SAPORITA NEWS

Food

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare05 禁断のチーズ、カス・マルツゥ Casu marzu

2016年8月24日

サルデーニャの食の話になると、ボッタルガ、パーネ・カラサウ、フレーグラなどとともに必ず名前が挙がるのが禁断のチーズ「カス・マルツゥ Casu marzu」だ。これはその非衛生的な製法から現在EUでは販売が禁止されているため「幻のチーズ」と呼ばれている、サルデーニャの黒歴史の部分をになう代表的食材であ... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare04 伝統料理を味わう宿 Su Gologone ス・ゴロゴーネ

2016年8月15日

オリエーナにあるホテル・レストラン「Su Gologone ス・ゴロゴーネ」は、こんもりした林全体をホテルにしたような、自然と一体化した造りになっている。建築様式や家具、装飾、ファブリック、スタッフの衣装、そしてもちろん料理も地元の伝統にもとづいたものだ。メイン・レストランもあるが、エントランスから... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare03 パーネ・カラサウ@Panificio Bulloni

2016年8月15日

ディープ・サルデーニャ最奥部、ユネスコの無形文化遺産にも指定されている「テノーレス」の町ビッティ。これは羊飼い同士のコミュニケーションを兼ねた独 特の歌唱法で、民族衣装に身を包んだサルデーニャの男たちによるアカペラ風の音楽。テレビはじめ見たことがある人も多いかと思い。イタリアで「ビッティ」 ときくと... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare02 「アクアウルキ」

2016年8月15日

海辺のサルデーニャ料理瞥見。カブラスにてボッタルガ生産現場を視察したあと、向ったのは「Ittioturismo Acuaurchi イッティオトゥリズモ・アクアウルキ」。このカブラス〜ポンティス周辺では漁協がレストランを兼ねていることが多く、海の家的な雰囲気で郷土料理を食べさせてくれる。しかしおそら... [続きを読む]

サルデーニャの食を訪ねて〜Forum Agroalimentare01 カブラスのボッタルガ

2016年8月9日

去る2016年6月6日よりサルデーニャで行われた食のフォーラム「FORUM AGROALIMENTARE」に、在日イタリア大使館貿易促進部の招待でプレス参加してきた。これはサルデーニャ州が初めて行った試みで、サルデーニャの食をもっと知ってもらおうとバイヤー、ジャーナリストなど世界中から関係者数十名を... [続きを読む]

本当に美味しいジェラートを知る、作る

2016年8月3日

世界的に知名度の高いイタリアの食といえば、パスタ、ピッツァの次に来るのがジェラート。気軽に、手頃な値段で楽しめるジェラートだが、本当に美味しいジェラートとはいったいどんなものなのか。それを知るにはジェラートがどのように作られ、どのように売られているかを知る必要がある。フィレンツェでジェラテリア「カラ... [続きを読む]

第7回イタリア料理コンクール、Gran Concorso di Cucina 2016受付中

2016年7月29日

在日イタリア商工会議所が主宰する第7回イタリア料理コンクール「Gran Concorso di Cucina 2016」の応募要項が決定。明日のスターシェフを目指す若手イタリア料理人の発掘と、イタリア郷土料理料理の正しい知識を広める貴重なコンクールです。応募〆切は2016年10月1日、書類審査を通過... [続きを読む]

Baladin 30周年!

2016年7月23日

美食の宝庫 ピエモンテ州。ワインだけではございませぬ。ストリートフード旋風も追い風となり更にノリにのっているイタリア クラフト ビール界のパイオニア Baladin (バラデン) 先日、30周年の記念パーティーが開催され、たくさんの来場者で賑わいをみせた。会場では、専用のバラデンコインを購入し、お目... [続きを読む]

セビリアよりタパス・チャンピオン来襲、Quisitapas@Firenze

2016年6月30日

フィレンツェの5つ星ホテルWestin Excelsior Firenzeのダイニングの一角がこの夏タパス・バー「クイシタパス Quisitapasとしてオープン。スペイン・ブームに乗っかった単なるタパス風ではなく、セビリアのタパス・チャンピオン、マヌエル・サンチェス・ヒメネス Manuel San... [続きを読む]

和牛ウィークin Italia Sadler@Milano

2016年6月29日

伊国交樹立150周年記念レストランウィークは、ローマ5軒、フィレンツェ5軒、ミラノ5軒プラス1軒(「焼肉矢澤」。イタリア料理ではないが、和牛を常時提供していることから特別枠)が参加したが、以前から和牛を扱っていたという店と今回初めてという店が混在している。ミラノのBerton、そしてSadlerは“... [続きを読む]

和牛ウィークin Italia Ora d’Aria@Firenze

2016年6月27日

日伊国交樹立150周年記念レストランウィーク参加店レポート第四弾。フィレンツェのレストランOra d’Ariaのシェフ、マルコ・スタービレはヨーロッパの若手レストランオーナーシェフの協会Jeunes Restaurateurs d’Europeのイタリア支部で会長を務めたこともある、現代... [続きを読む]

和牛ウィークin Italia Essenza@Milano

2016年6月25日

日伊国交樹立150周年記念のレストランウィーク参加店レポート第三弾は、ミラノのレストランEssenza。オランダ人父とイタリア人母を持つシェフ、エウジェニオ・ボエルは大の親日家。メニューのそこかしこに日本へのオマージュがちりばめられている。が、まだ日本には行ったことがないという。そのエウジェニオが考... [続きを読む]

和牛ウィークin Italia Il Palagio, Four Seasons Firenze

2016年6月23日

日伊国交樹立150周年記念のレストランウィークに、フィレンツェのフォーシーズンズ・ホテルのレストランIl Palagioも参加。シェフであるヴィート・モッリーカが提案するのは、Ribey e fesa di Wagyu Giapponese con funghi porcini estivi(和牛リ... [続きを読む]

和牛ウィークin Italia Konnubio@Firenze

2016年6月22日

日伊国交樹立150周年を記念したイベント、ジャパンレストランウィークが6月17日よりスタート。一週間の期限で、参加レストラン(ローマ5軒、フィレンツェ5軒、ミラノ6軒)が和牛料理1〜2品をメニューオンしている。その中の1軒、フィレンツェのレストランKonnubioは、シェフであるベアトリーチェ・セゴ... [続きを読む]

第1回 サロン デュ ショコラ ミラノ

2016年6月20日

フランス パリ発 リヨン、ベルギーそして世界へ。 魅惑・媚薬といった響きが相応しいショコラ(チョコレート)。その歴史は飲み物からはじまり、現在では最新のテクノロジーをも駆使し進化を続ける現代アートともいえよう。そんなチョコレートの大祭典! 日本ではお馴染みの サロン デュ ショコラ がイタリア ミラ... [続きを読む]

Vinnatur 自然派ワイン?ワインと自然?

2016年6月20日

近年イタリアでもBIO! BIO! とあたかも特別なもののようにあちらこちらで目にする時代になったという事は、平たく言えばこの国全体が昔は当たり前だった無農薬、有機栽培の傾向が薄れている象徴のように思えてならない。 そんな中、数あるワインイベントの中でも厳しい審査をクリアした生産者さんだけが参加でき... [続きを読む]

イタリア勢躍進のWold 50 Best Restaurant 2016

2016年6月15日

昨日ニューヨークのチプリアーニ・ウォール・ストリートで行われたWorld 50 Best Restaurant 2016の発表会でモデナの「オステリア・フランチェスカーナ Osteria Francescana」が初の世界第1位に選ばれたことはすでに書いたがイタリア勢に関してさらなる詳細を。今回イタ... [続きを読む]

TASTUMA TUT !?

2016年5月12日

ピエモンテ弁で “味見しようよ。全部!” という意味。 トリノで不定期に行われるイベント。次回については、もちろん未定。興味本位で聞いてみると “ 2、3年に1度よ!” と受付のお姉さん。イベントのプログラムもなし。 今回は会場が変わったこともあり、今年が第1 回と信じる トリノ人もいるほど未開発の... [続きを読む]

新世代ピッツァリアにもミシュランの星を

2016年3月13日

「グルメ・ピッツァ」という言葉を耳にするようになってから数年。イタリアの食の最新トレンドが集まるIdentita Goloseはじめガストロノミー界では新世代ピッツァに注目が集まっている。ピッツァの本場ナポリに対抗するわけではないが、こうしたムーブメントが起きているのは北イタリア、特にヴェネト地方。... [続きを読む]

2016年も続く、ストリートフードブーム

2016年1月12日

イタリアで“流行”と呼べるものなんて少し前まではほとんど存在しなかったと思う。しかし、ここ数年、明らかにブームと言える現象が続いている。パニーノやフリットに代表されるストリートフードの店やイベントが増殖しているのだ。 かつてはトラットリアやリストランテなど、テーブルについて食事をするほかはバールでブ... [続きを読む]

2015年イタリアの食事情を知る5つのキーワード

2015年12月20日

01百花繚乱ストリートフード ローコストがキーワード いまイタリアで巷を賑わしているのはストリートフード。これはパニーノやフリットなど、従来路上で食べられていた伝統的なスナックや軽食にスポットライトがあたり、脇役から主役へと昇華したムーブメントだ。フィレンツェのランプレドットやパレルモのパネッレ、ス... [続きを読む]

年末に贈るパネットーネの“本来の意味”とは。

2015年12月7日

今年もパネットーネの季節がやってきた。ジャーナリストのダヴィデ・パオリーニが先導する“一年中パネットーネ”(Panettone tutto l’anno)なるプロモーションのおかげで、この季節以外にもパネットーネを拝む機会は少しずつ増えてはいるが、それでもやはり、パネットーネは年末の風物詩である。ス... [続きを読む]

最新ピッツァ事情:トップガストロノミー界がピッツァに参入?!

2015年11月18日

パスタと並ぶ“国民食”ピッツァ。しかし、その存在は長いこと軽んじられてきた。美味しいピッツェリアといえば、“本場ナポリ式”かどうかが判断基準の一つであり、ピッツァはどちらかというと味よりも値段、安くてなんぼな代物であることが多く、なんとなくナポリ式なら良し、程度の時代が続いてきたのである。しかし、1... [続きを読む]

MONCALVO発! トリュフ祭り

2015年11月16日

61 回目となる恒例の古き良き伝統を感じるトリュフ祭りがアスティ県はモンカルボ市にて開催された。というのも、INTERNATIONALと掲げた1か月間に及ぶ華麗なトリュフ祭りを開催するアルバとは対極のコマーシャル度ゼロ。その名もNAZIONALE Fiera del Tartufo ! 10月の日曜... [続きを読む]

マッシモ・ボットゥーラが語るイタリア料理の未来型「料理王国2015年12月号」

2015年11月6日

「料理王国2015年12月号」本日発売。巻頭独占インタビューは、ミシュラン3つ星、World’s 50 Best Restaurants世界第2位など数々のタイトルを持つ「オステリア・フランチェスカーナ」シェフ、マッシモ・ボットゥーラ。現代イタリア料理界で頭一つ抜きんでたカリマスの語る言... [続きを読む]

食とファッションの出逢い・・・

2015年10月28日

秋が深まり、食は勿論、おしゃれも楽しみたい! そんな季節がやってきた。と同時期、さすがはモード発信地であるイタリアはミラノにて、“ 食とファッションの世界が出逢ったら・・・”という興味深いイベントが開催された。開催地となったのはミラノのシンボル  ドゥオモ横のリナシェンテ。各階のいたるところで食にま... [続きを読む]

フィナーレ目前!ミラノEXPOに急いで

2015年10月26日

5月1日から5ヶ月というロングランで開催していたミラの万博も、ついに閉幕まであとわずか。 世界各国から出展されたパビリオンのほか、日によってさまざまなイベントが開催されてきました。そんな万博で過ごす一日の出来事は、まさに一期一会。フィナーレを前にもう一度、万博を振り返ってみませんか?最後までミラノか... [続きを読む]

イタリア・メルカート進化論

2015年9月28日

ここのところイタリアの市場の変容が目覚ましい。スペインでは数年前からバルセロナのサン・ジュゼップ、サンタ・カテリーナ両市場、マドリッドのサン・ミゲル市場に見られるように、それまでの生鮮食品を売る屋内市場が、食べて飲めて買える、フードコートへと変貌を遂げ観光的にも商業的にも大成功をおさめてきた。アルタ... [続きを読む]

麦と粉とパンについて、今イタリア人が考えること

2015年9月27日

麦とパン。イタリア人にとっては根源的であり、キリスト教においてパンはキリストの肉体であり、つまり肉体的にそして精神的に生きていく上で必要欠くべからざるものである。ところが、パンそして麦は今、イタリア人に重大な問題をつきつけている。若い世代を中心に広がっているceliachia、グルテンアレルギーだ。... [続きを読む]
1 2 3 4 8
error: