SAPORITA NEWS

Sardegna

Su Gologone

2008年11月29日

偏西風、ミストラルが吹き荒れたサルデーニャの旅前半。結局晴れた空を見たのはわずか半日のみ。写真はわき水が豊富なバルバージア地方、Su Gologoneの羊と、ヌオーロ市街を見下ろす標高900m超、Ortobene山で出会った歯をしまい忘れた犬。飼い主は登山用GPSを持ってて「これさえあれば犬の散歩も... [続きを読む]

伝家の宝刀

2008年11月28日

11月21日から28日までサルデーニャ島に行ってました。ここ一年で三度目の遠征は大いなる円環を閉じるべく最後の旅。その集大成は近々発表できるかと思いますが、今回サルデーニャで出会った珠玉の銘品のひとつがサルデーニャ伝統のパストーレ・ナイフ。名工パオロ・プシェッドゥの黒い掌の中で妖艶に光り輝き、触れた... [続きを読む]

Girotonno@Carloforte

2008年5月25日

イタリアのマグロ漁のメッカはシチリアからサルデーニャへと移り変わりつつある今、今月29日から6月1日にかけてサン・ピエトロ島カルロフォルテで開催されるGirotonnoは、イタリアにおける最大級のマグロ・フェスティヴァルと言えるかもしれない。 6度目を迎える今年は、イタリアをはじめ、スペイン・カタル... [続きを読む]

さらばサルデーニャ

2008年5月6日

サンタンティオコを出てカリアリ、ヴィッラシミウス、ポエットを経て再びカリアリ経由で12日ぶりにフィレンツェに戻る。フィレンツェ→パレルモ→パンテッレリア→サルデーニャと島から島への旅ガラス。半年ぶりのサルデーニャはまたしてもさまざまな出会いに満ちた旅でした。 その詳細はそのうち発売予定の「エリオ・コ... [続きを読む]

Circolo M.I.@Cabras

2008年5月5日

5月2日、ボッタルガ屋のモニカ嬢に教えてもらった店は看板はなく一見ただのバール、でも実はその奥で地元客が昼夜集っては美味しいものを食べまくっているといういわゆる会員専用のチルコロ、イニシャルはM.I.で紹介もなくフリで行ったのだがここが素晴らしかった。 茹でたボラをチポロッティ、ポモドリーニで和えレ... [続きを読む]

La Vecchia Trattoria@Cagliari

2008年5月4日

サント・エフィジオ教会にほど近い一角にあるトラットリアはOsteria d’Italia、Gambero Rossoにも出ているサルデーニャ料理を楽しみながら一夜を過ごすのにふさわしい店。カタツムリのトマトで始めてプリモはフレーグラのパエリア風というリビジオナータ料理。スカンピ、ピゼッリ... [続きを読む]

Festa di Sant’Efisio!!その3

2008年5月3日

本日はサルデーニャ島北西部オリスターノ&カブラスにて周辺取材。オリスターノの蚤の市にてガラス瓶、リチャード・ジノリ製イタリア軍の食器、1900年代初頭のサルデーニャまな板など購入後カブラスにてボッタルガ工房取材。昼はチルコロというレストラン営業許可は無いので会員専用の料理サークル、というイタリアによ... [続きを読む]

Festa di Sant’Efisio!!その2

2008年5月2日

聖エフィジオ祭りは5月4日、再びカリアリへと戻ってきます。サルデーニャ方面へおこしの方は是非ご覧下さいませ。取材協力/Comune di Cagliari Assessore Turismo e Sport MASA [続きを読む]

Festa di Sant’Efisio!!

2008年5月1日

5月1日のサルデーニャ州都カリアリは快晴の祝日。今日はサルデーニャ島全体が待ちに待ったサント・エフィジオの祭りの日なのである。華やかな民族衣装に身を包み、島中から集まったその数6000人、観客10万人。聖エフィジオに祈りを捧げ、歌を歌いつつ街を行進する光景はサルデーニャ人が発するエネルギーと島への愛... [続きを読む]

サルデーニャの朝食

2007年10月16日

イタリアの朝食はバールでブリオッシュにカフェ(カプチーノ)というのが決まりだけれど、ホテルだとその土地ならではのものが出てくることもある。カリアリのホテルMiramareでは、サルデーニャのビスコッティ盛り合わせ、カプチーノ、ジュースの載ったトレイをメイド服のおばさまが運んできてくれた。 細長いビス... [続きを読む]

酒とサルデーニャの日々3

2007年10月14日

 予定していた撮影も無事終わり、オフを兼ねてカリアリから郊外へとドライブ。プーラ、キア。オフシーズンのビーチでは食事に困るもの、と思っていたがバールで聞いて云ってみたごく普通のなんでもない、名前もありきたりのレストランMirage@Chiaへ。すると日曜の午餐は地元の方々で満員。アサリのフレーグラ、... [続きを読む]

酒とサルデーニャの日々1

2007年10月12日

「イタリアの市場を食べ歩く」(東京書籍)の取材以来3年半ぶりに訪れたカリアリ。今回の目的はサルデーニャ人シェフ、エリオ・コッツァを連れてのサン・ベネデット市場再訪。アラゴスタ、ボッタルガ、チェルニア、オンブリーナ、ガンベリ・インペリアーリ、うんぬんかんぬん。ヨーロッパ最大規模の屋内市場の豊穣ぶりは何... [続きを読む]
1 2
error: