dolci passaporto@Venezia

L1050844
L1050847
L1050876
L1050871
L1050853イタリア菓子を求める旅、開始。手始めのヴェネツィア。ハイシーズンにつき人多く、移動も大変。水の上なら我が物顔のゴンドリエレも、細道に溢れかえるツーリストを避けて、裏道をゴー!駆け抜ける音が耳にけたたましい。

流れに浮かぶうたかたは...と悠長に吟じる余裕はなく、ただ、淀んだ運河の水に、「あぁ、ここにゴンドラの舳先が入ってくれば写真的に完璧なのに...」ととりあえず撮る。

イタリアはトビラや郵便受けに、アホかいなと思うような拍子抜け系の仕掛けがしてあることがあって、旅に荒んだ心を和ませてくれる。頭で支えきれない郵便物の場合、彼はどうするのでしょうか。

菓子の旅なのに、菓子撮ってないんか、と思われないように一枚。薄焼きビスケットのバイーコリ、本来はザバイオーネに浸して食べる。さて、この旅でザバイオーネに出会えるかどうか...。

人面を見つけると思わず撮ってしまうことってありますよね。理屈じゃないですよね。このようなもの、ヴェネツィアは多いです。撮ってるとキリがないです。mnm

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1153 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。 2003年度「シチリア美食の王国へ」がイタリア文化向上に貢献した出版物に送られるマルコ・ポーロ賞(イタリア文化会館主宰) 最終候補作品にノミネート 2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属 2011年株式会社オフィス・ロトンダ設立。現在代表取締役 2014年日本初のイタリアの旅と料理をテーマにしたWEBマガジンSAPORITA設立。国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる

2 Comments

  1. おじゃまします^-^*
    イタリア菓子を求める旅・・開始♪・・読み手としては
    期待しています!!
    ヴェネチア~私も何度か足を運びました。
    まるでマルコポーロの時代にタイムスリップしたかのよう・・現実の街とは思えず、、それはもう、衝撃的でした。  
    トビラや郵便受け・・笑・・
    話それまずが、池田さんはイタリアから日本へ郵便は利用しますか、、先月9月24日にボローニャで語学留学している「まだ2ヶ月」友人が書留郵便で、本を送ってもらっているのですが・・いまだに未着です。「汗」
     12日経過・・かなり不安・・どこいった?って感じです~トホホ。クリスマスカードが翌年の真夏にひょっこり届いた、なぁ~んて話も、さすがイタリアですね!G8のメンバーなのに、無政府な感じがします。「余談でした」
     
     池田さんに素晴らしい幸運が巡ってきますように★
      ではまた。

  2. Alitalia様
    コメントありがとうございます。
    菓子巡りはこれから順次レポートしてまいりますのでよろしくお願いいたします。
    イタリアから日本への郵便は比較的きちんと着きますが、日本からイタリアへの郵便は「届いたらラッキー」くらいに思っておいたほうがいいでしょう。イタリアに入国するまではちゃんとしているんですが、イタリアに入った途端、足踏みや道草食っちゃうんですね。そのまま迷子,,,ということもありますが、そうならないことをお祈りしています。

コメントを残す