SAPORITA NEWS

Di Matteo@Napoli

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超
ピッツァ・マルゲリータ

ナポリ下町の極地にしてピッツェリア超激戦区、スパッカ・ナポリのトリブナーリ通りに 「ディ・マッテオ」はある。スパッカ・ナポリの多くのピッツェリア同様「ディ・マッテオ」もいわゆるスップリやアランチーノ、さらには揚げピッツァ「ピッツァ・フリッタ」などを売る揚物屋フリッジトリアとして1938年に営業を開始した。創業者である祖父サルヴァトーレ、そして父ヌンツィオの代からすでに人気店であったが、1974年生まれの孫サルヴァトーレ・ディ・マッテオは現在のナポリでを代表する実力派ピッツァイウオーロである。

ナポリのピッツァ・ファミリーのご他聞に漏れずディ・マッテオ家は当然のごとく一家全員ピッツァイウオーロで、孫サルヴァトーレの母ジュゼッピーナは彼を産む直前まで「ディ・マッテオ」で働いていたという逸話が残されている。

ナポリの英雄マラドーナが「神の手」の持ち主ならば、サルヴァトーレは「粉まみれの手」で生まれてきたと自らについて語る。現在のように日曜の昼時ともなれば店の前に文字通り黒山の人だかりができるようになったブレイクのきっかけは、あの1994年のナポリ・サミットの最中。当時の村山富市首相は慣れないオリーブオイルで体調を崩したが、当時の米国大統領ビル・クリントンは「ディ・マッテオ」を訪れ、ピッツァを四つ折りの「ポルタフォッリオ」にして立ち食いするという派手なパフォーマンスを見せ、ナポリ中から熱狂的な歓迎を受けたのである。

孫サルヴァトーレは、競技部門で目覚ましい活躍を残し、2011年9月に行われた「ピッツァ・ワールドカップ」のマルゲリータDOC部門で必殺ピッツァ「リピエノDOC」で優勝。2012年には第15代「 Pizzaiuolo dell’anno=年間最優秀ピッツァイウオーロ」にも選ばれた。

店の入り口にはピッツァ・フリッタなどテイクアウト・ピッツァを売るスタンドがあり、テーブル席は左手にある。とりあえず頼むのはマルゲリータ、そしてブロッコリに似たナポリ野菜フリアリエッリ&サリシッチャ。トマト抜き、いわゆるビアンカなピッツァはいかに飽きさせずに一枚完食させる仕上がりになるか、が腕の見せ所でもある。前者マルゲリータが大人も子供も大好きな郷愁のトマト味ならば、後者は苦みばしった大人の味。父ヌンツィオは最大6時間発酵で、最近流行の48時間発酵とは異なる哲学を持つがそれでも非常に軽く、腹こなれのいいピッツァであることに間違いは無い。

http://www.pizzeriadimatteo.com

ちなみにDi Matteoでピッツァ修行されたロイさんのブログ「もし日本のヤクザが本場ナポリでピッツァの修行をしちゃったら。。。」はこちら。

http://ameblo.jp/roimaru61/entrylist.html

 

匡克 池田
About 匡克 池田 (1167 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa

Leave a comment

Your email address will not be published.




CAPTCHA


error: