SAPORITA NEWS

フィレンツェ・トリッパ観察学会ツアー

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

クイント・クアルト、とは日本でいうホルモン=放るもん、とほ ぼ同じ意味合いを持つイタリア語です。すなわち、牛、豚など上下左右四つに割ったうちの5番目、つまり尻尾、内臓、頭、足、などのマイナー部位のこと。か つてローマのテスタッチョ市場では、市場で働く精肉職人が一日の労働の終わりに日当としてそうしたクイント・クアルトを受け取り、トラットリアで調理して もらって家に持って帰った、という文化があったそうですが、フィレンツェではそれよりも遥か昔から路上の食、ストリートフードとして食べられていたのでし た。中でも名高いのがトリッパ、ランプレドット。前者は牛の第二胃袋ハチノスであり、 後者は第四胃袋ギアラのこと。トリッパ職人トリッパイオ、もしくはランプレドット職人ランプレドッタイオの世界では第一胃袋ルミーネ=ミノ、第三胃袋であ るセンマイ=チェントペッレを加えるとさらに厳密に呼び名が分かれ、Ciapa, Croce, Larga, Panzone, Beretta, Cuffia, Nido d’ape, Centupezzi, Foiolo, Libretto, Millefogli, Centopelli, Caglio, Francese, Frezza,  Quaglietto, Ricciolottaと呼ぶこともあるそうです。

さて、このたびSAPORITAストリートフード研究会の分会、フィレンツェ・トリッパ 観察学会では希望者参加型のトリッパ研究ツアーを不定期開催することにいたします。市内某所で集合し、満足するまで屋台を巡り、見て、食べて、撮って、考 えて意見を交わすフィールドワークの会。ともに巡り、味わいたいと思われる方は下記フォームよりお問い合わせ下さい。

観察対象とするのは以下の名店トリッパイオ&ランプレドッタイオ、★の数はSAPORITAの評価です(順不同)

Trippaio & Lampredottaio@FIRENZE

Da Nerbone★★

Sergio Pollini★★

Leonardo Torrini★★

Mario Albergucci★★★

Marco Bolognese★★

Il Trippaio di San Frediano★

Il Trippaio Sant’Ambrogio★

Il Trippaio del Porcellino★★★

L’Antico Trippaio★

詳細

最小催行人数 2名様〜

所要時間 11:30〜14:00(予定)

参 加費 お一人様 50ユーロ 料理代は各自でご負担下さい。途中ギブアップあり。参加者にはSAPORITAオリジナル、トリッパ&ランプレドットの歴 史、レシピなどを網羅した特製トリッパイオ&ランプレドットMAPをさしあげますので、散会後も各自トリッパ研究に打ち込むことが出来ます。

企画・運営 株式会社オフィス・ロトンダ WEBマガジンSAPORITA

お問い合わせ、ご予約はこちらからお願いいたします。折り返し担当者よりお返事させていただきます。

お問い合わせ・お申し込み









SAPORITA
About SAPORITA (87 Articles)
WEBマガジン「サポリタ」からのオフィシャルなお知らせです。
error: