SAPORITA NEWS

Travel

カラマレッティと魚卵のパスタ「アンティカ・マリーナ」の衝撃

2016年2月21日

シチリア最強の、という代名詞を聞くと必ず思い出されるのが、カターニアのペスケリア市場内にある魚介トラットリア「アンティカ・マリーナ」だ。 2002年に初めて訪れてその豪快な料理の数々に衝撃を受けて以来、カターニアを旅する時唯一無二の目的となっている。近年は日本でその料理を目に、口にする機会もあるが、... [続きを読む]

カターニア、ペスケリア市場の現在

2015年5月31日

カターニアのドゥオモ周辺に広がる現役バリバリの市場がペスケリア市場だ。野菜や肉、八百屋もあるがあくまで花形は広場一杯、道一杯にせり出した魚介類を売る屋台。「シチリア美食の王国へ」ではじめてこの市場を訪れた2002年には、市場にみなぎる圧倒的な生と死のエネルギー、混乱と猥雑、騒音と興奮で頭がくらくらし... [続きを読む]

San Domenico Palace@Taormina

2015年5月25日

シチリアに快適なホテル数あれど、タオルミーナのサン・ドメニコ・パレスを超えるホテルはいまだに現れない。1400年代のドメニコ会修道院を改装したホテルはタオルミーナ旧市街からすぐの場所にありながらも完璧な静寂とプライベートが保てる場所。映画「グラン・ブルー」でも登場した吹き抜けの回廊は現在ガラス張りと... [続きを読む]

タオルミーナの魚介食堂イル・バルカイオーロ Il Barcaiolo@Taormina

2015年5月21日

タオルミーナの海岸沿いにマッザロという小さなビーチがある。ここにはヴィッラ・サンタンドレアとマッザロ・シー・パラスというふたつの豪華ホテルがあるが、そのホテルにステイするゲストが足しげく通うのは高級リストランテではなく、実は同じマッザロのビーチにある知る人ぞ知る小さなリストランテ「イル・バルカイオー... [続きを読む]

シチリアの食を堪能するAntica Marina@CATANIA

2015年5月20日

2003年1月、「シチリア美食の王国へ」の取材で初めて訪れて以来、カターニアに来るたびに幾度となく訪れてはその豊饒なシチリアの海の幸に驚かされて来たのが、ペスケリア市場にあるトラットリア・アンティカ・マリーナだ。なんといってもアンティカ・マリーナ最大の魅力は、その厨房が東シチリアで最も活発な市場に直... [続きを読む]

フィレンツェ、ナターレ、深夜0時

2014年12月26日

暖冬の2014年12月24日23時過ぎ、人気の途絶えたチェントロ・ストリコを抜けて、ドゥオモ広場に向かうとそこだけ周囲とは隔絶されて黒山のひとだかり。ドゥオモ前に設置されているのはフィレンツェ近郊、テラコッタで有名なインプルネータ産のプレゼピオですが、クリスマス・イブの夜、赤子のキリスト像、ジェズ・... [続きを読む]

Cafe Mulassano@TORINO

2014年11月18日

トリノの老舗カフェ、というと真っ先に名前が浮かぶ店がいくつかある。「カフェ・トリノ」「カフェ・サン・カルロ」「カフェ・ビチェリン」「バラッティ・エ・ミラノ」「プラッティ」そしてこの「カフェ・ムラッサーノ」。上記6件の老舗カフェの中でも最も規模は小さく間口はわずか2間あるかどうか。とはいえ流れる空気は... [続きを読む]

Firenze秋の風景〜ピッティ&サント・スピリト地区

2014年11月2日

アルノ川左岸地区、オルトラルノ地区でもひときわ目立つ巨大な建物がピッティ宮。内部にはパラティーナ美術館、近代美術館、銀器博物館、陶磁器博物館など7つの美術館・博物館が入っており、料理好き、器好きならこのコレクションは見逃せない。ピッティ宮の中庭にはカフェもあるし、ショップではミージアムアイテムである... [続きを読む]

あらたな3つ星誕生か?「Michelin Italia 2015」間もなく発表

2014年10月28日

ミシュランのイタリア・レストランガイド「Guida Michelin ITALIA 2015」が2014年11月4日、ミラノで発表されるが、現在イタリアのフード・ジャーナリストたちの間でまことしやかに、いや、いわば既成事実的にささやかれているのが新たなる3つ星レストランの誕生。ここ数年イタリアのレス... [続きを読む]

イタリアの絶景5 ポルトヴェーネレ

2014年8月6日

トスカーナ州とリグーリア州の州境にある港町ラ・スペツィアからちょっと足を伸ばすと、さらに小さな漁師町ポルトヴェーネレがある。12世紀にこの地を獲得したジェノヴァ人が橋頭堡して築いた町で、かつての名残をとどめたその姿は、ポルトフィーノやチンクエテッレなど、この地方を愛した詩人バイロンがたいそう気に入っ... [続きを読む]

イタリアの絶景4 マラテアのキリスト像

2014年8月5日

イタリア半島の地図を見ると分かるが、南イタリアバジリカータ州はほんのわずか10kmあまりの海岸線がティレニア海に面している。ある冬のこと、料理人チームと4人で車に乗り込み、ローマを発って一路陸路でシチリアへ行こうと旅をしたことがある。途中の宿は気分任せ、成り行き任せ。ローマを出てナポリを過ぎ、延々と... [続きを読む]

イタリアの絶景3 テルモリのビーチ

2014年8月3日

マルケやラツィオと接した中部イタリアにあるモリーゼ州は、ほんの数十キロながらアドリア海に面した海岸が広がっています。プーリアから高速道路アウトストラーダを走って北上する途中、ふと立ち寄った海岸の町テルモリは海水浴客でにぎわう庶民的だけれでもきちんと環境が整備された美しいビーチでした。ズッパ・ディ・ペ... [続きを読む]

イタリアの絶景2 パンテッレリア島の「象のアーチ」

2014年8月2日

シチリアのさらに南に浮かぶパンテッレリア島の絶景、L’Arco dell’Elefante(象のアーチ)。象の鼻のように見える奇石は島の北海岸にあります。パンテッレリア島の名物はズィビッボとカッペリですが、風が非常に強い島なので、風の影響を受けないようとても低く育てるのが特徴... [続きを読む]

イタリアの絶景1 マテーラ

2014年8月2日

カラブリア州マテーラの旧市街「サッシ」はかつて「イタリアの恥部」と呼ばれた暗い記憶を持つ街。先史時代には横穴式住居に先住民が住みつき、第二次大戦後は絶望的な荒廃と貧困が渦を巻いていたがユネスコ世界遺産登録を期にイメージを一新。サッシ観光に訪れる旅行者も多くなった。それでも初めてマテーラを訪れた199... [続きを読む]

ヴェネトの春は「バッサーノ産白アスパラD.O.P.」

2014年5月14日

長さ18-22cm、直径11㎜以上。完璧な白色を持ち真直、そしてキュッと閉じた穂先。春の味覚の王様ともいえるD.O.P認定のバッサーノ産白アスパラの基本的な条件。 春を告げる産物であるアスパラは、ヴェネト州内いくつかに産地が点在するが、「バッサーノ産白アスパラD.O.P.(アスパーラゴ・ビアンコ・デ... [続きを読む]

Relais Casamassima@ Perugia, Umbria

2014年1月20日

トスカーナの南に接し、ラツィオとマルケに囲まれた海のない州ウンブリア。 苦し紛れかなのかもしれないが、自らを“緑のハート”と称 し、海はないが緑は豊かであることを歌っている。 しかし、いかんせんトスカーナの存在感が断然大きく、今ひとつ観光地としての知名度は低い。交通の便もさ ほどよくないので(電車や... [続きを読む]

一泊10ユーロ以下で泊まれる?!@Firenze

2011年1月12日

食べ歩き修業を志す人に朗報。フィレンツェで一泊10ユーロ以下という格安ホテル建設プロジェクトが動き出そうとしています。ローマやミラノ、フィレンツェといった主だった鉄道駅を経営するGrandi Stazioni株式会社がフィレンツェ市長からほぼOKをとりつけ、7月までに正式なゴーサインが出れば計画を実... [続きを読む]

電車でWi-Fi

2011年1月5日

さきほどTrenitaliaから来た情報によればこのたびTelecom ITALIAとのコラボで、EurostarAV、Frecciarossaの車内ではPCなどからのWi-Fi使用のネット接続が可能になったそうです。今までミラノ〜フィレンツェ間、あるいはローマ間の移動中はひたすら爆睡するかデジカメ... [続きを読む]

Veneto地方は大雨です

2010年11月8日

北イタリアではこのところ雨が降り続いています。ダル・ペスカトーレのあるマントヴァ周辺でも先週は堤防決壊などかなりの被害がありましたが、ヴェネト州パドヴァ、ヴィチェンツァ周辺はかなり深刻で今朝のニュースでは10億ユーロの被害だそうです。かの地へおでかけの方はお気をつけて。今週前半もイタリアは全国的に雨... [続きを読む]

ミラノ通勤取材

2010年9月6日

ユーロスターがフレッチャロッサ&フレッチャアルジェントとなって、ミラノへもヴェネツィアへも2時間で行けるようになり、日帰り出張がしっかり可能となりました。喜んでいいんだか悪いんだか...。しかし、8月、ヴェネツィアは観光地ですから結構店も開いているのですが、ミラノはほぼ全滅。9月に入ってもまだ閉めた... [続きを読む]

インスブルックで見たもの

2010年8月23日

東京のホテルで、中国で国賓をもてなす彼の地の料理人を招き、東京に観光でやってくる中国人旅行者に”宮廷料理”を提供するサービスを開始すると喧伝していました。一方で日本政府は中国に日本の観光業者が参入できるよう要請しているそうですが、果たしてどこまで理解してそのような要求をしているのでしょうか。 基本的... [続きを読む]

ウインナー・シュニッツェル考

2010年8月12日

オーストリアの名物料理は何か?と問われて、パラチンケン、バウエルン・プファンドル、あるいはフィアカー・グーラッシュなどど答えたら相当な変わり者で、大抵は十中八九「ウインナー・シュニッツェル」と答えるでありましょう。このウインナー・シュニッツェルとはご説明するまでもなく子牛のカツレツのこと。よくミラノ... [続きを読む]

ノルトケッテ連峰制覇

2010年8月11日

一昨日よりオーストリアはチロル地方の中心地インスブルックに来ております。フィレンツェを朝早く出て500km爆走。途中トレンティーノ・アルト・アディジェ地方のブレッサノーネでランチ休憩をはさみ、夕方早い時間にはブレンネロ峠&オーストリア国境を越え、インスブルック近郊の山の中にある宿へ到着。荷解きも早々... [続きを読む]

チステルニーノの午餐

2010年7月27日

ちょいと時間は遡りまして、6月末にプーリアを訪れた時の話。といいますのもまだまだ書いてない話が沢山ありまして。 こちらは6月末に訪れたプーリアの小さな町、チステルニーノ。イタリアで最も美しいボルゴ(小村)のひとつ、といわれています。人々は穏やかで町は例によってどこもかしこも真っ白。住民のたゆまぬ努力... [続きを読む]

Bio Masseria Lama di Luna@Andria

2010年7月14日

マッセリアというのは南イタリア、プーリア州に多く見られる建築形態で、大規模農園の母屋的存在兼オーナーあるいは管理人の住居兼小作人や家畜の住居も兼ねた重厚な石造りの建造物。つねにアラブ系侵略者の脅威にさらされていたことからいつしか要塞も兼ねるようになった、とは以前にバーリ南方セヴェッレートリの5つ星巨... [続きを読む]

オストゥーニの銀婚式

2010年7月8日

約10年ぶりに訪れたオストゥーニは街全体を石灰で塗り固めたような(実際そうなのですが)白い町。このあたりはマルティーナ・フランカ、ロコロトンド、チステルニーナと小さくて可愛い町が多く、ぷらぷら写真撮りながら歩くには最適な地方ですが車は必須です。旧市街入り口にある骨董屋にぶらりと入り、古い器などの生活... [続きを読む]

バーリ旧市街

2010年7月6日

昨年末に引き続き、半年ぶりに訪れたプーリア州都バーリの旧市街バーリ・ヴェッキア。初めて来た時は男三人で片寄せ合いつつびくびくしながら歩いたものですが、数年ぶりに訪れてみると奇麗に修復されて危ない空気はみじんも感じられず。とはいえ狭い裏道をびゅんびゅん飛ばす2人乗りのスクーターにはひやりとさせられるこ... [続きを読む]

Gino e Pina@Benevento

2010年6月29日

フィレンツェを出てからアウトストラーダA1号線「太陽道路」ことアウトストラーダ・デル・ソーレをぶっ飛ばし、プーリアへの旅の休憩を兼ねてカンパーニア州はベネヴェントへ立ち寄る。昼食は大学通りにある「ジーノ・エ・ピーナ」で店に入ると「韓国の方ですか?」とカメリエーレ。中国人か?というのはよく聞かれるが韓... [続きを読む]
1 2 3 6
error: