SAPORITA NEWS

イタリア中部地震に関するスローフード協会からの手紙

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

イタリア中部地震発生以来今日で3日目。死者278人(アマトリーチェ218人、アックーモリ11人、マルケ州49人)、SMSでの募金では3日で250万ユーロ(約2億8000万円)が集まりました。イタリアからの全ての携帯でSMS45500で自動的に2ユーロがProtezione Civileに寄付されます。日本からの義援金送付先は現在イタリア大使館が本国イタリア外務省として協議して早急に日本の銀行口座を開設予定。この遅れは通常イタリアの在外公館はイタリア系銀行口座を通じて活動を行っているためです。

また、昨夜RAI1の報道番組「Porta a Porta」で司会のブルーノ・ヴェスパが「この地震はイタリア経済にとっていいチャンスになる」と発言したことに大いに批判が集まり、降板を求める声が上がっています。また、番組に出演した官房長官グラツィアーノ・デルリオも「2009年に地震が起きたラクイラは現在ヨーロッパで最大の工事現場となってる」と発言。同様に批判が集まっています。

そして本日、スローフード協会のプレス、パオラ・ナノ女史から、今回の地震に関するカルロ・ペトリーニの声明が送られてきました。以下英語版を全文掲載しますが、一部翻訳すると以下の通り。スローフード協会も世界中がアマトリチャーナを通じて現地の食文化を思い出し、継続して募金活動にあたってくれることを希望する、と述べている。世界中、というのは日本を含むことはいうまでもありません。写真は2014年10月のSalone del Gusto、左はジェイミー・オリバー。

われわれは、アマトリーチェ料理のシンボルでもあるアマトリチャーナを通じて世界中が団結し、その根源でもある農業文化を尊重することを希望する。また、ここ数時間イタリアで自発的に生まれた運動に我々は賛同し、世界中のレストラン関係者に今年一杯同様の活動をしてくれるよう訴えたい。この運動が衰えること無く、今現在の感情を乗り越えて続くことを希望し、非常事態を乗り越え、今日から再建を始めよう。この悲劇を体験したものは、まず平穏を出来るだけ早く取り戻さなければいけない。そしてその義援金は継続的、かつ恒常的に集めなくてはならない。

カルロ・ペトリーニ Carlo Petrini

Carlo Petrini launches an appeal for the population of Amatrice,
a town in central Italy affected by the earthquake
 

The town gave its name to the salsa all’amatriciana, a famous pasta sauce.

Carlo Petrini, President of Slow Food and Terra Madre, launches an appeal to support the people affected by the earthquake and to keep them in our thoughts, from today and in the future.

“With a symbolic dish of the gastronomic history of Amatrice, we hope to spread the values of solidarity and sharing all over the world, typical of the farming culture it was born from.

Together with other voluntary initiatives springing up across Italy, we call out to restaurateurs all over the world to take action over the course of an entire year. In this way, we hope that attention will not wane, and will go beyond the emotional wave of the moment: we are overcoming the emergency and beginning reconstruction today. Those who have lived through this trauma should be able to return to a sense of normality as soon as possible, with an ongoing, steady stream of donations available to them.”

With A future for Amatrice (#unfuturoperamatrice), we ask restaurateurs from around the world to put the symbolic dish of this devastated town on their menus. They should keep it on the menu for at least a year, donating a small part of the proceeds to those affected in this tragedy. Furthermore, we ask customers to choose these dishes wherever they find them in restaurants. The funds will be paid directly to the town of Amatrice.

Slow Food’s international network will be involved in raising awareness and securing as much collaboration as possible.

For donations, the IBAN for the municipality of Amatrice is: IT 28 M 08327 73470 000000006000

Swift Code: ROMAITRR

Description: Un futuro per Amatrice

For restaurateurs who would like to join the appeal: unfuturoperamatrice@slowfood.it

The list of participating restaurateurs can be found on www.slowfood.it

Masakatsu Ikeda
About Masakatsu Ikeda (1148 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa
error: