Ai Osti@VENEZIA

地元の男衆御用達オステリア

ヴェネツィアの場合、居酒屋=オステリア=バーカロ、 はほとんど同じ意味で使われることが多いが、まさにきどったところのない「アイ・オスティ」に形容詞をさらにつけるなら「大衆的」であろう。近くにはフィアスケッテリア・トスカーナはじめリストランテ、トラットリア、オステリア密集地であり、一歩裏通りにあるこのオステリアはさほど旅行者が入って来るわけではない。いわば地元客御用達のオステリアである。入ってすぐ右にはオンブラ用の立ち飲みカウンターがあり、定番のバッカラのクロスティーニはじめ厳選されたチケーティがショーケースに並ぶが種類はさほど多くない。

大衆酒場に揚げ物が多いのは日本もヴェネツィアもおなじこと。ここの定番はカラマリ、エビ、パランツァなどがはいったフリット・ミストで、これをカラフに注がれた淡白なテーブルワインを飲みながらやる。見回せば店内に女性は皆無で制服姿のゴンドリエレも昼食時で席についている。ゴンドリエレが来るからといって安くて美味しい、とはかならずしも限らないが少なくとも仕事中に立ち寄りやすい店であることには違いない。閉めにはズィビッボとブラーノのビスコッティ、さらにガラスのコップに入れて出すカフェ「モカ」。一般家庭の大頃の延長線上にあるようなきどらない店。

Sestiere Cannaregio 3849 VENEZIA

Tel0415207993   日休 9:30〜20:00

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1153 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。 2003年度「シチリア美食の王国へ」がイタリア文化向上に貢献した出版物に送られるマルコ・ポーロ賞(イタリア文化会館主宰) 最終候補作品にノミネート 2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属 2011年株式会社オフィス・ロトンダ設立。現在代表取締役 2014年日本初のイタリアの旅と料理をテーマにしたWEBマガジンSAPORITA設立。国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる

Be the first to comment

コメントを残す