SAPORITA NEWS

ミラノ美食散歩04「エルバ・ブルスカ」(無料公開)

有料コンテンツのお申し込みはこちらから
イタリア料理のストックフォト10,000点超

ミラノ中心部から離れて車で15分、パヴィア方面へと続く運河沿いに立つ一軒家レストラン。裏庭には自家菜園が広がり、葉野菜やハーブなどを育てている。大都会ミラノとはいえ、少し郊外へ出ただけでこのような環境があることは何ともうらやましい限りだ。フランス生まれ、アメリカ育ちの女性シェフ、アリーチェ・デルクールが仲間たちと切り盛りするのは「料理も食べられる菜園」。事実料理には火加熱の野菜やハーブがつねに使われており、マイクロベジタブルを多用する現代のファインダイニングのトレンドをいち早く取り入れていたともいえる。ハーブ、スパイス、数多くの野菜、そうした素材一つ一つを噛み締めるとイタリア料理とは、いやそれ以前には料理とは、と考えさせられてしまう。デトックス、とは使い古された言葉だが、「エルバ・ブルスカ」を表現するのに、それに代わる言葉が見つからないのが現状。

豚肉のポルペッテとビーツのスパイシーソース、ヨーグルトのソース。

マスのソテーに黒ひよこ豆のフムス、キュリ、ミント、コリアンダー。野菜たっぷりの料理。

Alzaia Naviglio Pavese, 286 MILANO
Tel02-8738071
12:30〜14:30、19:30〜23:00
月、火休
www.erbabrusca.it

続きを読むには?有料コンテンツのお申し込みはこちらから

匡克 池田
About 匡克 池田 (1165 Articles)
1967年東京生まれ。イタリア国立ジャーナリスト協会会員、フォトジャーナリスト。日本で出版社勤務後独立、1998年よりフィレンツェ在住。「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「フィレンツェ美食散歩」「伝説のトラットリア、ガルガのクチーナ・エスプレッサ」など著書多数。2011年に池田愛美と株式会社オフィス・ロトンダ設立。国際料理コンテスト「Girotonno2014」「Cous Cous Fest2014」で日本人初の審査員となる。 http://www.office-rotonda.jp https://www.facebook.com/ikedamasa
error: