SAPORITA NEWS

Cafe Mulassano@TORINO

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

トリノの老舗カフェ、というと真っ先に名前が浮かぶ店がいくつかある。「カフェ・トリノ」「カフェ・サン・カルロ」「カフェ・ビチェリン」「バラッティ・エ・ミラノ」「プラッティ」そしてこの「カフェ・ムラッサーノ」。上記6件の老舗カフェの中でも最も規模は小さく間口はわずか2間あるかどうか。とはいえ流れる空気は圧倒的に濃密で無限の時間の堆積が手に取るように感じられる。かつて「イタリアの老舗料理店」という本を書いたとき、イタリア中のLocali Storici d’Italia加盟店を回ったことがあり、トリノではDel Cambioに2晩通った。そのとき取材はしなかったが、以後トリノを訪れる度、時間があれば足を運ぶのがこの「カフェ・ムラッサーノ」である。

このカフェは1800年代半ばにミント・シロップの製造業で知られていた「ディステッレリア・サッコ」のオーナー、アミルカーレ・ムラッサーノが開き、トリノのサヴォイア家を中心にイタリア統一運動が盛んだった当時は、今も店に残るカーテンの奥でヴィットリオ・エマヌエレII世初代イタリア国王がカフェをしていたという逸話も残されている。その後オーナーは流れ流れて1930年代から70年代にかけてはかなり廃れていたという話だが、アントニオ・ケッサという男が買い取って以後は丁寧な修復を繰り返し、再び昔のような雰囲気を取り戻した。

以前取材した時は、カウンターの中央にある蛇口は営業当初のように地下水を直接くみ上げていて、小さなグラスで飲ませてくれたものだが、先日はミネラル・ウォーターになっていた。ビチェリン、マロッキーノ、カフェ・ムラッサーノなどのカフェと一口大のトラメッツィーノが有名で、トリノの老舗の店では時折スノッブというか歴史を鼻にかけているような対応に遭遇することもあるが、「カフェ・ムラッサーノ」はいつきてもサービスがきちんとしているのが気持ちよい。滞在時間たとえ10分でもここでは立ち飲みでなく、老舗好きならば小さなテーブルに座って店内の装飾を眺めていればあっという間に時間は過ぎてゆく。

匡克 池田
About 匡克 池田 (1167 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa
error: