SAPORITA NEWS

Napoli&Campania

カンパーニア・インヴェージョン!! ミシュラン・イタリア2015最新事情3ナポリ

2014年11月7日

単に星の数だけで比較するならば、最多星付きレストランを要するのはミラノでもローマでもなくナポリだ。2015年版では2つ星への昇格1件、1つ星への昇格3件を含む合計4件、さらにRavelloから1つ星を獲得したIla Flauto di Panを含めれば一気に5つも星の数を増やしたことになり、実に20... [続きを読む]

Di Matteo@Napoli

2014年1月20日

ナポリ下町の極地にしてピッツェリア超激戦区、スパッカ・ナポリのトリブナーリ通りに 「ディ・マッテオ」はある。スパッカ・ナポリの多くのピッツェリア同様「ディ・マッテオ」もいわゆるスップリやアランチーノ、さらには揚げピッツァ「ピッツァ・フリッタ」などを売る揚物屋フリッジトリアとして1938年に営業を開始... [続きを読む]

Starita@NAPOLI

2013年11月24日

Starita@NAPOLIのアンジョレッティとピッツァ・ナポレターナSTG(Specialita Tradizionale Garantita=サンマルツァーノ+モッツァレッラ・ディ・ブファラDOP)。ナポリではピッツァもDenominazioneを意識する時代に突入 しております。生地はあくまで... [続きを読む]

ナポリのチョコレートGay-Odin

2012年3月25日

イタリア人はチョコ好きだけれど、一般的な チョコレートのクォリティは、それほど高いとは思えません。しかし、美味しいチョコレートは、ほんとうに美味しい。鼻○が出るのも厭わないくらいに食べ尽くしたい。見た目はそれほど、なんですが、口に入れると、...嘆息もの、というのが、実際に存在します。好みの問題かも... [続きを読む]

ナポリの復活祭菓子Pastiera

2012年2月10日

カンパーニア州の復活祭のお菓子といえば、パスティエラ。麦を粒のまま牛乳で煮てリコッタと合わせ、タルト生地に流し込んだトルタで、オレンジ・フラワーウォーターが独特の香りを醸します。 伝説によれば、ナポリ湾で美しい歌声を聞かせる妖精セイレンに、人々が感謝の印として七つの宝である、粉、リコッタ、たまご、牛... [続きを読む]

ナポリ菓子、Susamielli

2012年2月8日

2月。この時期は、クリスマスの名残から謝肉祭、復活祭先取りのお菓子が勢揃い。ナポリでは、クリスマスのstruffoli、susamielli、sapienze、roccoco’が、今時期のcenci(chiacchiere)やzeppole、復活祭のpastieraと一緒に並んでいます。... [続きを読む]

Rstorante Caruso@Sorrento

2011年5月17日

一昨日からソレントに来ています。5つ星LのGrand Hotel VittoriaのインスペクションからはじまりIntarsio博物館、さらにはレストランを3日間に渡って食べ歩き。昨日の昼はかのエンリコ・カルーゾのささげた「ムゼオ」リストランテ・カルーゾへ。4年ぶりにきてみると以前のやや古びた料理の... [続きを読む]

アマルフィのおもひで

2010年11月13日

今週になってからずーっと雨のフィレンツェでございます。その間日帰りウンブリア強行軍、定例STORY料理撮影、Dolce撮影などをこなした後は、たまった1ケ月分の写真整理とこれまた1ケ月分の原稿書きで気づけば3日ほどひきこもり状態。そぼふる雨の中、ナポリ方面から到着した大事な客人をお迎えにフィレンツェ... [続きを読む]

最近出会ったミュージシャン

2010年10月31日

まずは先日アマルフィのレストラン「バラッカ」で出会ったギター弾きジョヴァンニ。「ヴォラーレ」シブいです。 YouTube: アマルフィのジョヴァンニ.m4v 一方こちらは同じく先日ヴェネツィアの路上で出会ったリュート弾きボカ。そのドラマチックなロケーションもさることながら美しい音色に思わず足をとめる... [続きを読む]

Europeo di Mattozzi@Napoli

2010年10月30日

ナポリに来たらどこに食べに行く?と考える時最初に心に浮かぶのが「エウロペオ・ディ・マットッツィ」。ガンベロ・ロッソのQP、つまりQualita Prezzo「コスト・パフォーマンス度」の針はマイナスに傾いているもののこれはあくまでナポリのトラットリアを基準としたもので、確かに値段少々高めなのは客層を... [続きを読む]

嗚呼、再燃@Napoli

2010年10月27日

まずは、お食事中でしたら、お詫び申し上げます。いやはや、もう、すごい有様でした、久しぶりのナポリ。スパッカナポリのカオスが観光化とともに随分改善されたというのに、またしてもゴミ問題、再燃。前回は遠くからTV観戦していただけだったのですが、今回はこれに”におい”という脳を直撃する刺激を受けて悶絶。その... [続きを読む]

アマルフィのジョヴァンニ

2010年10月26日

高台の町ラヴェッロに続いて向かったのが、アマルフィ海岸のハイライト、アマルフィ。かつて海洋共和国として栄えた面影は今やドゥオモ周辺にわずかに残るのみですが、迷路のような旧市街の裏路地を歩けばツーリストも皆無でそこはかとなく残る古いかほりがやけに切なかったりします。 3日間のアマルフィ滞在中、なんだか... [続きを読む]

Mozzarella in Carrozzaの逆襲

2010年10月25日

昨年末のダイヤ改訂で、イタリア超高速鉄道EuroStarEVに乗ればフィレンツェから3時間で着くようになったナポリ中央駅です。5月以来久しぶりに駅に降り立ってみると駅構内は工事中だった前回よりもさらに明るく奇麗になっていてびっくり。いつものMaggioreでレンタカーを予約したところ、ES AVが到... [続きを読む]

Lo Scoglio@Marina del Cantone(NA)

2010年10月22日

写真はコスタ・ズメラルダでもモルディブ(行ったことありませんが)でもなく、ソレント近郊某所。実は17日からアマルフィ方面に来ております。ラヴェッロ→アマルフィ→ポジターノ→フローレなどとせわしなく移動しては土地の料理をむさぼり食う、という日々の繰り返し。その間出会った料理や忘れられない人々はいろいろ... [続きを読む]

イタリアワインを100倍売る法

2008年4月22日

日本におけるワイン消費の形態と傾向は、ヨーロッパのワイン産地にとっては”非ワイン文化圏”におけるマーケティング戦略に興味深いヒントを与えるようだ。まず、”非ワイン文化”国ニッポンでの一人当たりの平均年間ワイン消費量は2.2リットル、ところが首都圏でのそれは5リットルを超え、全国の年間消費総量のおよそ... [続きを読む]

Pizzeria@Napoli

2007年3月7日

ナポリ滞在二日目、今回のテーマは老舗のピッツェリア巡り。Ciro a Santa Brigida, Di Matteo, Il Pizzaiuolo del Presidente, Da Michele, Trianon, Europeoなどなど。Ciroはちょっと時代遅れだけれどオーナーの紳士が好... [続きを読む]

Radici@NAPOLI

2007年3月2日

Riviera della Chiaiaにあるナポリにしては鄙にはまれなスタイリッシュな店。スタッ フはみなオネエ系らしい。集う人々もきちんとした服装。Crudita del Mare、 すなわちマグロ、スズキ、ガンベリを生で。鮮度は確かだがインパクトはない。トマトとカサゴのスキアッフォーニ(パッケ... [続きを読む]

Quattro Passi@MASSA RUBRENSE(NA)

2007年3月2日

Don Alfonso、Taverna del Capitanoとこの周辺には南イタリアを代表する名店が並ぶ が、ここもそのひとつ。ミシュラン★にてガンベロ・ロッソは2フォーク81点。素晴ら しい地下のカンティーナで錚々たるワインに囲まれながらのアペリティーヴォ。酒 はFeudi San Grego... [続きを読む]

Ristorante Caruso@SORRENTO

2007年3月1日

ナポリが生んだ偉大なテノール、エンリコ・カルーゾを愛するオーナーが情熱と時間 をかけて作り上げた「美術館」レストラン。スカンピ・アル・ヴァポーレ、アンコウ とトマトのパッケリ@グラニャーノ、ともに新鮮、南ならではの味わい。ガス火のグリ ルで焼いたセコンドの牛タリアータは失望。トスカーナを離れて南へ行... [続きを読む]

Da Filippo@SORRENTO

2007年3月1日

現在冬期休業中のところ、リモンチェッロの作り手サルヴァトーレに連れてってもら い、オーナーのエンツォに自家製の白葡萄酒、スカモルツァ、プローヴォラ、サラミ、 ラルド、唐辛子のオイル漬け、パンをごちそうになる。農家の保存食の豊かな食卓。 MASA [続きを読む]

Tasso@SORRENTO

2007年2月28日

ソレントの中心、タッソ広場にあるリストランテ。入り口は狭いが中は意外と広い。インサラータ・ミスタとホウボウのアックア・パッツァ。ワインはFeudi di San GregorioのPietracalda2004。これはフィノッキオ・セルヴァティコの香り(らしい)のあるFiano d’Av... [続きを読む]

Da Emilia@SORRENTO

2007年2月28日

ナポリの南、ソレントに来ています。本日昼に訪れたのはソレント近郊にある小さな漁師の集落ボルゴ・ディ・ペスカトーリ。そこにある家族経営の小さなトラットリア。前菜はトレッチャ、つまりモッツァレッラ。乳酸発酵が進み、酸味が増し、固くなったモッツァレッラは3日前のものと推察。スパゲッティ・ヴォンゴレ・マッキ... [続きを読む]

Spaghetti alle vongole

2006年5月15日

イスキアから戻って二日目にして恋しいもの、それはスパゲティ。フィレンツェではBuca dell’OrafoもGargaもそれに習って我が家もスパは細めのスパゲッティーニだけれど、ナポリ周辺は断然スパゲティ、それもちょい太めな気がする。そして、その歯ごたえの素晴らしさ、もちっとした腰の強さ... [続きを読む]

Ischia

2006年5月14日

島の旅第二弾、ナポリ沖イスキア島より帰還。今回は島一つだから期間は短くてすむし、絵面もそれほど変化はないだろうと高を括っていたら、さにあらず。イスキアははっきりとナポリ文化圏で、ということは、ナポリ特有のテンションの高さが島を覆っている。エオリエにはない、オクターブ高い感じ、あるいはいつもベルカント... [続きを読む]

Grand Hotel Vesuvio@Napoli

2005年8月24日

7月末に3年ぶりに泊まったナポリの5つ星グランド・ホテル・ヴェスヴィオ。 幸いにもオーシャンビューのテラス付きの部屋をもらったのでしばらくテラスで日焼け。眼下に見えるのは卵城 でサンタルチア通りでは相も変わらずスクーターと車が一団となって信号グランプリ。夜はナポリのモッツレッラをたっぷり使ったカプレ... [続きを読む]
error: