SAPORITA NEWS

il PAN’INO

¥6,000

商品カテゴリー:

説明

イタリアでは、グルメ・パニーノという言葉がすっかり定着してい ます。そもそもはリーマン・ショックによる不況下で、レストランよりも安く食べられるパニーノやピッツァが注目を浴びるようになったことに始まります。し かし、とりあえず腹ごなしするだけでは寂しいと、よりバラエティに富み、素材の質も吟味したオリジナリティの高いパニーノに人々の関心が集まり、やがてそ れらが、これまでのパニーノとは一線を画した“グルメ・パニーノ”と呼ばれるようになったのです。その流れが、より美味しいストリートフードを求める気分 につながり、トラディショナルからグルメ・バーガーまで、ストリートフードブーム花盛りの現在となっているのです。

フィレンツェのパニー ノ&食材店「’ino」がオープンしたのは2006年。まさにグルメ・パニーノの先駆けです。オーナーのアレッサンドロ・フラッシカは、ファッションの仕 事から離れ、かねて友人の間では評判だった“オリジナルの味を食べさせる趣味”を本職にしたという脱サラ系。イタリア各地から届いたほんとうに美味しい食 材をパニーノで味わい、気に入ったらその食材(ハム・サラミ、チーズ、瓶詰のソースなど)を買えるという店は、これまでありそうでなかったのです。

そ のアレッサンドロの仕事が一冊にまとまったのが「il PAN’INO」です。彼が試行錯誤を重ね、たどり着いた美味なる具材の組み合わせ50種類と、それぞれの食材についての解説、店で使っているパンの製造 所ルポが紹介されています。ユニークなのは、パニーノのメイン写真が、パニーノとそれを食べる人のポートレートになっていること。美味しいものを前にした 人々の幸せそうな顔がこの本の芯なのでしょう。

また、個々のレシピを見る前に、美味しいパニーノを作るための13か条はぜひ、読んでいただ きたい部分です。パンの扱いについて(たとえば、必ず温めること。温めるときは電子レンジやホットプレートではなく、オーブンかオーブントースターの中温 にすること)、具材について(たとえば、組み合わせは3種類以下にすること。多すぎると味のバランスが崩れる。また、素材と素材をつなぐためなにかしら ソースを使うこと)など、このポイントを理解していれば、いくらでもオリジナルの美味なるパニーノが作れるというのです。パニーノというものに対するイタ リア人の考え方を知るには最適の一冊です。

版型:253×193(mm) 685g オールカラー184P ソフトカバー イタリア語 Guido Tommasi Editore刊

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

error: