SAPORITA NEWS

週間サルデーニャ食卓日記

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

Sardegna091026_137

2009年10月26日(月)
Agriturismo Testone@Nuoro
ディープ・サルデーニャのディープなディープなアグリでリクエストしていたフィリンデウ見物の後、サルデーニャ人3人と日本人3人で対決ランチ。サ・メルカというフレッシュ・チーズ2種、自家製サラミ、パンチェッタ、プロシュート、パーネ・フラッタウ、リコッタ、グアンチャーレ・ディ・マイアーレ、パスタはどかんとトマトソースとリコッタこってりの手打ちパスタ「アリザンサス」、さらにセコンドは大鍋一杯の子羊の煮込みで太鼓腹トニーノとサシで勝負。ふう。

Agriturismo Testone@Nuoro
しばし水入り後、テストーネのお食べ地獄第二部再開。昼の残りのサ・メルカ2種(!!)さらに昼の残りのリコッタとグアンチャーレ(!!!)結局昼に残しても夜に出てくるのは家庭の食卓と一緒なのです。そしてトマトにサ・マルカをたっぷりとかけたインサラータ。そして本日のリクエスト、フィリンデウは子羊のブロードで。これにもとろけるチーズサ・マルカが一杯。ここで相方一人ダウンし、途中退場。残るは私と主人のセバスティアーノ、そして料理研究家A先生の3人。フィリンデウをクリアして終わりかと思いきや「セコンド食べる?」と来た。子牛のレバー、肺、横隔膜を煮たコルドゥーラとブロードを作った子牛のレッソ。さらにピンツィモーニオがどかん。こうなりゃどうとでもなれ、とエンジンに火を入れて完食、とまではいかなくとも全種類制覇。するとまたしてもセバスティアーノが「はい、ドルチェとフルーツです」とまたしても奥から何やら持って来た。しかしこの男、背は私より低いし体重も軽く20キロは少ないのに、これだけの食物がどこに吸収されるというのだ?グラッパを消化薬代わりに一杯、二杯。この男の剛胆ぶりとテストーネのディープぶりは間もなく発売(予定?)の「サルデーニャ本」でお楽しみいただける予定です。

2009年10月27日(火)
Al Tuguri@Alghero
約10年ぶりのアル・トゥグーリだが相方は全く記憶にないという。そういう私も料理の記憶は希薄。前菜盛りはインサラータ・デル・マーレ、薫製ウナギ・パイ、ヒメジの甘口マリネ、ツナ・マヨなど。パスタはこちらの名物でジッリに似たパルドゥーラスをバラクーダのスモークで。皆様の評判は今ひとつでした。

Sardegna091028_161

2009年10月28日(水)
Mare d’Inverno@Cabras
Crea Travellerの「パスタ紀行」にも書きましたチルコロ「マーレ・ディ・インヴェルノ」再訪。ツナとファジョーリ、ピリ辛タマネギ、メスのミニワタリガニ、タコサラダ、ペペローニ、ブリッダなどなどの前菜。次いでパスタは魚(なんでしょう?)のラグー・スパゲッティ。ここで隣のテーブルでクレア・トラヴェラーを見てる(読んではいない)地元サルド発見。セコンドは巨大な茹でたボラ(!!!!)、フリット・ミスト、さらに「これは店からのサービスです」と持って来てくれたのは舌平目のムニエル、パルミジャーノがけ×3。ご好意も時には困る場合がある。しかし茹でボラのすさまじい迫力。
Sardegna091028_137

Mistral2@Oristano
ここ数年オリスターノの定宿となってるミストラル・ドゥエのレストランでさくっと夕食。するとどうも見た顔が、先方もこちらにきづき「こんばんわ」ときた。そういえばこのカメリエーレ(ルイジ?)日本語少々たしなむのでした。インサラータ、プロシュート・エ・メローネ(ウリのような瑞々しいメロン)、フライドポテト、野菜グリルなどのあっさりつまみでカンノナウ。しめにContiniのヴェルナッチャ・ディ・オリスターノ。

2009年10月29日(木)
Su Cumbidu@Cagliari
カリアリに来たなら一度は行くカジュアル居酒屋ス・クンビドゥへ。例に寄ってサルデーニャ風まな板に乗った前菜はズッキーニ、ペペローニなどの温野菜、ペコリーノ・サルド、プロシュート、パンチェッタ、リコッタさらにカタツムリ、グアンチャーレ&タマネギ。メインはこんがり焼けたポルチェッドゥこと子豚の丸焼きとピンツィモーニオ。昼からエクストラヴァガンツァ。

2009年10月30日(金)
Zenit@Cagliari
カリアリ湾の外れにある一軒家レストラン。前菜はメスのミニワタリガニ、ウナギのパルミジャーノ焼き(!!)、カタツムリ、茹でムール貝、ムール貝のサラダ、タコサラダ。プリモにボッタルガのスパゲッティ(バター入り)とアサリのフレーグラ。さらにフリットミスト。サルデーニャ全般にいえること。魚介類が新鮮なのはいいけれど、胡椒、唐辛子、ニンニク大好きの人間としてはサルドスの性格のように控えめな味付けには時として少々物足りないことも。というような模様は近日発売(予定?)のサルデーニャ本にも書かれているはずです。MASA
Sardegna091030_291

匡克 池田
About 匡克 池田 (1167 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa

3 Comments on 週間サルデーニャ食卓日記

  1. いつにも増してブラックホールのような食べっぷりですね。読んでいて生唾でてきます。
    近日発売の「サルデニーニャ本」楽しみにしています。
    追伸:私事ながらPCを買い換えRotondaが快適にブラウズできるようになりました(^^)

  2. えみ様
    いつもいつもコメント毎度ありがとうございます。サルデーニャの山奥の痩せ型農夫セバスティアーノこそテーブル上の全てを咀嚼し、まとめて飲み込んでしまうような強靭な胃袋を持つ男でした。一度大食い選手権世界大会に送り込んでみたいものです。それと最近ぽつぽつと、ですが動画をUPしてますので、新しいPCでさくさくお楽しみいただけるかと思います。音が出ますのでボリュームは控えめにどうぞ。MASA

  3. 点心パスタ好き // 2017年5月3日 at 8:32 AM //

    こんにちは。初めてコメント致します。
    サルデー二ァのフィリンデウについて、食べてみたい、作り方を習得したい、という夢があります。珍しい物なので、日本(東京近辺)のどこかで食べられないか・買えないかと思っているのですが、ご存じでしたら、大変お手数ですが、取扱い店・レストランを、メールで、お教えくださいませんか。あるいは、ネット販売等で、直接現地から買えないでしょうか。作り方の習得は、まずイタリア語を勉強してからかなと思いました(英語は通じなさそうと思っております。それに、珍しい技なので、紹介者でもない限り、気軽には教えてくれないかもしれないですね。)

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: