SAPORITA NEWS

Venezia&Veneto

Veneziaのパスタと乳化現象

2006年11月23日

Veneziaのオステリアではおしなべて全般的にパスタがオイリーな感じがするのは私だけでしょうか?茹で時間ちょうどに茹であげたスパゲッティをフライパンにうつし、オイルをどぼどぼ(想像)。そのまま1分、時に2分、3分ほど加熱して出すから麵は茹で過ぎ、熱々でオイリーなパスタのできあがり。違和感を覚えて食... [続きを読む]

Fortunity Terrace/Hotel Cipriani@Venezia

2006年8月4日

再びチプリアーニのFortunity Terraceへ。ちなみのこのレストランではこのようなものが食べられる。 AntipastiIl Buffet degli Antipasti Cipriani 50.00 euroInsalata Caprese 26.00 euroCarpaccio con... [続きを読む]

Enoteca San Marco@Venezia

2006年8月3日

チプリアーニのカジュアル・ダイニングCIP’Sが満席なので海を渡ってエノテカ・サン・マルコへ。共同経営者の一人はハリーズバー出身だという。モッツァレッラ&トマト。前回と同じく新鮮かつフレッシュなモッツァレッラ。次いでカレ・ディ・アニェッロ。可もなく不可もなく。付け合わせのジャガイモのジュ... [続きを読む]

Harry’s BAR@Venezia

2006年8月3日

●年ぶりのハリーズ・バー。店の入り口に飾られた「ハリーズバー物語」はかつて私がドットーレ・アリーゴにプレゼントしたもの、か?。例によってベッリーニ。作り手はマエストロ・クラウディオ。揚げたてのメンチ・コロッケをつまみに。そして2階にてランチだが私たちが一番客。 食卓を囲むのはA女史、ヴェネツィア在住... [続きを読む]

Fortunity Restaurant/Hotel Cipriani@Venezia

2006年8月2日

8才未満の子供お断り、男性はジャケット、ネクタイ着用のメインダイニングFortunity Restaurant。間違いなくイタリアで最も格が高いレストランのひとつ。客層は年齢層も所得も高く、サービスもベテラン揃い。子供は来てはいけない、度胸と度量を要求される店。席へ案内するもの、水を聞くもの、食前酒... [続きを読む]

Fortunuty Terrace/Hotel Cipriani@Venezia

2006年8月2日

ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅前のヴァポレット乗り場は観光客であふれ帰り、サンマルコまで3本ヴァポレットを待つと言う史上初の体験。ようやくたどりついたホテル・チプリアーニはこうしたカオスを経験してこそその静寂さがひしひしとありがたく感じる。ヴェネツィアでは静寂と安らぎは金銭と引き換えに手にすることが... [続きを読む]

Antiche Carampane@Venezia

2006年6月7日

1月に次ぐ再訪で、今やヴェネツィア最大の楽しみとなっている大人の珠玉の店。満員の夜、プロセッコを飲み終えてワインを注文したいのに誰も来てくれなかったところ、隣に座ったカリフォルニアの老夫婦がVie de Romansのシャルドネを一杯注いでくれた。きちんとしたみなりの食通、風。こうしたお気持ちは有り... [続きを読む]

Vecio Fritolin@Venezia

2006年6月7日

マダム・イリーナの店。昼からビジラン風のイタリア人が数組、表には昔の記事がやたらべたべたはってあるのにツーリスト・ゼロ。中にはパオロ・マルキのレビューもあるのだけれど、こういうのはやっぱり興ざめ。 グラスワインはトカイ・フリウラーノのみ。シャコ、イワシのインサオール、白ポレンタなどの前菜のあと、ポモ... [続きを読む]

Diavolo e Acqua Santa@Venezia

2006年6月7日

ペスケリア市場を堪能した後の朝食は「悪魔と聖水」で。朝10時30分、この時間に来るのは始めてだけれど、店内にはすでに朝方の紳士が10人ほど。テーブルでのカラフ(大)の赤ワイン注ぎつ注がれつの年金組、立ち飲み立ち食いの年金組。どうみても客の中では私が最年少。 プロセッコ、次いでバッカラとイワシの詰めも... [続きを読む]

Do Mori@Venezia

2006年6月6日

朝早くペスケリア市場を見た後、 朝食をド・モーリでとるのはヴェネツィアの旅の大いなる喜びである。 プロセッコと揚げたてのポルペッティーナ・ディ・カルネ。いつものきつめの塩味。さらに一口サイズの黒パンのサンドイッチ「フランコボッロ」具はポルケッタとラディッキオ。両側の扉が開け放たれた今日のような朝はや... [続きを読む]

Alla Vedova@Venezia

2006年6月6日

陽もようやくとっぷりとくれた21時過ぎ、ヴェネツィアはカ・ドーロ周辺の夜はこれからはじまる。足が向くのはやはりアッラ・ヴェドーヴァ。例によってカウンター周辺には地元、観光客、外人含め約20人。こぶりなグラスのプロセッコを2杯、さらに白のオンブラを1杯、ミレッラからもらい、さらにミートコロッケ、といっ... [続きを読む]

Alla Vedova@Venezia

2006年6月5日

4ケ月ぶりのアッラ・ヴェドーヴァことトラットリア・カ・ドーロで席に着く。プロセッコ飲みつつチケーティはおまかせでなくわがままス・ミズーラ。シャコ、ピゼッリ(グリーンピース)、茹でアスパラガス&半熟ゆで卵、セッピオリーニ、ラッテ・ディ・セッピエ(スミイカの精巣)、ペペロナータ、サルデ・イン・サオール、... [続きを読む]

Venezia考

2006年6月4日

しばれる雪の日以来4ケ月ぶりのヴェネツィアのペスケリア市場。旬の地中海のマグロはのきなみキロ12ユーロとフィレンツェ・サン・ロレンツォの相場の半額。さらにスミイカ、シャコ、ホタテ、イシモチ、クモガニなどなどどれもきらきらと輝く海の幸が満載。今度こそしばらくキッチン付きのレジデンスに滞在してこうしたア... [続きを読む]

Diavolo e Acqua Santa@Venezia

2006年6月4日

昼下がりのペスケリア周辺となれば必ずのぞく路地がある。あんどんが灯っていれば営業中、「悪魔と聖水」ディアヴォロ・エ・アックア・サンタがある薄暗い路地である。 眼鏡の店主と二言三言言葉を交わしつつプロセッコを頼む。サルデ・イン・サオールとタコとセロリの前菜。次いでカラマリ、ガンベリ、タコ、イカ、小魚な... [続きを読む]

Antiche Carampane@Venezia

2006年1月19日

ド・モーリのルーディに聞いた店、アンティケ・カランパーネへ。そういえばこの店にはまだ来たことがなかった。場所的にもサン・ポロの奥の方にあるし、フリで見つけるのはちと難しい。 黒服のパオラともうひとりのシニョーラ、多分姉妹?店内はクラート、ストゥディアート。リネンも照明も大人のコ−ディネート。いわゆる... [続きを読む]

Diavolo e Acqua Santa@Venezia

2006年1月18日

20時過ぎに訪れるとこれが満席。なので立ち飲みしつつ立ち食いに移る。この店はこういうのも楽しい。で、メニューはテーブル席と全く同じものが15%オフ。プロセッコ飲みつつトマトソースの肉団子、すなわちポルペッティーナ・イン・ウミド。チーズと野菜のポルペッティーナ、次いで白×1+メルロー×2でスミイカの炭... [続きを読む]

Vecio Fritolin@Venezia

2006年1月17日

ド・モーリを出た後近場のディアヴォロ・アックア・サンタもバンコジーロも休みだったので数年ぶりにヴェーチョ・フリトリンへ。ド・モーリで居合わせたヴェネツィア紳士から「経営変わったけど美味しくなったよ」と聞いてたのだ。昔の女性オーナーはエジプトに引っ越し(?)て現在はサドレルにいた人がシェフらしい。じゃ... [続きを読む]

Alla Vedova@Venezia

2006年1月17日

昨夜に続いてアッラ・ヴェドーヴァへ。店主のロレンツォと話す。チケッティ・ミスティ(フォンド・ディ・カルチョーフォ、インサラータ・デル・マーレ、スミイカのゲソ)の後はパスタ2種盛り、イカスミ+ピリ辛スカンピ。知り合いの日本人料理人と会ったのでブラーノのビスコッティ「ブッソラ」つまみにカウンターでグラッ... [続きを読む]

Do Mori@Venezia

2006年1月17日

10:00のド・モーリにてまずは朝の一杯。プロセッコとポルペッティーネ。 夕方にはN氏と合流してド・モーリへ。微発泡の赤、ポルペッティーナ、フリッタータ、ペコリーノ。途中からN氏の友人料理人もウデ [続きを読む]

Poste Vecie@Venezia

2006年1月16日

朝8時にフィレンツェを出て昼飯時にはヴェネツィアに。で、訪れたのはペスケリア市場脇にある老舗ポステ・ヴェーチェ。ヴェネツィア湾の小エビ、スキエ+オイルたっぷりのなめらかなポレンタが前菜。次いでスパゲッティ・ポステ・ヴェーチェ、つまりアッロ・スコッリオ。カメリエーレはベテランで腰が低く、サービスもそつ... [続きを読む]

Do Mori@Venezia

2006年1月16日

とりあえず、とヴェネツィアに来たので昼飯前に食前酒。プロセッコ+ポルペッッティーナ・ディ・カルネ。この店のつまみ「チケッティ」の味付けはあくまで酒のあてなので濃い目。 本日2度目のド・モーリ。夕方のアペリティフはド・モーリで。プロセッコ、白、赤の微発泡、プロヴォローネ、フリッタータ、サルサ・ピカンテ... [続きを読む]
1 2
error: