SAPORITA NEWS

Sardegna

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare05 禁断のチーズ、カス・マルツゥ Casu marzu

2016年8月24日

サルデーニャの食の話になると、ボッタルガ、パーネ・カラサウ、フレーグラなどとともに必ず名前が挙がるのが禁断のチーズ「カス・マルツゥ Casu marzu」だ。これはその非衛生的な製法から現在EUでは販売が禁止されているため「幻のチーズ」と呼ばれている、サルデーニャの黒歴史の部分をになう代表的食材であ... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare04 伝統料理を味わう宿 Su Gologone ス・ゴロゴーネ

2016年8月15日

オリエーナにあるホテル・レストラン「Su Gologone ス・ゴロゴーネ」は、こんもりした林全体をホテルにしたような、自然と一体化した造りになっている。建築様式や家具、装飾、ファブリック、スタッフの衣装、そしてもちろん料理も地元の伝統にもとづいたものだ。メイン・レストランもあるが、エントランスから... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare03 パーネ・カラサウ@Panificio Bulloni

2016年8月15日

ディープ・サルデーニャ最奥部、ユネスコの無形文化遺産にも指定されている「テノーレス」の町ビッティ。これは羊飼い同士のコミュニケーションを兼ねた独 特の歌唱法で、民族衣装に身を包んだサルデーニャの男たちによるアカペラ風の音楽。テレビはじめ見たことがある人も多いかと思い。イタリアで「ビッティ」 ときくと... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare02 「アクアウルキ」

2016年8月15日

海辺のサルデーニャ料理瞥見。カブラスにてボッタルガ生産現場を視察したあと、向ったのは「Ittioturismo Acuaurchi イッティオトゥリズモ・アクアウルキ」。このカブラス〜ポンティス周辺では漁協がレストランを兼ねていることが多く、海の家的な雰囲気で郷土料理を食べさせてくれる。しかしおそら... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare01 カブラスのボッタルガ

2016年8月9日

去る2016年6月6日よりサルデーニャで行われた食のフォーラム「FORUM AGROALIMENTARE」に、在日イタリア大使館貿易促進部の招待でプレス参加してきた。これはサルデーニャ州が初めて行った試みで、サルデーニャの食をもっと知ってもらおうとバイヤー、ジャーナリストなど世界中から関係者数十名を... [続きを読む]

イタリアの絶景6 サルデーニャ・マイモリの海岸

2014年8月9日

サルデーニャ西部、オリスターノ近郊のマイモリの海岸はどこまでも白砂が続く白亜のビーチ。しかしよくみると砂のように見えたのはみな米粒大の白い小石で、人の足跡のみがてんてんとビーチに続いている。どこまでも透き通る海は白く、そして蒼い。サルデーニャが誇る絶景、ここにあり。   [続きを読む]

マグロ尽くしのプレス・ディナー

2014年6月17日

話は遡るが、2014年5月30日Girotonno第1日終了後23:00頃から、審査員、スタッフを含む総勢50名で大プレス・ディナーが行われた。会場はカルロフォルテにあるオステリア・トンナーラ。フランス代表の「マグロのニース風サラダ」、アメリカ代表の「マグロとワカメのスコッタート」を試食したあと、パ... [続きを読む]

Girotonno2014ファイナル、フランスVs日本Vsイタリア

2014年6月15日

2014年6月1日20:00、ジロトンノGirotonno2014ファイナル。ここまでの3試合を経て決勝に残ったのはフランスの「マグロのニース風サラダ」、日本の「サムライ・バーガー」そして予選最高得点を獲得したイタリアの「マグロの低温調理」の三者が対峙する。予選と同じ料理、同じプレゼンテーションとは... [続きを読む]

Su Cumbidu@Cagliari

2014年6月12日

「サルデーニャ!」でも書いたが、カリアリで例の子豚のロースト「ポルチェッドゥ」を食べたくなっても、いつでも食べさせてくれる店というのはさほど多く無い。中でも唯一、といっていいのがこの「ス・クンビドゥ」。なにせ年中無休でしかもイタリアには珍しくノンストップ営業。平日の午後遅くでも日曜のランチタイムでも... [続きを読む]

Girotonno2014マグロ料理対決第3戦、イタリアVsブラジル

2014年6月11日

大会第2日目はダブルヘッダー。日本Vsスペインに続く最後の試合はイタリアVsブラジルの対決で、その勝者がすでにファイナル進出を決めているフランス、日本とともに優勝を争うことになる。イタリアVsブラジルというと試合開始前から前振りはやはり季節柄W杯。大会委員長であるパオロ・マルキも82年W杯二次リーグ... [続きを読む]

Girotonno2014マグロ料理対決第2戦、日本Vsスペイン

2014年6月5日

一夜明けて大会第2日目、カルロフォルテの港に作られた特設会場にはスポンサーでもあるサルデーニャの地ビール、イックヌーサの新作レモン風味のラドレルの試飲ブースや、サルデーニャ伝統の食材でもあるトローネ、ペコリーノ・サルド、ボッタルガあるいはグエッフスやパパッシーナスなどの伝統菓子を売るブースが立ち並び... [続きを読む]

Girotonno2014マグロ料理対決第1戦、フランスVsアメリカ

2014年6月4日

第12回国際マグロ・フェアGirotonno(ジーロトンノ)はサルデーニャ島にある小さな島、サンピエトロ島の港町カルロフォルテで2014年5月30日に開幕した。カルロフォルテは現在地中海で操業を続ける唯一のトンナーラがあるマグロ漁のメッカである。トンナーラとはライスと呼ばれる漁労長率いるマグロ漁師達... [続きを読む]

Girotonno2014にSAPORITAが審査員として招待されました

2014年5月28日

来る2014年5月30日〜6月2日まで サルデーニャ島カルロフォルテで行われる国際マグロイベントGirotonno「ジーロトンノ」の審査員に日本初の招待メディア&ジャーナリストとして、SAPORITAと池田匡克が選ばれました。今回の審査員は以下の通りですが、食の世界に関してはWEBマガジンの活動が活... [続きを読む]

Sapori di Sardegnaからの贈り物

2010年6月18日

ある日の朝、日本からの荷物を待っているところにいつものSDAがベルを鳴らしたので出てみるとどうやらサルデーニャかららしき段ボールがひとつ。見ると送り主はジョルジョ&ロベルト兄弟のサポーリ・ディ・サルデーニャ。「サルデーニャ」でも紹介してますがこれはサルデーニャの食材を扱う、カリアリ旧市街にある食料品... [続きを読む]

Sardegna!その9 PV

2010年2月24日

「サルデーニャ!」(講談社1890円)は2月26日、全国の書店で一斉発売になります。Amazon.co.jpでもすでに予約受付始まりましたので、ご興味ある方はこちらからご注文下さい。さて、今回その「サルデーニャ!」発売にともない3月に東京で「サルデーニャ!の夕べ」と題したプチ・パーティのようなものを... [続きを読む]
1 2 3
error: