和牛ウィークin Italia Essenza@Milano

日伊国交樹立150周年記念のレストランウィーク参加店レポート第三弾は、ミラノのレストランEssenza。オランダ人父とイタリア人母を持つシェフ、エウジェニオ・ボエルは大の親日家。メニューのそこかしこに日本へのオマージュがちりばめられている。が、まだ日本には行ったことがないという。そのエウジェニオが考え出した和牛料理のタイトルはWood Chunk Wagyu。熱した石の上に厚からず薄からずカットした和牛をのせ、テーブルへ。別皿には炭がのっている、と思いきや、これはユカイモ。イカスミのブロードを染み込ませてある。イカスミのもたらす海の香り、ほんのり熱が入った和牛の甘み、そこに柚子のソースの爽やかさがプラスされた、エレガントなコンビネーションだ。

About Manami Ikeda 53 Articles
池田愛美 Manami IKEDA ジャーナリスト、コーディネーター 出版社に女性誌編集者として勤務後、1998年イタリアに渡る。旅と料理の分野でインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「ローマ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「伝説のトラットリア・ガルガのクチーナ・エスプレッサ」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「極旨パスタ」「最新版ウイーンの優雅なカフェ&お菓子」など多数。

Be the first to comment

コメントを残す