プーリアの食の記録 Barbera, Grotta Palazzesca, L’Ancora

5/24フィレンツェを朝イチで出発、ローマで飛行機を乗り継いで10時30にはバーリに。某ワイナリー訪問のあと、昼はムルジェ高原にあるマッセリア・レストランへ。

Barbera@Minervino Murge(BA)
Ricotta fresca、Frittura di fiori di zucca、Peperonata caramellata、Frittata con verdure、Polpettine di pane con salsa di pomodoro、orecchiette con aglio e formaggio

夜は生み沿いの洞窟レストランにて
Grotta Palazzese@Polignano a Mare(BA)
orrechioni con triglia e pure di fave、Zuppetta pugliese

翌6/25、フィレンツェに帰る前のランチは海沿いのリストランテで素晴らしい海鮮三昧。海老、貝、イカを生で食べるこのバーリの習慣、ああ。

Ristorante L’Ancora@Monopoli(BA)

ganberoni al ghiaccio、Crudita di mare(Tartufo del mare、Ostriche、Cozze bianche e rosse)、Scampi alla Catalana、Seppiolini crudi、Carpaccio di Scolfaro,Orata e Spigola、Spaghetti allo scoglioこの響宴、長い間忘れていた。やはりプーリアは美しく、美味しい。MASA

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1176 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属。株式会社オフィス・ロトンダ代表取締役。2014年国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる。2016年レポーター・デル・グスト賞受賞。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください