SAPORITA NEWS

イタリアの絶景4 マラテアのキリスト像

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

イタリア半島の地図を見ると分かるが、南イタリアバジリカータ州はほんのわずか10kmあまりの海岸線がティレニア海に面している。ある冬のこと、料理人チームと4人で車に乗り込み、ローマを発って一路陸路でシチリアへ行こうと旅をしたことがある。途中の宿は気分任せ、成り行き任せ。ローマを出てナポリを過ぎ、延々とアウトストラーダを南へ向かっているとやがて陽が沈み、バジリカータ州にさしかかる頃標高もかなり高くなって雪が降り始めた。まだカーナビもない時代これはさすがにまずい、と運転しながらミシュランめくってホテルを探し、マラテアという町に部屋があるというので向かったところが右も左も分からない真っ暗な宿。

しかし翌朝目が覚めるとどうだ。眠い目をこすりつつテラスから外を眺めるとホテルは海に面しており、マラテアの湾は真っ赤な朝焼けに包まれていた。しかも左手の丘の上にはリオデジャイネロを彷彿とさせるキリスト像の姿が。後で知ったことだがこれはサン・ビアジオ山にある高さ21mのキリスト像。神秘的な風景の中で向き合ったキリスト像は「汝、南へ向かえ」と一行に告げていた。

 

匡克 池田
About 匡克 池田 (1167 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa
error: