SAPORITA NEWS

トリノ・ドルチェ紀行

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

Torino091013_033Dolceもとめて南船北馬、イタリア・ドルチェ紀行第二章は秋風吹き始めたトリノに突入。ヴィットリオ・エマヌエーレ2世、カヴール、ガリバルディといったイタリア統一歴史物好きにはぞくぞくするようなキーワードが次々に飛び出してくるトリノ・ドルチェ。2006年トリノ冬季五輪直前にはいろいろな雑誌にそのような話を書いたものですが、そんなブームも一段落。ようやく今現在うわついた表面的なトリノでなく、落ち着いた、本質的なトリノとカフェ、菓子屋事情が見えるような気がいたします。

身売りした老舗、家族経営を守る頑固な老舗。一口に」老舗」とは言っても形態はさまざま。しかしいくら技術では本家イタリアを凌駕しつつある日本のイタリア料理、菓子業界でも唯一模写できないのが時間の堆積が織りなす「伝統」という無形の力だと信じてやまない老舗好きとしては、ビチェリン、バラッティ、ペイラーノ、ムラッサーノ、カンビオ、カフェ・トリノ、プラッティ、ラヴァッツァ、こうした店の片隅で過ごすひとときは、その時間密度が数倍、数十倍にも凝縮する至福の時間であります。写真はバラッティ&ミラノのディスプレイ。現在は日本人女性も働いております。MASA

匡克 池田
About 匡克 池田 (1161 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa

4 Comments on トリノ・ドルチェ紀行

  1. 上田祥子 // 2009年10月19日 at 8:39 AM //

    初めまして!いつも池田さんの著書を、楽しく拝見しております!!本当に、食文化や歴史に精通されているので、読みごたえがあり、写真が美しく、イタリアを一緒に旅をしている感覚になり、とても幸せな気分になります。池田さんの大ファンなので、その気持ちをどうしても伝えたいと思って
    いたので、すごく嬉しいです♪イタリアの市場の本と、鉄道の旅の本は特に大好き!老舗料理店の本の南イタリア版を是非、読んでみたいです。トリノといえば、10年前にジダンがいたJUVENTUSの試合を見に行って、えらく寒かったという印象しかなく、素敵なbarがいっぱいあるのに、行けなかったです。大阪の百貨店で、バラッティのチョコを売ってました!バラッティ、憧れます!!数年前には、池田さんの本を見て、フィレンツェのサンタンブロージョ市場の、ダ・ロッコへ行き、気さくで庶民的で、とてもあったかーい気持ちになった事を懐かしく思います!!本当に池田さん、大好きです!!

  2. 上田祥子様
    ご丁寧なコメントどうもありがとうございます。
    私たちが本を作る時いつも考えているキーワードは「アームチェアー・トラヴェラー」、でしてこれは様々な事情があって今は旅に出れない人でも、ページを開けば旅をしている感覚になれるような本作りをせよ、という編集の巨人石川次郎さんの言葉でありました。
    その言葉を胸に、日々こつこつと賽の河原に小石を積むように、いや、これはたとえが悪いな。自らの羽を抜いてたんたんとんとはたを織る駝鳥のように、白紙に拙い文章と写真をちりばめて書物としているつもりですが、そういう旅の感覚を共有していただけたとしたら、作った者としてこれほど嬉しいことはありません。それもこれもダ・ロッコはじめ、登場するイタリア人の温かいキャラのおかげであると信じてやみません。
    「南イタリアの老舗」はまだ手つかずですが、それより先に「サルデーニャ」「ドルチェ」「パスタ」こうしたキーワードの本を作りますので、いつの日かご高覧いただけましたら幸甚に存じます。私も後でバラッティのチョコ食べます。MASA

  3. 上田祥子 // 2009年10月19日 at 5:12 PM //

    池田さん、ありがとうございます♪めちゃくちゃ嬉しいです〜!!私にとってイタリアとは、初めて自分自身が、心からやりたい事に出会えた地でありました。イタリア語の勉強だったり、家庭料理を習ったり、カルチョを観たり、暮らしてみる事も…。この10年、イタリアを知りたいという情熱があったから、やってみたい事は、全てチャレンジしました!イタリアの中で一番好きな街は、決めるのは難しいですが、ローマの夜景が一番好きです!!ローマの遊学に行った時、到着した日に見たコロッセオの夜景は、あまりに美しくて、忘れられません。
    新しい本のテーマ、ドルチェ、パスタ、ものすごく興味深いです。私は今、フランスのお菓子にハマってます!2月にフランスに行き、やっぱりお菓子はフランスが華やかで、センスよくて、おいしいよなぁ…と。イタリアのドルチェは、見た目が…ちょっと…。イタリアドルチェから、ちょっと離れつつある私の心を、池田さんの本で、引き戻してもらえるかも…と、期待しているのですが…!

  4. 上田祥子様
    私の中のコロッセオは会社サボって出かけた90年イタリアW杯の時のままです。大通り沿いのホコリっぽいレストランのテラスで生ハム&メロン食べフラスカーティかなんか飲んだりした時に見たコロッセオは、それはそれは美しい夕焼けに包まれておりました。以来コロッセオ脇を通る度、今もその時のことを思い出します。
    イタリア菓子はフランス菓子には恐らく勝負にならないくらい見た目も恐らく味も?悪いのかもしれませんが、例えダサくてもシブイ料理を出してくれるトラットリアを志向する方ならば、素朴、なイタリア菓子の魅力に賛同していただけるのではないかと思っております。
    私が老舗志向なのは料理がウマイマズいというのには実はさほど興味がなくて、もちろん美味しい方がいいんですけど、それよりも店内に降り積もる無限の時間や、不変の哲学といったものに興味があるからであります。菓子も同様、イタリア菓子を知ることは統一以後トリノに始まるイタリア近代史を考えることではないか、なんて思ったりしている昨今であります。MASA

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: