SAPORITA NEWS

Book

VITAE 2018 AIS 新刊発表試飲会

2017年10月26日

vitae 2018年版。 この時期が来ると翌年がすぐそこまでやってきたのだな。と改めて考えさせられる AIS (イタリア ソムリエ協会)主催の 新刊発表記念試飲会。今年もご案内を頂きミラノまで日帰り。 この案内が届くと嬉しい半面、今年も残りわずかですよ~。という焦燥感にかられる。 そんな会場には、... [続きを読む]

Osterie d’Italia のクリスマスパーティー!@ASTI

2016年12月22日

クリスマスが近づくと、こちらイタリアでは仲の良い友人、恩師、同僚と。など連夜何かの集まり・宴で個人個人が大忙しとなる。 そんな中、この度は、Slow Food協会から発行されるガイドブック Osterie d’Italia 2017 の出版記念パーティーという名の超豪華なクリスマスお食事会にご招待い... [続きを読む]

Gambero Rossoが日本を評価する「Top Italian Restaurants in the World」

2016年12月4日

以前から噂されていたガンベロ・ロッソ Gambero Rossoの新しいガイドブック「Top Restaurants in the World」発売に先駆け、アジアツアーが行われた。これは史上初めてイタリア国外にあるイタリア料理店、ファインダイニング系のリストランテ、トラットリア、ピッツェリア、ワイ... [続きを読む]

Guida Espresso2017速報!!

2016年10月26日

去る2016年10月20日、フィレンツェにある展示スペースStazione di Leoporda スタツィオーネ・ディ・レオポルダでGuida Espresso グイダ・エスプレッソの発表会が行われた。同誌はGambero Rossoと並び、イタリアで最も権威あるガイドブックで毎年ワイン版とレスト... [続きを読む]

本当に美味しいジェラートを知る、作る

2016年8月3日

世界的に知名度の高いイタリアの食といえば、パスタ、ピッツァの次に来るのがジェラート。気軽に、手頃な値段で楽しめるジェラートだが、本当に美味しいジェラートとはいったいどんなものなのか。それを知るにはジェラートがどのように作られ、どのように売られているかを知る必要がある。フィレンツェでジェラテリア「カラ... [続きを読む]

ガルガのクチーナ・エスプレッサ2015年9月17日復刊!!

2015年9月9日

雑誌編集者という立場を捨て、フィレンツェに渡ったのは1998年1月のこと。その直後に知り合ったのが「ガルガ」の料理人エリオ・コッツァであり、以来幾度となくエリオの手料理を食べ、「ガルガ」で貴重な時を過ごして来た。そしていつしか十余年の時が流れ、エリオと作り、撮りだめた料理写真とレシピをまとめたのがト... [続きを読む]

「シェフを続けるということ」(ミシマ社 1944円)井川直子

2015年8月26日

日本人料理人がイタリアに渡ることがごくごく普通になってきた現代、パイオニアと呼ばれる料理人諸兄姉たちがイタリア各地の名店で修行したのは80年代のことだったか。以来ネットの発達やイタリア料理の普及によって料理修行を目指す若者たちにとってはより身近になったイタリアだが永遠の命題は変わらない。というかむし... [続きを読む]

「トスカーナ 美味の教え」を読む

2015年5月27日

フィレンツェに住み始めた頃、トスカーナの田舎へ出かけたことがあった。シエナの南へ行くと、ゆるやかな丘の続くいわゆるトスカーナ的風景が広がる。緑の丘の上の石造りの家に向かって糸杉の並木が続いていたり、忽然と糸杉の群れが現れたり。同行したフィレンツェ在住○十年の人に、「あれは、見栄えを意識して植えたのか... [続きを読む]

イタリアのパン現代事情 ダヴィデ・ロンゴーニの場合

2015年4月20日

イタリアで美味しいパンに出会うことはあまりない。スーパーで売っているものはもとより、自家製を謳うパン屋のものでも、さして美味しいと思えないことが多い。その理由を解き明かし、そしてほんとうに美味しい本来のイタリアのパンを作っているのが、ミラノ郊外モンツァに工房を構えるダヴィデ・ロンゴーニだ。 大学を卒... [続きを読む]

「Vieni in Italia con me」&「XXL」W発表会

2014年12月9日

去る2014年11月30日、ローマ・オスティエンセ駅にあるEATALY ROMAで行われたFOOD&WINE FESTIVALはIdentita GoloseとMerano Wine Festivalのコラボ・イベント。EATALY  ROMA3階に新しくできた3つ星シェフ、ニコ・ロミートN... [続きを読む]

オリーブオイルガイドFlos Olei 2015発表会@Roma

2014年12月9日

イタリアでオリーブオイルのガイドブックは幾つかあるが、世界各地のオリーブオイルを取り上げ、オイルはもとより生産者の栽培製造方法により重点を置いて評価しているのは、Marco OreggiaとLaura Marinelli責任編集による「Flos Olei」(伊語・英語併記)だけである。去る11月29... [続きを読む]

どこよりも早いGambero Rosso 2015速報

2014年11月17日

本日2014年11月17日、ローマにてGambero Rossoのレストラン・ガイドブックRistoranti d’Italia 2015の発表会が行われています。SAPORITAはイタリア最強フード・ブロガーLorenza FumelliのAGRODOLCEと連携して速報をアップします... [続きを読む]

SICILIA by Elisia Menduni出版記念トークショー

2014年11月16日

イタリア全土を飛び回る、フード・ジャーナリスト、エリジア・メンドゥーニの最新刊「SICILIA」の出版記念トークショーが2014年11月16日、フィレンツェのオルティコルトーリ庭園で行われました。メンフィのワイナリー「プラネタ」の全面協力の元、シチリアの郷土料理をハイレベルで再現したレシピとビジュア... [続きを読む]

Osteria d’Italia限定カレンダー2015、SAPORITAにて発売開始!!

2014年9月15日

このたび、イタリア全土のオステリア&トラットリアを評価する唯一無二の絶対ガイド、スローフード協会刊の「Osteria d’Italiaオステリア・ディタリア2015」史上初のカレンダーが発売になりました。これは月代わりで1件の名店をピックアップ。そのスペシャリティのレシピと豊富なカラー写... [続きを読む]

イタリアブックレビュー:La Grammatica dei Sapori

2014年9月9日

素材の組み合わせに、基本原理はあるのか。おそらく、多くの人はあると感じているだろう。それを解明しようと実際に科学的なアプローチを試みている研究者もいるし、そうではない一般人でも、経験的にどれとどれを組み合わせれば美味しくなるか大なり小なり知っている。科学者と一般人の間に位置する料理人は、科学的アプロ... [続きを読む]

畑に生きる料理人ジョルジョーネ、待望の新刊

2014年7月4日

料理専門のTV局ガンベロ・ロッソ・チャンネルで大人気の料理人ジョルジョ・バルキエージ、通称ジョルジョーネのレシピブック「Giorgione orto e cucina」がこのほど発売された。7月1日にフィレンツェの書店で開かれたサイン会はすこぶる盛況、若者から年配まで幅広い世代に人気があることを示し... [続きを読む]

電子版「イタリアの市場を食べ歩く」

2014年6月26日

2004年発売「イタリアの市場を食べ歩く」の電子書籍版がおもとめやすい価格で新登場。 ローマやフィレンツェ、ヴェネツィアといった都会から トリエステ、サルデーニャ、シチリアまで 旬の食材と郷土料理を求めて イタリア中の市場を旅する。食のビジュアル・ノンフィクションを 確立した記念碑的作品。全159ペ... [続きを読む]

イタリアのクラフトビール最新評価

2014年5月16日

先日CIBUSで出会った32 Via dei BirraiのLorenoに刺激され、イタリアのクラフトビールBirra Artigianale最新事情をしらべてみようとEataly@Firenzeに立ち寄った。ここ数年歴史あるインディペンデントな書店がことごとく閉店し、一部の大型チェーン系書店ばかり... [続きを読む]

極旨パスタ

2014年2月25日

日本のパスタは本物なのか?つねにその本質的な命題を問い続けるイタリア料理のシェフ3人と、 イタリアと日本両国に渡って活動を続けるロトンダ・イタリア料理研究会がコラボレーション。 パスタ道、と呼び変えてもよい郷土料理至上主義を掲げて作ったパスタ101点とシェフ自慢の 副菜レシピ22点を一挙公開。 イタ... [続きを読む]

イタリア文化事典

2014年2月25日

イタリア統一150周年を記念し、日伊協会・イタリア文化会館の全面協力のもと イタリアにかんするすべてを編纂した今までに類をみない事典です。 多くの項目が見開き1~2ページで構成された中項目となっており 知りたい事柄について、深く読み解くことができます。 編集委員もイタリアに精通したスペシャリストばか... [続きを読む]

イタリア音楽散歩

2014年2月25日

第一章はイタリア・オペラの巨匠ヴェルディの生涯に思いを馳せ、生誕地ブッセート、桧舞台ミラノ・スカラ座、アレーナ・ディ・ヴェローナを巡る一方、楽器の故郷クレモナ、大学都市ボローニャにも足を延ばす。第二章では憧れの名門歌劇場をヴェネツィア、ナポリに訪ね、プッチーニ、ロッシーニなどイタリア・オペラの巨匠ゆ... [続きを読む]

猫のように自由〜Libero come gatto

2014年2月25日

イタリア各地で暮らす自由猫「ガット・リベロ」を追いかけて、写真と文で綴ったビジュアル・ノンフィクション。全て文庫用に撮り下し書き下ろし。 イタリアでは「野良猫」という言葉は存在せず、街にくらす猫は「自由猫=ガット・リベロ」または「町の猫=ガット・デル・パエーゼ」「広場の猫=ガット・デッラ・ピアッツァ... [続きを読む]

Sardegna!

2014年2月25日

南イタリア、とひとくくりにされてはいるもののローマやナポリあるいはシチリアとはまるで異なる風土と文化を持つ異質な島サルデーニャ。従来建築や歴史的側面から紹介されることが多かったこの島を料理と工芸という視点から とらえたサルデーニャ紀行。毎年5月1日に州都カリアリで行なわれる島最大の祭り「聖エフィジオ... [続きを読む]

イタリア縦断鉄道の旅

2014年2月25日

ミラノ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリ、そしてシチリアへ。トレニタリア協力のもと、イタリア旅行の真実を求めて南船北馬。 イタリアを鉄道で旅するのはトラブルや苦労の連続で決して楽ではない。しかし「狭き門より入れ」というアンドレ・ジッドの言葉の通り、困難に挑みイタリア縦断総延長7348km、ひたすら鉄道を... [続きを読む]

イタリアの老舗料理店

2014年2月25日

「古い店にはワケがある」を唯一無二のキーワードに、創業数十年、数百年の老舗料理店を旅して回った食の記録。ミラノ、トリエステ、ヴェローナ、ヴェネツィア、ボローニャ、モデナ、フィレンツェ、ローマなどなど。キラ星のごとく並ぶ名店の、古くさく骨太な伝統料理との邂逅、時代を超えた料理人との対話、貴重な料理写真... [続きを読む]

アマルフィ&カプリ島

2014年2月25日

「地球の歩き方」のテーマ別ガイドGEMストーン・シリーズより好評発売中の「フィレンツェ美食散歩」に次ぐ第二弾として刊行。世界遺産でもあり人気のデスティネーションであるアマルフィ海岸の人気都市アマルフィ、ポジターノ、ラヴェッロを中心に、ソレント、カプリ島、ナポリなどの情報を加えた南イタリア・ガイドの決... [続きを読む]

ウイーンの優雅なカフェ&お菓子

2014年2月25日

極上スイーツが家庭で作れる! 秘伝のレシピ20一挙公開! 120種類のスイーツ全てを写真で紹介! カフェ&スイーツ巡りができる! ウィーンマップ付き。 世界でも最高水準といえる今日の日本のスイーツ、そこに多大な影響を与えてきたフランス・パリのパティスリー、その源流をさかのぼっていくと、オース... [続きを読む]

Dolce!イタリアの地方菓子

2014年2月25日

内容紹介(Amazon.co.jpより) 「イタリアに居を構え、各地を旅してつねづね感じるのは、イタリアのお菓子の力強 さ」と語るのは取材にあたった池田愛美氏。見た目は素朴だったり、さほど 洗練されてはいないものも多いのですが、それは逆に言えば、何者にも左右されない確固としたスタイル。もう何百年も変... [続きを読む]

伝説のイタリアン、ガルガのクチーナ・エスプレッサ

2014年2月25日

1979年フィレンツェに開店以来、速攻料理「クチーナ・エスプレッサ」で、ひとくせもふたくせもある地元のうるさい常連客に愛され続け、時には海の向こうからも噂をききつけたセレブが訪れるいい意味で非常にアクの強い店「トラットリア・ガルガ」。時代の流れや流行すたりに迎合しない頑固なそのスタイルは、画家兼料理... [続きを読む]

イタリアの市場を食べ歩く

2014年2月25日

「市場にウマイものあり」というコンセプトを貫いて、トリエステやジェノヴァなどの北イタリアからサルデーニャ、シチリアまで市場で旬の食材に触れ、場内外の食堂で地元の人々に交じって郷土料理を口にする。そうしたフィールドワークの積み重ねが一冊の本に凝縮。 第一章 三大都市の市場事情 フィレンツェ ローマ ヴ... [続きを読む]
1 2
error: