「サンペレグリノ・ヤングシェフ」藤尾康浩氏インタビュー後編

「実は優勝した時のためにスピーチを用意してたんですが、アクアパンナ賞までいただいたので、その時のスピーチは考えてなかったのでちょっと困りました。まず最初の7人には選ばれると思っていました。でも割とアメリカとアイルランドが強そうな感じがしてたかな。そのあと3人に選ばれたのですが、これも予想していました。多分3人には選ばれるな、と。どちらかというとアクアパンナ賞は意外だったので、メンターが自分を選んでくれてとても嬉しかったです。もちろん優勝も、自分は緊張はあまりしないタイプなんですが、やはり嬉しかったです。
メンターのルカは、かなり早い段階から優勝できなかったらパスポートを破るから日本に帰さないぞ、といわれていました。もちろん冗談半分ですが、実は残りの半分は結構本気なのかな、とも思ってました。ルカもイタリア人として、そしてメンターとしても絶対に勝ちたいという思いが伝わってきたので、自分もそれに応えないと、と思っていました。
勝因をひとつあげるとすれば、一口のインパクトかなと思います。普段はコース料理なのでインパクトというより流れを重視しているので、大会用に考えた作戦です。優勝が決まってから審査員やメンター、ヤングシェフ色々な人に祝福されて声をかけられましたが、いちばん印象に残ったのはマッシモ・ボットゥーラでした。マッシモがいうには、お前がなんで勝てたかというと人の話を聞くからだよ、と。最近は人の話を聞かない若者が多いから、と言ってました。
振り返ってみると、チープな言い方ですが今大会を通じて、自分の中で周りへの感謝がより大きくなった感じがします。いままでは自分の力で、セルフ・オリエンテッドするという思いが強かったのですが、今回は本当に周囲のサポートに助けられました。料理もルカや成澤さん、本当にいろんな人のアイディアが詰まってるので、それがなかったら絶対に勝てなかった。それが一番の財産です。
ルカもかなりプレッシャーがあったようですが、僕はプレッシャーがあるほうがいいんですよ。プレッシャーがないと逆にだらけちゃうん。そういう意味では、日本代表というプレッシャーを与えてくれてありがとう、とサンペレグリノと大会に感謝しています。」

インタビュー・池田匡克

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1155 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。 2003年度「シチリア美食の王国へ」がイタリア文化向上に貢献した出版物に送られるマルコ・ポーロ賞(イタリア文化会館主宰) 最終候補作品にノミネート 2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属 2011年株式会社オフィス・ロトンダ設立。現在代表取締役 2014年日本初のイタリアの旅と料理をテーマにしたWEBマガジンSAPORITA設立。国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる

Be the first to comment

コメントを残す