SAPORITA NEWS

Toscana

Dario Cecchini@Panzano

2008年8月10日

久しぶりのPanzano in Chianti。週末の午後なんていつも激混みの肉屋Dario Cecchini、覗いてみたら誰もない。ダリオ一人と店員の女の子一人が作業に勤しむのみ。イタリア人はみんな海行っちゃってるしなぁ、ユーロ高でアメリカ人は減ってるし、ダリオのお高い肉は倹約ヨーロッパ人には手が... [続きを読む]

Banfi帝国訪問

2008年7月27日

昨年春にオープンしたCastello Banfiのアコモデーションへ。モンタルチーノの最南端で2830haという広大な敷地を誇るBanfi帝国、久々の訪問だったが、帝国は着実に拡充していた。 緑を基調とし周囲の環境を慮った外観のカンティーナ、エントランスは綺麗に整えられた花と緑の庭が飾る。novit... [続きを読む]

師弟対決

2008年7月26日

Cortona近郊の田園の宿Villa Petrischio。レストランの眺めがいいらしいという、それだけの情報で訪問。確かに眺めは大変よろしい。 レストランはプールに併設。仕事じゃなかったら水着に着替えたのに...。 シェフのFabrizio Peruzzi君は真面目でもの静か。撮影したカワカマス... [続きを読む]

olio di oliva、そしてGiorgio

2008年2月17日

昨年は出張続きでオリーブオイルの消費量が激減、買ったりいただいたりしたオイルのストックがたまりにたまっていたけれど、年明けから一気に消費して、ようやく補充しなきゃな状態に持ち込めた。本当は、料理研究家の有元葉子さん御用達のウンブリア産Marfugaが欲しいけれど、フィレンツェではそうそう見つからない... [続きを読む]

Frescobaldi@Montalcino

2007年9月5日

ワイナリーは美味しい。さらに言うならば美味しいワインを作っているところは美味しいものを知っている。出かけていったワイナリーで「うぅむ、うまい!」とうなったこと数知れず。でも、そういうワイナリーは一般向けにレストランとかをやっているわけではなくて、それがまたその美味しさに拍車をかける。いつでも食べられ... [続きを読む]

Bulichella農園

2007年8月30日

取材で、南トスカーナはマレンマ地方にあるブリケッラ農園へ。日本人オーナー宮川秀之氏が経営するアグリツーリズモ&ワイナリーである。 昼はTonno crudo,Gamberi crudi,Spaghetti alla vongole夜はBulichellaにてInsalata di Zuccchini... [続きを読む]

ダリオの新たなるプロジェクト

2007年4月29日

フィレンツェを本拠とするイタリア旅行のよろず屋Perbaccoさんにコーディネートしてもらってキャンティへ。パンツァーノ・イン・キャンティの小規模大真面目ワイナリーRenzo Marinaiに案内してもらう。抜栓したては固く、直にふっと力が抜けて気持ちのいい香りと酸が横溢するChianti Clas... [続きを読む]

Pasquettaの食卓

2007年4月9日

本日はパスクエッタ。昨日の復活祭の振替休日のようなものですな。で、昨日に続いて午餐はサルデーニャのコッツァ一家におともしてトスカーナの田舎、ボルゴ・サン・ロレンツォへ。田舎家を改装したトゥーリオ宅の中庭でサルデーニャ産オリーヴでスプマンテ。面子はエリオ、マルツィア、サルド友達ライモンド。以上男3人は... [続きを読む]

La Torre@Montecatini Alto

2006年9月29日

Montecatini Altoの広場にあるのはテラス付きのカフェ&レストランが4、5件。とてもツーリスティックな場所だが空気はすっかりシーズンオフ。それでも朝から老人系が茶してる。そのうちの1件へ。トスカーナのクラシックな料理、というか料理の範疇には入らないかもしれないものにフェットゥンタというの... [続きを読む]

本日の収穫ワイン@Chianti

2006年9月28日

本日もトスカーナ・ドサ回り。収穫は以下の通り計10本。 C.C.Vignamaggio 2004×2 C.C.600 2004×2C.C.Monnalisa 2001×2@Vignamaggio Cignale 2001Il Sole di Alessandro 2004C.C.Castello d... [続きを読む]

Osteria Piazza@Piazza in Chianti

2006年9月27日

No Picture
昨日とは一転、天気は快晴。サンジミニャーノの後、再びキャンティにて数年ぶりのオステリア・ピアッツァに。経営が変わっていたもののコックのティツィアーノは変わらず、相変わらず満員状態。サービスもフレンドリー、しかしなんとなく空気が変わったのは、やはり新経営者が持っている空気のせい。レストランとホテルは経... [続きを読む]

大平邸@Montespertoli

2006年5月21日

日曜の夜、フィレンツェ郊外モンテスペルトリの丘の上の一軒家にお暮らしになる大平女史のお宅にお呼ばれになる。総勢男4名、女4名、乳児1名。ガルガのシェフ、エリオ・コッツァによるプリモはカルチョーフィとボッタルガのスパ。次いで大平女史のアリスタ・アル・フォルノ+パターテ・アル・フォルノ、インサラータ。ド... [続きを読む]

Nerbone@Firenze

2006年5月13日

約2週間ぶりのネルボーネ。昼前に通りがかると行列はわずか2、3人。これはチャンス、と即パニーノ・コン・レッソ(2.30ユーロ)注文。オプションは 「バニャート、サーレ、ペペ、サルサ・ヴェルデ」すなわち「つゆだく、塩、胡椒、サルサ・ヴェルデ(プレッツェーモロ、人参、タマネギなど)」いつもの味で、エルバ... [続きを読む]

Cantine Aperte 2006

2006年5月12日

来たる5月28日(日)イタリア全土、合計1000のワイナリーで恒例のFree visit & Free tasting、第14回Cantine Aperteが行われます。主導するのは「ワイン・ツーリズモ・ムーヴメント協会」会長のキアラ・ルンガロッティ。ワイナリーの秘密の扉が開く年に一度の貴重... [続きを読む]

エルバ島

2006年5月11日

昨夜遅くエルバ島から帰ってきました。 リヴォルノ沖に浮かぶこの島は 美しい海と感動的な植生、 さらに素晴らしい料理とワインを生み出す 素晴らしい島です。 食べて飲んで、出会いに満ちた10日間。 というわけでこれからさかのぼってメモ代わりに UPしはじめます。   [続きを読む]

Publius@Poggio(ELBA)

2006年5月9日

Polenta e crema di tartufo, Sformato di Robbiola con erbe aromatiche, Tortino di ceci e Lardo di Colonnata, Crostini di funghi e pate di fegato, Gnocc... [続きを読む]

La Strega@Rio Marina(ELBA)

2006年5月8日

Misto di carpacci(tonno,spada,polpo=11.00euro)、Polpo caldo(9.00euro)、Vellutata di zucchine piccante con gamberetti(9.00euro)、Risotto al nero di seppia... [続きを読む]
1 2 3
error: