のワインバーに移し閉店間際のMoscato d’AstiとBiscotti di Casal Monferrato。

2009年9月10日(木)
昼、10 Corso Como@Milano
ミラノまで遠征するも食事時を外し、ディエチ・コルソ・コモのカフェで食べた焼き野菜ミストは焼いたペペローニ、ズッキーニ、ナスがそれぞれ3切れずつ乗ってるだけでコンディメントもセルフ。これで14ユーロ?はいかがなものか。

夜、トリノ取材の打ち上げは正統Del Cambio@Torino
サービスのベッリーニではじめてアミューズにパタ・ネグラの肩肉生ハムとグリッシーニ、前菜は鵞鳥レバーのテリーヌ、インサラータ、アンズのコンポート。Agnolotti al sugo arrosto、36時間煮込んだというStinco di vitello、デザートはボネ。マネージャーのSacco史からデル・カンビオ創業250周年を記念して2007年に作られた写真集もらい、現在前菜を担当しているという日本人料理人を紹介してもらう。Langhe Rosso Bric du Luv 2004(Ca’ Viola)とBertaのグラッパ。迎賓館のような空間で過ごす素晴らしい3時間。

ちなみにこの10日あまりのランキングはといいますと1位Del Cambio@Torino、2位Enoteca San Marco@Venezia、3位Do Spade@Venezia。以下Da Mauro、Sotto La Mole etc…  MASA

匡克 池田
About 匡克 池田 (1161 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa

4 Comments on 北イタリア週刊食卓日記

  1. なぜだか6月になってます。
    先日はお会いしたのはちょっとでも、なるほどと思うテクをありがとうございました。
    まさに目から鱗とはこのことかと思いましたよ。

  2. あら、ホントですね。ご指摘どうもありがとうございます。コピペって間違いにきづかないから恐ろしいです。
    こちらこそ先日は楽しいセッションでございました。昨日一昨日とビデオ編集してDVD化しましたが、V宮殿前の写真はやっぱり奇麗でした。光が良かったですね。MASA

  3. 初めまして・・・池田さんのブログも本をかなり参考にさせていただいています。フィレンツェの”P"の時代からペルセウスを発見して食べに行きました。かなりのレストランを参考に行きました。お気に入りもかなり増えています。
    普段はROMっていたのですが、私は9月1日にヴェネツィア、9月9日に10コルソコモに行っていたので、かすっていたなと思いコメント書いてみました。
    また、時々読ませていただきます。

  4. Kaossu様
    確かにかなりかすってましたね。いつかどこかでご一緒できる日が来ることを楽しみにしております。時々ではなく、頻繁にのぞきにきてくださいませ。MASA

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: