SAPORITA NEWS

バローロ&バルバレスコ!ワインの王様と女王様が今年も勢ぞろい

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

厳しい冬を超え、やってきましたこの季節。ロエロDAYS とほぼ同時期に行われたイベントの報告です。

AIS (イタリア ソムリエ協会)PIEMONTE (ピエモンテ)が主催する超贅沢でゴージャスな試飲会。その名の通り、バローロとバルバレスコのみの試飲会だ。バローロとは切っても切り離せないイタリア初代首相 カミッロ・カブール氏が銅像となり見守るPalazzo Caglignano (カリニャーノ宮殿)にてのお披露目会。生産者さんの数も去年より若干増え122となり、エチケットの数は、バローロとバルバレスコを合わせると 400に及んだ。

華麗なシャンデリアとともに 2013年のバローロ、2014年のバルバレスコがずらりと並ぶ。あっぱれ! 毎年、我々 AIS PIEMONTE の会員が直接生産者さんからお話しを伺える貴重な時間なのだ。試飲会に使われるグラスは例年通りリーデル。お目当ての生産者さんを尋ねてみる。あちらこちらで遭遇する知り合いに挨拶をするのも楽しみのひとつ。

繊細でエレガントなネッビオーロが見事に花を咲かせていく。古典的なもの、奥行きのあるもの、いろいろ教わりながら至高の時を過ごす。中でも新たな挑戦であり、心が温かくなったストーリーをひとつ紹介したい。

Luciano Sandrone (ルチアーノ サンドローネ)

彼の原点であるバローロ Cannubi Boschis (カンヌビ ボスキス)が、2013年のヴィンテージより彼のお孫さん ALESSIA と STEFANO の頭文字をとり、ALESTE (アレステ) と改名され初リリースとなった。

魂は継続する。

次世代への偉大なる贈りもの。ワイン造り、そして何より大切だという家族へ込められたルチアーノ氏の想いが伝わる。

贅沢な時間、大自然と偉大なる手仕事に感謝。

Yuca
About Yuca (20 Articles)
FOOD STYLIST 大阪出身。アスティ在住。 イタリア料理留学後、フードスタイリストの学校を卒業し、製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして働く。その後、企業と個人契約。飲食店、イベントのプロデュース。リストランテ、菓子店へのドルチェの卸し、販売、レシピ提供。専門学校でのフードデザイン講師経験あり。現在は、イタリア現地の料理専門学校で非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとして、スローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)
error: