SAPORITA NEWS

MONCALVO発! トリュフ祭り

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

61 回目となる恒例の古き良き伝統を感じるトリュフ祭りがアスティ県はモンカルボ市にて開催された。というのも、INTERNATIONALと掲げた1か月間に及ぶ華麗なトリュフ祭りを開催するアルバとは対極のコマーシャル度ゼロ。その名もNAZIONALE Fiera del Tartufo ! 10月の日曜日2回のみ。地元の人で賑わうコンパクトにまとまった大げさなことは何もないが不足も何もないモンカルボのトリュフ祭り。トリュフはもちろん。ポルチーニ、チーズにサルーミ。にんにくやポロ葱まで地元の食材が見晴らしの良いモンカルボの広場に集結。プロローコ(地方観光局)主催の食事ができるスペースもありシンプルではあるがトリュフづくしの魅力的なメニューが並ぶ。“今では、白トリュフ黒トリュフなんて呼び方をしているけれども昔はトリュフと言えば白!フンギと言えばポルチーニ!と言うに及ばなかったものよ。”と熱く語ってくれるのは正にその時代を生きてきた生粋のピエモンテーゼのご婦人たち。そんな昔話を語ってもらえるのも知らない者同士が相席になる御食事処があってこそ。ほんの小さなスペースではあるがトリュフ採集犬がトリュフを探すシュミレーションもお披露目されたり、プレミアムを競うトリュフ大会も健在。今年は、グレーダイヤと呼ばれた形もよい600gのトリュフが優勝し2500ユーロ相当の値がつけられた。野外のトリュフ祭りが終了した翌週からはリストランテの出番だ!優雅にトリュフを味わいたい方々のために今年は11軒の地元リストランテがお祭り限定メニューでお待ちかね。トリュフオンパレード料理をお勧めのワインと共に提供してくれる。そこではもちろん相席ではなくゆったりと。そして絶妙のタイミングで運ばれてくる料理に舌鼓。同じ食材をメリハリある提供の仕方でも楽しませてくれるモンカルボのトリュフ祭り。それが毎年楽しみに待つ理由の一つなのかもしれない。

 

Yuca
About Yuca (16 Articles)
FOOD STYLIST 大阪出身。アスティ在住。 フードスタイリストの学校を出てすぐ製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして働く。その後、企業と個人契約。飲食店、イベントのプロデュース。リストランテ、菓子店へのドルチェの卸し、販売、レシピ提供。専門学校でのフードデザイン講師経験あり。現在は、イタリア現地の料理専門学校で非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとして、スローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)
error: