SAPORITA NEWS

Spain

スペイン・バル論2 El Vaso de Oro@BARCELONA

2014年5月23日

店名の「エル・バソ・デ・オロ」とは黄金のグラスという意味、つまりセルベッサ、ビールのことだ。酒飲みなら店名を聞いただけで是非一度訪れてみたくなるではないか。 バルセロナのベイエリアにバルセロネータという一画がある。最近このエリアはポートヴェイやオリンピック村跡地の再開発、デザイン・ホテルの誕生などに... [続きを読む]

スペイン・バル論1 La Bodegueta Provenza@BARCELONA

2014年5月20日

バルセロナに滞在する際、ホテルはよほどのことがない限りパセジ・デ・グラシア周辺にしている。足の便やセキュリティ、取材先に近いことなどその理由はいくつかあるが、食事する場所にことかかない、というのが一番大きな理由である。市内を南北に走る大通りパセジ・デ・グラシア通りは両脇にブランドショップが並ぶ高級エ... [続きを読む]

Granja La Pallaresa@Barcelona

2013年1月25日

1947年創業のラ・パリャレサ。ここの名物は、チュロスとか、フランとか、クレーマ・カタラーナ。こってり濃厚チョコレート、スイソとともにいただきます。 チュロスの生地は塩味、そこにまぶした砂糖がいい具合に絡み、あまじょっぱさがたまりません。 フランはホイップクリームで姿が殆ど見えなくなるのが正しい盛り... [続きを読む]

PolvorónとAlmendras

2013年1月20日

イタリアにまして素朴度の高いスペインのお菓子。甘さもかなりのものですが、お菓子は甘いもの。”甘くなくて美味しい”なんていうのはお菓子ではありません。正しく甘ければたくさん食べなくても済むのです。 ポルボロン。 イタリアで音が似ているプロヴォローネprovoloneはチーズ。rとlの区別がつかない我々... [続きを読む]

正しい老舗@Barcelona

2013年1月13日

古い店を維持するのはとても大変なことだと思います。ただ古ければ良いというものではなく、伝統を守りながらも時代に合わせる工夫が必要で、その工夫が悪目立ちしてもいけません。というようなことを、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の社長はいつも言ってるなぁ...その良い見本の一例が、Agut。カタルーニャ料理の... [続きを読む]

心の故郷確保@Barcelona

2013年1月12日

景気の悪さを閉店とブランド店のより安い賃料店舗への移転に実感するバルセロナ。飲食店も然り。でも、賑わっている店もないわけではありません。安くて美味いが一番賑わっていますが、二番は安くて居心地がいい店。そして、安くて美味いけれどそこそこの賑わいというエアポケット的なお店は混雑が苦手な者にとってとても有... [続きを読む]

パン・コン・トマーテ@Barcelona

2013年1月8日

観光レストランとひとことで言っても、やる気ゼロのどうしようもないところから、プロ意識の徹底したところまでさまざま。4Gatsは後者ですね。値段は高いけれど、ショバ代ですから。 薄切りサラミをはさむパン・コン・トマーテが6.89ユーロ。お布施だと思えば気になりません。 [続きを読む]

Los reyes magosスペシャルな休日

2013年1月6日

本日1月6日は、ここスペインではスペシャルな休日。東方の三賢人がキリストに供物を捧げてご挨拶したということで、しかしなぜか、子供達にお菓子をあげる日にもなっています。昨日のバルセロナの前夜祭では飴を投げるパレードと飴を求める老若男女にはばまれて大変な目に遭いました。そして今日当日、タラゴナにて。 行... [続きを読む]

週間食卓日記@Barcelona

2011年9月11日

時は流れて9月上旬というのに、今更ながら7月中旬のスペイン、バルセロナ週間食卓日記のUPです。 <!– /* Font Definitions / @font-face {font-family:Wingdings; panose-1:5 2 1 2 1 8 4 8 7 8; ms... [続きを読む]

バルセロナ食卓日記その1

2011年8月22日

只今東京に滞在中ですがその前の8月前半、2年ぶりにバルセロナに滞在しておりました。今年の3月南米行き前後にマドリッドに泊まり、南米珍道中の間もスペイン語のシャワーだったので久々のスペイン語という感じで懐かしくなります。2年前の取材はバルセロナ在住の日本人ハイパーメディア・クリエイターT氏の単独インタ... [続きを読む]

必食アイテム@Madrid

2011年3月26日

今回の南米旅は、イタリアからの直行便がほとんどないため、イベリア航空を利用してのマドリード経由。どうせならばと往復ともにストップオーバーして、久しぶりのスペイン・セルベセリア飯を堪能。ほんとうはバルセロナのほうが好きなんですが、マドリードも内陸のわりに魚介も充実しているので不満はありません。マドリー... [続きを読む]

さらばエルブリ?

2010年1月27日

今朝起きてYahoo!ニュースを見てみると「スペインのエルブリ一時休業」との衝撃的速報が。エルブリについては説明するまでもないので省略しますが、記事によればフェラン・アドリアは働き過ぎの現状に疲れ、2012〜2013シーズンまでの2年間店を閉め、その間充電して2014年に再オープンする予定だそう。と... [続きを読む]

Santa Maria del Mar

2009年7月6日

こちらバルセロナ下町ボルン地区にある名刹サンタ・マリア・デル・マル教会のステンド・グラス。その名の通りバルセロナの海で働く船乗り達の守り神であります。本当はこの教会前にあるワインバーで一杯飲みたかったのだが今日もテラスは満席につきあきらめる。 で、こちらは例によってボケリア市場。子供も魚介類に直に触... [続きを読む]

バルセロナな日々

2009年7月4日

某月某日、某有名クリエイター取材で2泊3日でバルセロナへ。またしてもエンターテインメント度が増し、またひとつ都市機能がUPしたような街並を見、整然としたメトロや、きびきびしたタクシー・ドライバーたちの働きぶりを見て今イタリアが欧州諸外国から学ぶべきことは本当にたくさんあるとあらためて実感。その典型が... [続きを読む]

バルセロナな日々

2008年7月7日

さきほど週末2泊3日のバルセロナ出張から戻って参りました。1年ぶりのスペインは意外と涼しく、やはり冷夏2008を予感させる過ごしやすさ。去年は蒸し暑さで汗だらだら、ネットもつながらず苦悩の日々を過ごしたことははるか夢のかなた。とはいえ今回は滞在正味40時間ほどだったので食べ歩きもできず、唯一行けたの... [続きを読む]

Spain LIVE

2008年3月4日

去る3月2日、ブカ・デッロラフォ期待、バルセロナ帰りの料理人R太君によるスペイン料理Liveが行われました。 本日のお題目はといいますとButifarra、Sovrassataの前菜/Croquetas de bacalao、Tortilla de jamon serrano、Pulpo alla ... [続きを読む]

マドリード再訪

2008年1月12日

先週末からこっちずっと悪天候続きで、地方の弱小空港であるフィレンツェから飛べるか飛べないか胃が痛くなるような思いをしてようやくマドリードに到着。今回は老舗皮革ブランドの取材なので、メインはあくまでも革製品。食は二の次三の次。とはいえ、どこで食べても基本的に間違いのないマドリードでは、一日の仕事を終え... [続きを読む]

スペインの食の記録

2007年8月20日

遅ればせながらここ1ケ月のスペイン取材で口にしたスペイン料理の数々です。文字だけですが記録代わりということで。 2007/07/16(月) 昼Restaurante MIAU(MADRID) Croquetas bacalao、Jamon Iberico de Bellota、Boquerones ... [続きを読む]

再びマドリッド

2007年8月13日

バレンシア、トレド、アリカンテ、クエンカ、アビラ、カンポ・ディ・クリプターナ、コンスエグラ、エル・エスコリアル、セゴビアとかさかさに乾いた中央スペインを例によって車でドバーっと走り抜け、無事故無違反で18日ぶりにマドリッドに戻って来ました。1ケ月に及んだ長期スペインの旅の最後を締めくくるのはクリスト... [続きを読む]

Alicante

2007年8月11日

4日間ネットが使えなかったトレドから昨夜マドリッドに生還。デザイン・ホテル「アート・ギャラリー」で ひさびさのネット環境復活です。写真はバレンシアから足を伸ばしたビーチ・リゾート、アリカンテ。MASA [続きを読む]

Alcazar@Valencia

2007年8月3日

ヨーロッパを駆け巡るミラノ在住カメラマンK氏が「バレンシアはつまらないよ」といっていた意味がよくわかった。カテドラルや立派な市場の周囲にはまったくといっていいほど入ってみたいと思う店がない。唯一、「あ、ここはいいかも」と思った米料理の店La Riuaは夏休みの改装中。店主らしきおじさんが何度も「ごめ... [続きを読む]

El ultimo dia@Barcelona

2007年8月1日

バルセロナ滞在最終日は山間の修道院へ。そこは「黒いマリア像」を一目見ようと敬虔なキリスト者もそうでないものもにわかピルグリムとなって訪れる地。果たして、隆起と浸食でカッパドキア状態になった特異な地形+目玉となるアトラクション(マリア様)のキリスト教テーマパークであった。 マリア像参詣は長蛇の列につき... [続きを読む]

ピンチョスの宵

2007年7月30日

今日でスペイン滞在15日目。その間昼夜計30食のうち、和食2回、エスニック1回をのぞく27食スペイン料理を食べ続けてます。立ち飲み、立ち食い、高級店、老舗、タブラオ、ワインバー、観光レストランといろいろ食べ歩き続け、今宵はバルセロナ旧市街にある某立ち食いピンチョス店。カウンターには大皿に盛られ楊枝が... [続きを読む]

飲み屋礼賛@Barcelona

2007年7月29日

当初十連泊を予定していたホテルが、ネット環境がダウンしている上にそれを直そうともフォローしようともしない、お飾り的なレセプションのスタッフの木で鼻をくくったような態度にほとほと嫌気がさしたので、旧市街で治安は良くないかもしれないけれど新しくてとにかくネットが使えるホテルに移る。それまで泊まっていた壁... [続きを読む]

コロンブスの像

2007年7月29日

一週間ぶりのネットライフ。というのも23日にバルセロナに着いて以来ずっとネットが使えなかったからである。これも全てはデザインホテル●●●のせい。フロントに何度頼んでも一向に改善する気配も見せず、スタッフはことごとく慇懃無礼。部屋の使い勝手の悪さはバッドデザイン賞もの。で、仕事が一段落着いたところで「... [続きを読む]

シェリーバー

2007年7月21日

マドリッド中心部の裏通りにぽつんと灯りが灯るヘレスバー、つまりシェリーバーが一件。その名はLa Venencia。置いてある酒はというとマンサニージャ、フィーノ、オロロソ、アモンティジャード、パロ・コルタードといずれもシェリー5種のみ。いずれも例のシェリーグラスになみなみ注いで1.50ユーロから。つ... [続きを読む]

金耳亭再び

2007年7月21日

中一日空けて再び訪れたマドリッドの金耳亭。すると本日は男衆が二人。どうも一昨日は相方が休みだったようで、やはり男二人揃うと店は普段通り回転する、という感じがなんとなくヴェネツィアの名店Do Moriによく似ている。 今宵一番客だったので変形L字カウンターの角の上席に座り、油がたっぷりとしみ込んだ鉄板... [続きを読む]

Madrinight

2007年7月19日

マドリード滞在三日目。少しは街の感覚が身についてきたところ。そこで向かうはR通信のスペイン通編集者にお教えいただいたおすすめどころ。まずはスタンディングのみのLa Oreja d Oroで豚耳細切れの鉄板焼きと骨付きプロシュート・コットの薄切り鉄板焼きを賞味。懐かしのやきとんの味と、渋いお兄ちゃんが... [続きを読む]
1 2
error: