SAPORITA NEWS

日本にはワインの前にやることが...?

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

Lecce20100623_84_2
去る9日、日本では「ワイン産業振興議員連盟」なるものが発足したそうですね。それ自体は大変良いことだと思います。思いますが、日本はワインを売り込む前に自前の素晴らしい日本酒というものがあるのではないか、と思うのです。

イタリアではミラノから徐々に南下して和食店の数は順調に増えています。この不況ですから、純粋な日本人による(高価な)日本食の店というわけではなく、機を見るに敏な中国の人々による廉価な店が中心ですが、なんにせよ、和食というのものに触れる機会が増えていることは否めません。しかし、そこでメニューに載っている日本酒は、供される料理のそれこそ足下にも及ばないものばかり。我々が日本で普通に親しんでいる日本酒は、こっちではお目にかかれない、幻の酒なのです。

日本酒をイタリアに輸入するには、がっちり関税がかかります。自国の産物を守るための保護政策による多額の関税は当たり前のことですが、そこは交渉次第、互いの利益保護が確立できれば譲歩の余地はないわけではないのです。日本酒業界が本気で世界に打って出たいと思うなら、越えられない壁ではないのです。

一度日本酒の味を覚えたイタリア人は夢見心地で「あれは美味しかった。イタリアでも普通に飲めるといいのに(若干の出費は覚悟の上。あくまでも若干...)」とつぶやきます。当地の和食店でなんちゃって日本酒を燗酒にして飲んでいる姿を見るにつけ、密かに拳を握りしめてしまいます。それ、違うから...と。民主党の皆さん、大連立になってもいいですから、日本酒もきっちり売り込んでくださいね。mnm

About Manami Ikeda (325 Articles)
大学卒業後、出版社に就職。女性誌編集に携わった後、98年に渡伊。以来ずっとフィレンツェ在住。取材とあらばどこにでも行きますが、できれば食と職人仕事に絞りたいというのが本音。趣味は猫と工場見学。

2 Comments on 日本にはワインの前にやることが...?

  1. manamiさま
    こんにちは。manamiさまには初めてコメントいたします。日本酒の件、激しく同感したので。日本酒のみならず和食もイタリアではまだまだ本物の味にはほど遠い。私もイタリアへ行くたび、友人たちに和食を作って非力ながら啓蒙に務めています。鮨はもちろんですが、しめ鯖、昆布ジメ、ふつうのみそ汁や肉じゃが、胡麻和え、和風サラダなどのお惣菜が非常にウケます。怪しい日本食レストランの味、あるいは書店に出回っているこれも怪しい日本人シェフのレシピ本、で日本の味と思わないで欲しい、まさに「それ、違うから」と思うのですが、自分に出来ることはわずかであり、その道まだ遠しです。

  2. TENCOS様
    いつもありがとうございます。
    私たちが個々人で努力することはとても大切なのですが、いかんせん、非力ですよね。しかし、何もお上先導でなくても、中国のかたがたのような、民間レベルの凄まじいパワーのそれこそ百分の一でも持ち得れば、十分現状打破につながるのに...とも思いますが、それってやっぱりニッポン人には無理っぽいし。ともかく、旗振り役がほしいところですよね。

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: