SAPORITA NEWS

シチリア美食の王国へ00はじめに(無料配信)

有料コンテンツのお申し込みはこちらから

なぜイタリアなのか。

これはイタリアに初めて旅した十数年前からのテーマである。イタリアを好きという人は多い。イタリアブームは終わらないとまでいわれているが、どうしてこんなに惹かれるのだろう。人によっていろんな理由があるだろうが、私達にとっては「イタリア=食の地」である。それも飾り立てること無く、ストレートに本能に訴えかけて来る力強い食。日本の料理は盛りつけの冴えにこちらの居ずまいを正す力があり、イタリアの料理は匂いに能の中に眠っていた部分を揺り起こす力があると思う。どう、美味しいでしょう。旨くないはずが無い。そんな声が皿上の料理から聞こえて来て脳は覚醒する。

そして、なぜシチリアなのか。

初めて訪れたのは夏だった。太陽はぎらぎら、水ばかりが欲しくなり、食欲は落ちる。それでも”食べてみたい”気持ちに突き動かされ、ぐったりしてテーブルにつく。すると漂って来る匂いが脳から鼻へ、そして胃袋へと確実に刺激を送り込み、水腹だったはずが、急にからっぽになったような気持ちになる。後は本能にまかせて食べるだけ。

こんな食べ方をしたのはシチリアが初めてだった。そこからシチリアにのめりこむのは簡単である。シチリア料理の本を探し、シチリア料理を食べさせてくれるレストランを探し、イタリアにすんでからもシチリアに出掛けていった。夢中になっているときは、なぜシチリアなのか、とは考えない。どんどんどんどん突き進む。食べて飲んで、身体にしみ込ませ、溜め込んでいく。

歴史が、人が、現在あるシチリアを作り上げた。それは分かる。しかしそんなことで納得したくない。ひたすら体験することで、食べることで、この島を自分の中に取り込んでしまいたい。これが私達のシチリアに対する欲求である。野望と言い換えてもいい。

もっと深く、もっと新鮮なシチリアを。この本は、私達のこの原始的な欲求を満たすための一つの手がかりとして書く。書くことによって追体験し、新しい発見の手がかりにしたいと思っている。そして、読んでくれる人が、その人なりのシチリアを見つけるのになんらかの手助けになればとても嬉しい。

私達はいつもシチリアを来るまで旅することにしている。車でなければ行けないところが多いし、列車やバスなど公共機関が十分に行き渡っていないこの島で、自分達のペースで旅を組み立てるには車が一番いい。だから、この本は車で出掛けることを前提とした旅の一スタイルの提案だと思ってほしい。

自分にとってのシチリアを追求する同行の士に読んでもらいたいと思っている。

2003年3月 池田愛美

 

電子書籍版はじめに

2003年8月に出版された「シチリア美食の王国へ」は電子書籍化するにあたり株式会社東京書籍より株式会社オフィス・ロトンダに権利を委譲された。この場を借りて厚く御礼申し上げたい。発売以来早十年の歳月が流れ、古くなったデータや閉店した店も出始めている。本電子書籍ではオリジナルを尊重して店データや値段などの記述は発売時そのままのデータを残してあるが、栄枯盛衰は世の常、人の常。やむなく休業、閉店したホテル、レストランなどもすでにあるため、訪問する際は事前に確認いただければ確実に旅は楽しくなる。石橋を何度もたたいてから渡るのはイタリア旅行の金科玉条なのである。紙版同様シチリアへと心を飛ばしながら最後までお読みいただければ著者としてはこの上ない幸せである。

2013年9月 池田匡克、池田愛美

続きを読むには?有料コンテンツのお申し込みはこちらから

About Manami Ikeda (313 Articles)
大学卒業後、出版社に就職。女性誌編集に携わった後、98年に渡伊。以来ずっとフィレンツェ在住。取材とあらばどこにでも行きますが、できれば食と職人仕事に絞りたいというのが本音。趣味は猫と工場見学。
error: