SAPORITA NEWS

Asti へ おいでやす

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

イタリアでは長いヴァカンツァが終わり、ショーウィンドーもめっきり秋の装いへと移り変わり、日常生活へ戻った…と思いきや、ピエモンテ州の秋はとびっきり熱い!

スプマンテで有名なASTI恒例のSagre Astigiane & Douja Dor ! そして10月にはトリュフ祭りにスローフード協会主催のサローネデルグスト(2年に一度)& Bra Chees(2年に一度)とノンストップの食祭オンパレード。そして忘れてならない、ぶどうの収穫時期とくれば言わずとも町中は活気に溢れ、普段は控えめなピエモンテ人だって連夜お祭り騒ぎとなる。そこで今回は、ASTIが誇るオープンエアーで開催される御食事処(屋台)数がイタリアいち!のFestival delle Sagre Astigiane についてご紹介します。

普段はアスティジャーニの台所としてメルカートが開かれるPiazza Campo del Palio (パリオ広場) にて年に一度開催されるそれはまさに夢の“アスティ伝統料理の饗宴”なのだ。アスティ県の45市町村+今年はフリウリ州(ウーディネ県)とリグーリア州(ジェノヴァ県)からの県外のお客さまを2組迎え47屋台となり、なんと88皿の各パエーゼ直伝!郷土料理が味わえる。

ANTIPASTI:Acciughe con bagnetto,Friciulin(3パエーゼ),Vitello tonnato,Belecauda,Soma d’aj…

PRIMI:Agnolotti(3パエーゼ),Tajarin al sugo di coniglio,Gnocchi di polenta,Risotto con tartufo…

SECONDI:Gran fritto misto(2パエーゼ),Frittura di lumache,Bollito misto,Salsiccia alla Barbera d’Asti…

DOLCI:Bunèt(3パエーゼ),Torta di nocciole,Pesche al Moscato d’Asti,al ruchè o ripiene… とこれらはほんの一部。素材も地産地消にこだわったドストライクの伝統的なアスティ料理。価格も1、5ユーロのドルチェの数々から7ユーロのセコンドまでと全てが良心価格。地元料理を愛し存続させたい一心で続けるアスティ県の試みは熱く今年で41回目となる。

2日間に渡るこのイベントは、子供から若者、ファミリー、白髪の紳士淑女が食を通じて交流し、地元の守るべき伝統料理について語りあっている姿を感受する度、この国の食文化の素晴らしさを目の当たりにする。

 

 

 

 

Yuca
About Yuca (18 Articles)
FOOD STYLIST 大阪出身。アスティ在住。 フードスタイリストの学校を出てすぐ製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして働く。その後、企業と個人契約。飲食店、イベントのプロデュース。リストランテ、菓子店へのドルチェの卸し、販売、レシピ提供。専門学校でのフードデザイン講師経験あり。現在は、イタリア現地の料理専門学校で非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとして、スローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)
error: