SAPORITA NEWS

Food

Bagna cauda day ANTEPRIMA @ EATALY LINGOTTO

2017年11月10日

今年で5回目を迎えるアスティ発の秋のビッグイベント BAGNA CAUDA DAY!  (バーニャカウダ ディ! )                                                       本番は、11月24・25・26の3日間。 “ピエモンテ州 アスティ発 世界... [続きを読む]

VITAE 2018 AIS 新刊発表試飲会

2017年10月26日

vitae 2018年版。 この時期が来ると翌年がすぐそこまでやってきたのだな。と改めて考えさせられる AIS (イタリア ソムリエ協会)主催の 新刊発表記念試飲会。今年もご案内を頂きミラノまで日帰り。 この案内が届くと嬉しい半面、今年も残りわずかですよ~。という焦燥感にかられる。 そんな会場には、... [続きを読む]

トレヴィーゾから世界へ。イタリアのカフェ文化を伝えるゴッピオン・カフェ

2017年10月5日

イタリア人の97%が飲むというカフェ。量としては北欧の人々には叶わない(1位のフィンランドが一人当たり年間約10kgなのに対し、9位のイタリアは約5.6kg)けれど、イタリア人にとってカフェは間違いなく国民的飲み物である。このカフェの原材料であるコーヒー豆は、イタリア全土に存在する700軒余りの焙煎... [続きを読む]

合言葉はトラスパレンテ「リストランテAqua Crua」

2017年10月3日

レストランには、境界がある。あるミラノのフォトグラファーが「境界」と題し、レストランの厨房と客席の部屋の間の仕切りを写していた。その仕切りには扉がなかったから、厨房と客席は相互が中を覗ける関係だったのに、その「境界」ははっきりと感じられた。 リストランテ「アクア・クルア」にはその「境界」がない。フロ... [続きを読む]

2017.10.31Gambero Rosso東京試飲会

2017年9月1日

2017年度ガンベロロッソによるイタリアワイン試飲会の日程が発表になりました。2017年10月27日(金)が大阪、2017年10月31日が東京。お申し込み、お問い合わせは下記までお願いいたします。 対象:ワイン商社・卸、飲食店、小売店、スクール関係者、報道関係者 参加費:無料  <大阪> 日時:20... [続きを読む]

PROSECCO DOC & Heinz Beck SENSI

2017年8月7日

去る7月12日大手町ハインツ・ベックのカジュアル・レストラン「センシ」にてプロセッコ協会による対日プロモーションランチが行われた。近年日本では「フランチャコルタ協会」が設立されたことからフランチャコルタの躍進が目覚ましいが、それに続けとばかり今度はプロセッコによる対日プロモーションが開始された。北イ... [続きを読む]

フィレンツェ流ワインの楽しみ方02サントベヴィトーレ

2017年7月13日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

こだわりのパニーノ4トリッパイオ

2017年7月11日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

バローロ&バルバレスコ!ワインの王様と女王様が今年も勢ぞろい

2017年4月29日

厳しい冬を超え、やってきましたこの季節。ロエロDAYS とほぼ同時期に行われたイベントの報告です。 AIS (イタリア ソムリエ協会)PIEMONTE (ピエモンテ)が主催する超贅沢でゴージャスな試飲会。その名の通り、バローロとバルバレスコのみの試飲会だ。バローロとは切っても切り離せないイタリア初代... [続きを読む]

マッシモ・ボットゥーラの48時間その2

2017年4月6日

World 50 Best世界一に輝くイタリア・モデナの「オステリア・フランチェスカーナ」シェフ、マッシモ・ボットゥーラが来日。1日限定のスペシャルな料理セミナーが開催された。その迫力あるトークとデモンストレーションは日本中からこの日のために集まった料理関係者を熱狂させた。 去る3月21日、代々木の... [続きを読む]

ROERO DAYS ! 2017

2017年3月29日

厳しい冬の峠を超え、心地よい柔らかな風を感じる頃、ピエモンテ人の活動開始!蓄えていた力を発揮すべくあちらこちらでいろいろなイベントが催される。 今回は、ピエモンテ州南部に位置する ROERO(ロエロ)地区のイベント ROERO DAYS 2017 に参加させていただいた。 北イタリアを横断する国内最... [続きを読む]

マッシモ・ボットゥーラの48時間その1

2017年3月22日

2017年3月20日羽田空港国際線ターミナル到着ロビー。多くの乗客に混じってあらわれたのは世界一のレストラン「オステリア・フランチェスカーナ」シェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。今回の来日は「イタリア・サルーミ普及促進協会」Istituo di Valorizzazzione dei Salumi I... [続きを読む]

「マッシモ・ボットゥーラ氏に学ぶ サルーミセミナー開催」

2017年2月5日

すでにご存知&参加予定の方もいらっしゃるかと思いますが、World 50 Best 2016世界第1位、ミシュラン3つ星など数多くのタイトルを持つマッシモ・ボットゥーラ@オステリア・フランチェスカーナが来日。3月21日に服部栄養専門学校@代々木にて料理人対象、100名限定の試食付き料理デモンストレー... [続きを読む]

San Pellegrino Young Chef Contest 2016その3〜マッシモ・ボットゥーラのガラ・ディナー

2017年2月3日

大会最終日の10月15日、選手、メンター、審査員、ジャーナリスト、関係者、全員揃っての華やかなガラ・ディナーが行われたその主役はミシュラン3つ星、World 50 Best世界1位など、ありとあらゆるタイトルを独占しているイタリア最高の料理人、マッシモ・ボットゥーラだ。会場にあらわれたボットゥーラは... [続きを読む]

San Pellegrino Young Chef Contest 2016その2〜スターシェフの群像

2017年2月3日

優勝ミッチ・リーンハード(アメリカ代表) 会場のキッチンにシュワルツァネッガーの写真を貼って調理するなど、型破りなスタイルで登場したミッチ・リーンハードは「Roasted Duck with Spiced Orange&Yam」で優勝。メンターのドミニク・クレンと息のあったコンビだった。 安... [続きを読む]

San Pellegrino Young Chef Contest 2016その1〜予選

2017年2月3日

2016年10月13日から15日まで3日間に渡りミラノで開催されたのが「サン・ペレグリーノ・ヤング・シェフ・コンテスト」だ。これは世界各地域の予選を勝ち抜いた30才以下の若手料理人20人が一同に介し世界一を競う大会であり、将来のスターシェフ候補生を発掘し、またガストロノミーの新潮流を占う意味でも重要... [続きを読む]

ローマの1つ星、能田耕太郎シェフのグルメ・ピッツァ

2017年2月2日

去る2017年1月30日、フィレンツェの「ピッツェリア・ビストロ・ジョット Pizzeria Bistrot Giotto」にて能田耕太郎シェフとピッツァイウオーロ、マルコ・マンツィのコラボレーション・ディナーが行われた。能田シェフはローマの「ビストロ64」のシェフとして2017年度ミシュランで1つ... [続きを読む]

Osterie d’Italia のクリスマスパーティー!@ASTI

2016年12月22日

クリスマスが近づくと、こちらイタリアでは仲の良い友人、恩師、同僚と。など連夜何かの集まり・宴で個人個人が大忙しとなる。 そんな中、この度は、Slow Food協会から発行されるガイドブック Osterie d’Italia 2017 の出版記念パーティーという名の超豪華なクリスマスお食事会にご招待い... [続きを読む]

Gambero Rossoが日本を評価する「Top Italian Restaurants in the World」

2016年12月4日

以前から噂されていたガンベロ・ロッソ Gambero Rossoの新しいガイドブック「Top Restaurants in the World」発売に先駆け、アジアツアーが行われた。これは史上初めてイタリア国外にあるイタリア料理店、ファインダイニング系のリストランテ、トラットリア、ピッツェリア、ワイ... [続きを読む]

イタリア料理コンクール Gran Concorso di Cucina 2016開催

2016年11月30日

去る2016年11月14日、東京汐留にある東京ガススタジオ「厨BO!SHIODOME」にて第7回イタリア料理コンクール2016「グラン・コンコルソ・ディ・クチーナ」が開催され、審査員として参加して来ました。在日イタリア商工会議所主宰するこのコンクールは日本のイタリア料理界をになう新しい料理人の発掘の... [続きを読む]

Guida Espresso2017速報!!

2016年10月26日

去る2016年10月20日、フィレンツェにある展示スペースStazione di Leoporda スタツィオーネ・ディ・レオポルダでGuida Espresso グイダ・エスプレッソの発表会が行われた。同誌はGambero Rossoと並び、イタリアで最も権威あるガイドブックで毎年ワイン版とレスト... [続きを読む]

母なる大地!サローネ デル グスト 2016  

2016年9月30日

  スローフード協会が主催する 2年に1度の食の祭典 サローネ デル グスト。今年はスローフードの前進アルチゴーラが誕生して30年、このイベント サローネデルグストが開催されて20年という記念すべき年である。5日間 天候にも恵まれ大盛況で幕を閉じた。 そこで新しい試みとして、前回まで行われ... [続きを読む]

アマトリーチェ支援に立ち上がったイタリアの700件と日本の50件

2016年8月28日

イタリア中部地震5日目、今日はイタリア共和国大統領マッタレッラ、レンツィ首相出席の元、アスコリ・ピチェーノで合同葬儀が行われ、国全体が喪に服した。国営放送RAI1もこの日はCMを真っ黒で放送する「Black spot」で弔意を表した。 そうしたニュースはとにかく、イタリアでは支援の運動が着々と進んで... [続きを読む]

イタリア中部地震に関するスローフード協会からの手紙

2016年8月27日

イタリア中部地震発生以来今日で3日目。死者278人(アマトリーチェ218人、アックーモリ11人、マルケ州49人)、SMSでの募金では3日で250万ユーロ(約2億8000万円)が集まりました。イタリアからの全ての携帯でSMS45500で自動的に2ユーロがProtezione Civileに寄付されます... [続きを読む]

アマトリチャーナの故郷を救え

2016年8月25日

2016年8月24日3:30(イタリア時間)、M6.2の地震が中部イタリアを襲い、リエティ、アスコリ・ピチェーノ、ペルージャを中心に深刻な被害が出ています。イタリア時間の17:30現在、死者73人。アマトリーチェ市長セルジオ・ピロッツィは「町の4分の3が失われてしまった」とRAI NEWS 24に語... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare05 禁断のチーズ、カス・マルツゥ Casu marzu

2016年8月24日

サルデーニャの食の話になると、ボッタルガ、パーネ・カラサウ、フレーグラなどとともに必ず名前が挙がるのが禁断のチーズ「カス・マルツゥ Casu marzu」だ。これはその非衛生的な製法から現在EUでは販売が禁止されているため「幻のチーズ」と呼ばれている、サルデーニャの黒歴史の部分をになう代表的食材であ... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare04 伝統料理を味わう宿 Su Gologone ス・ゴロゴーネ

2016年8月15日

オリエーナにあるホテル・レストラン「Su Gologone ス・ゴロゴーネ」は、こんもりした林全体をホテルにしたような、自然と一体化した造りになっている。建築様式や家具、装飾、ファブリック、スタッフの衣装、そしてもちろん料理も地元の伝統にもとづいたものだ。メイン・レストランもあるが、エントランスから... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare03 パーネ・カラサウ@Panificio Bulloni

2016年8月15日

ディープ・サルデーニャ最奥部、ユネスコの無形文化遺産にも指定されている「テノーレス」の町ビッティ。これは羊飼い同士のコミュニケーションを兼ねた独 特の歌唱法で、民族衣装に身を包んだサルデーニャの男たちによるアカペラ風の音楽。テレビはじめ見たことがある人も多いかと思い。イタリアで「ビッティ」 ときくと... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare02 「アクアウルキ」

2016年8月15日

海辺のサルデーニャ料理瞥見。カブラスにてボッタルガ生産現場を視察したあと、向ったのは「Ittioturismo Acuaurchi イッティオトゥリズモ・アクアウルキ」。このカブラス〜ポンティス周辺では漁協がレストランを兼ねていることが多く、海の家的な雰囲気で郷土料理を食べさせてくれる。しかしおそら... [続きを読む]
1 2 3 8
error: