SAPORITA NEWS

Dolce

本当に美味しいジェラートを知る、作る

2016年8月3日

世界的に知名度の高いイタリアの食といえば、パスタ、ピッツァの次に来るのがジェラート。気軽に、手頃な値段で楽しめるジェラートだが、本当に美味しいジェラートとはいったいどんなものなのか。それを知るにはジェラートがどのように作られ、どのように売られているかを知る必要がある。フィレンツェでジェラテリア「カラ... [続きを読む]

第1回 サロン デュ ショコラ ミラノ

2016年6月20日

フランス パリ発 リヨン、ベルギーそして世界へ。 魅惑・媚薬といった響きが相応しいショコラ(チョコレート)。その歴史は飲み物からはじまり、現在では最新のテクノロジーをも駆使し進化を続ける現代アートともいえよう。そんなチョコレートの大祭典! 日本ではお馴染みの サロン デュ ショコラ がイタリア ミラ... [続きを読む]

年末に贈るパネットーネの“本来の意味”とは。

2015年12月7日

今年もパネットーネの季節がやってきた。ジャーナリストのダヴィデ・パオリーニが先導する“一年中パネットーネ”(Panettone tutto l’anno)なるプロモーションのおかげで、この季節以外にもパネットーネを拝む機会は少しずつ増えてはいるが、それでもやはり、パネットーネは年末の風物詩である。ス... [続きを読む]

スシ型ドルチェ登場、イタリア最新菓子事情

2015年3月4日

過日ミラノ・コレクションの最中、ミラノに一週間ほど滞在していた時のことである。チャーターしたロケバスのドライバーがやけに食通で「カルロ・クラッコ」「D.O.」「サドレル」といった高級レストランから「ガッリ」「マルケージ」といった老舗パスティッチェリア、「IYO」「FUKURO」「OSAKA」「MUS... [続きを読む]

ローマの極上ドルチェ、De Bellis@ROMA

2014年12月22日

イタリアのドルチェ、というと伝統菓子一辺倒の感が強く、特にローマでは焼き菓子中心の老舗が多いこともありちょっと奇麗ないわゆるスイーツに出会うのはなかなか難しい。しかしカンポ・ディ・フィオーリ近くに2013年3月にオープンした「デ・ベッリス De Bellis」は一見の価値有り。アンドレア・デ・ベッリ... [続きを読む]

Gianduiotto Day

2014年12月5日

2012年まで3月に行われていたトリノ チョコレートの祭典  cioccolato` !今年はEXPOの絡みもあり期間延長の10日間。様々な催しが行われた。伝統的なピエモンテの象徴であるジャンドゥイオットの日と題したそのイベントは、小雨模様の為、今年はサンカルロ広場の美しいポルティコ(柱廊)のもと細... [続きを読む]

Natale前にひっそりと“死者のパン”

2014年10月29日

10月後半のミラノ。パスティッチェリアのウインドウにはパネットーネが姿を表し始める。ハロウィンの飾り付けをしているところもあるが、それと同時にクリスマスに向けてパネットーネを売り込む店が多い。大きくて目立つパネットーネを見ると、否が応でも、年末に向けての気ぜわしい気分にさせられるが、その陰に隠れるよ... [続きを読む]

MILANO GOLOSAへ

2014年10月24日

先週の土曜日ミラノで行われていたMilano GolosaとOpen Streetという二つのフェスタに行って来ました。 初めに訪れたのはココ!! 入ってみると本当にたくさんのブースが手前の方から食べていくと最後にデザートにたどり着ける様に設けられていました。 僕がここにたどり着いたのは会場から40... [続きを読む]

Dolce d’autore

2014年9月24日

ワインにおいしい食事、食卓は不可欠という考えのもとアスティ ワイン祭り Doujad’or で食いしん坊アスティジャーニのもう一つのお楽しみとなっているイベントがある。 それは、“Piatti d’autore” 今年のテーマは “Dolce d’autore” こちらは事前の予約が必要でDouja... [続きを読む]

ナポリのチョコレートGay-Odin

2012年3月25日

イタリア人はチョコ好きだけれど、一般的な チョコレートのクォリティは、それほど高いとは思えません。しかし、美味しいチョコレートは、ほんとうに美味しい。鼻○が出るのも厭わないくらいに食べ尽くしたい。見た目はそれほど、なんですが、口に入れると、...嘆息もの、というのが、実際に存在します。好みの問題かも... [続きを読む]

ナポリの復活祭菓子Pastiera

2012年2月10日

カンパーニア州の復活祭のお菓子といえば、パスティエラ。麦を粒のまま牛乳で煮てリコッタと合わせ、タルト生地に流し込んだトルタで、オレンジ・フラワーウォーターが独特の香りを醸します。 伝説によれば、ナポリ湾で美しい歌声を聞かせる妖精セイレンに、人々が感謝の印として七つの宝である、粉、リコッタ、たまご、牛... [続きを読む]

ナポリ菓子、Susamielli

2012年2月8日

2月。この時期は、クリスマスの名残から謝肉祭、復活祭先取りのお菓子が勢揃い。ナポリでは、クリスマスのstruffoli、susamielli、sapienze、roccoco’が、今時期のcenci(chiacchiere)やzeppole、復活祭のpastieraと一緒に並んでいます。... [続きを読む]
error: