SAPORITA NEWS

Restaurant

ミラノ美食散歩05「チェレシオ・セッテ」(無料公開)

2017年8月9日

エリオ・シローニ、とその名を聞けばピンと来る方も多いのではないか?ミラノの「ホテル・ブルガリ」オープン時にはエグゼクティブ・シェフをつとめ、それ以前にはホテル学校で教えていたことから彼の元で学んだ日本人料理人も多い。90年代以降のイタリア料理史をひもとくならば必ず名前が挙がるのがサルデーニャ出身のシ... [続きを読む]

ミラノ美食散歩04「エルバ・ブルスカ」(無料公開)

2017年8月8日

ミラノ中心部から離れて車で15分、パヴィア方面へと続く運河沿いに立つ一軒家レストラン。裏庭には自家菜園が広がり、葉野菜やハーブなどを育てている。大都会ミラノとはいえ、少し郊外へ出ただけでこのような環境があることは何ともうらやましい限りだ。フランス生まれ、アメリカ育ちの女性シェフ、アリーチェ・デルクー... [続きを読む]

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナの伝説(無料公開)

2017年7月18日

「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」あるいは単に「フィオレンティーナ」と呼ぶこともあるが、これはサッカーチームのことではなく、牛のTボーン・ステーキのことである。「ビステッカ」の名の由来については諸説ふんぷんだが英語の「ビーフステーク」から来たとされている。曰く、メディチ家の時代から8月10日... [続きを読む]

ドルチェ&ジェラート03ピストッキ

2017年7月17日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

ドルチェ&ジェラート02バッレリーニ

2017年7月16日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

フィレンツェ流ワインの楽しみ方03プロカッチ

2017年7月14日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

フィレンツェ流ワインの楽しみ方02サントベヴィトーレ

2017年7月13日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

市場探検、メルカートへGO

2017年7月11日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

こだわりのパニーノ4トリッパイオ

2017年7月11日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

こだわりパニーノ02セメル

2017年7月10日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

こだわりパニーノ02カーサ・デル・ヴィーノ

2017年7月9日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

こだわりパニーノ01イノ

2017年7月8日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

ベストパスタを探せ03ガルガーニ

2017年7月8日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

ベストパスタを探せ02アルマンド

2017年7月7日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

ベスト・パスタを探せ01ブカ・デッロラフォ

2017年7月6日

この記事は定期購読会員(毎月540円)にお申し込みいただけると閲覧可能になります。 閲覧ご希望の方はページ上部のバナーより定期購読のご登録をお願いいたします。 TOP>有料コンテンツ>定期購読のお申し込み 定期購読会員の方はこちらからログインして下さい。 [続きを読む]

料理の永世定番06カッミッロ(無料公開)

2017年7月6日

ポンテ・ヴェッキオからわずかな距離にある「カッミッロ」もまた、激動の時代を生き抜き、フィレンツェ・レストラン史の変遷を見守って来た老舗の一件である。 第二次大戦中に食料品店として創業したものの爆撃を受け、現在の場所に移転したのが1945年。以来60年あまり、店も古ければスタッフも古い。勤続20年など... [続きを読む]

料理の永世定番05カンビ(無料公開)

2017年7月5日

サン・フレディアーノ地区の名物食堂 従兄弟二人が1950年に始めた店は酒屋なのに酒が飲め、つまみもある「フィアスケッテリア」つまり「角打ち」できる酒屋として誕生したのである。 間もなくアルノ川の川砂利収集作業員「レナイオーロ」たちがハードな肉体労働の合間に一杯やりに来る店と化し、にぎわいを見せるよう... [続きを読む]

料理の永世定番04オメロ(無料公開)

2017年7月3日

街中の喧噪を離れ、眺めの良い食卓へ フィレンツェ旧市街からはちょっと離れた小高い丘の上にある眺めの良いレストラン。歩いても行けないことはないがやや遠いのでタクシーに乗るのが無難。たいていは住所をいわなくても「リストランテ・オメロ!!」で通じるはず。 ローマ門から街の南へ出てポッジョ・インペリアーレか... [続きを読む]

料理の永世定番03ソスタンツァ(無料公開)

2017年7月2日

創業1869年、長年変わらぬ定番メニュー 店名の意味は「本質、栄養物」。本当の食堂とはこうあるべし、という哲学がその名にこめられたトラットリアである。 かつては作業服風制服姿の超ベテラン、彫りが深くワシ鼻のコワモテ・カメリエーレたちが幅をきかせ、一見さんには敷居が高い店、というイメージがあったが代が... [続きを読む]

料理の永世定番02ゴッツィ(無料公開)

2017年7月1日

市場脇、昼のみ営業のトラットリア サン・ロレンツォ中央市場近くに革製品や土産物などを売る屋台が無数に並ぶ一角があるが、ここを足早に通り過ぎてはいけない。屋台裏にひっそりとたたずみ、昼のみ開店という昔風トラットリアの営業スタイルを守る「ゴッツィ」があるからだ。 酒屋兼居酒屋「メッシタ」として1700年... [続きを読む]

2017年「ダイナースクラブ イタリアンレストランウイーク」会員先行予約まもなく開始

2017年6月26日

2017年7月15日から16日間に渡って開催される「ダイナースクラブ イタリアンレストランウイーク」の会員先行予約が6月29日15時から始まります。(一般予約は7月6日から)これはダイナースクラブ会員だけの特典で、一般予約に先駆けて人気店の予約が可能な他、ウェルカムドリンク1杯のサービス、会員限定特... [続きを読む]

2017年「ダイナースクラブ イタリアンレストランウイーク」参加レストラン募集

2017年4月29日

毎年恒例、第5回目を迎える「ダイナースクラブ イタリアンレストランウイーク」が今年も7月に開催されます。これは日本各地の参加レストランが普段とは違う特別メニューを提供し、より多くの方にイタリア料理の魅力を知ってもらうことを主眼としたプロモーションで、日伊国交樹立150周年だった昨年のテーマは「祝いの... [続きを読む]

ハインツ・ベック@大手町の実力

2017年4月20日

ローマのHotel Cavalieri (旧Cavalieri Hilton)内にあるレストランLa Pergolaのシェフ、ハインツ・ベック Heinz beckは史上初めてローマにミシュラン3つ星をもたらした、これまた史上初めての男性外国人(非イタリア人)シェフである。現在はローマの他ドバイやポ... [続きを読む]

マッシモ・ボットゥーラの料理1 Verde su marrone su nero

2017年4月11日

マッシモ・ボットゥーラの料理の世界に大きな影響を与えた人物を5人あげるとするとこんな顔ぶれになるだろう。まずはボットゥーラが若い頃師事したピアチェンツァの「Antica Osteria del Teatro」のシェフだったフランス人ジョルジェ・コーニー、Louis XVのアラン・デュカス、El Bu... [続きを読む]

マッシモ・ボットゥーラの48時間その2

2017年4月6日

World 50 Best世界一に輝くイタリア・モデナの「オステリア・フランチェスカーナ」シェフ、マッシモ・ボットゥーラが来日。1日限定のスペシャルな料理セミナーが開催された。その迫力あるトークとデモンストレーションは日本中からこの日のために集まった料理関係者を熱狂させた。 去る3月21日、代々木の... [続きを読む]

マッシモ・ボットゥーラの48時間その1

2017年3月22日

2017年3月20日羽田空港国際線ターミナル到着ロビー。多くの乗客に混じってあらわれたのは世界一のレストラン「オステリア・フランチェスカーナ」シェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。今回の来日は「イタリア・サルーミ普及促進協会」Istituo di Valorizzazzione dei Salumi I... [続きを読む]

再録、2015年6月マッシモ・ボットゥーラ・インタビュー

2017年3月15日

モデナにあるオステリア・フランチェスカーナのシェフ、マッシモ・ボットゥーラは現在のイタリアにおける最高の料理人である。ミシュラン3つ星はじめそのタイトルは数多く、2016年版のエスプレッソ誌では史上初の20点満点に輝き、残されたタイトルは現在世界2位であるWorld’s Best 50 Restau... [続きを読む]

San Pellegrino Young Chef Contest 2016その3〜マッシモ・ボットゥーラのガラ・ディナー

2017年2月3日

大会最終日の10月15日、選手、メンター、審査員、ジャーナリスト、関係者、全員揃っての華やかなガラ・ディナーが行われたその主役はミシュラン3つ星、World 50 Best世界1位など、ありとあらゆるタイトルを独占しているイタリア最高の料理人、マッシモ・ボットゥーラだ。会場にあらわれたボットゥーラは... [続きを読む]

San Pellegrino Young Chef Contest 2016その2〜スターシェフの群像

2017年2月3日

優勝ミッチ・リーンハード(アメリカ代表) 会場のキッチンにシュワルツァネッガーの写真を貼って調理するなど、型破りなスタイルで登場したミッチ・リーンハードは「Roasted Duck with Spiced Orange&Yam」で優勝。メンターのドミニク・クレンと息のあったコンビだった。 安... [続きを読む]
1 2 3 27
error: