週刊食卓日記@東京

2010年3月某日 甚六@表参道
夜更けの甚六は貸し切り状態。マグロワサビ、自家製漬物、油揚げピッツァ2種、卵と稲荷の挟み揚げ、うるめいわし、がんぼう。

2010年3月某日 La Casalinga@丸の内
昨年オープンした丸の内ブリックスクエアB1にあるトラットリア。フィレンツェ時代でTerazza Baldiniなどで腕を磨いた友人星誠君が現在シェフを勤めております。夢先トマトと吉田牧場のモッツァレッラ、キノコのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノのスパゲッティ、アスパラガスのリゾット、白金豚のサルシッチャ&レンズ豆、ティラミス、パンナコッタ、トルタ3種盛りドルチェ。その昔まこっちこと星誠君が作ってくれたトリッパのカツレツは強烈に美味しかったのを思い出しました。

2010年3月某日 Antonio@代官山
モッツァレッラとトマトのカプレーゼ、スパゲッティ・アラビアータ、プリン。

2010年3月某日 Corviera@兜町
2ケ月ぶり、兜町の巨匠松橋ひらく様のお店でございます。京都遠征前のR太とカウンターに陣取り、ミミガー・スモーク、青首鴨、ペコリーノ、大井町の巨匠に捧ぐカラブリア風シラスのンドゥイヤ・ブルスケッタ。プリモはナポリ風ラグーのスパゲッティ(!!)と初体験のスパゲッティ「イル・パドリーノ」(!!!)。「イル・パドリーノ」とはイタリア語でいう映画「ゴッド・ファーザー」のことでございます。そして仔羊グリル&レンズ豆。ちょいと一杯のつもりで寄って、いつの間にやらフルコース。美味しゅうございました。

2010年3月某日 はしぐち@赤坂
カウンター6席しかない寿司屋です。コハダ、ひらめ、縁側の刺身、貝柱と三つ葉のあえもの、握りはずめまぐろ、煮はま、さより、ウニ、かすご、中トロ、イカ、穴子、かんぴょう巻き。

2010年3月某日 福臨門@銀座
ニラぎょうざ、春巻き、小籠包、白金豚と黒豆の炒め物、季節の野菜炒め、北京ダック、福建炒飯、タピオカミルクなどなど。十●年ぶりに食べた懐かしの福建炒飯でした。

2010年3月某日 志満平@市ヶ谷
それはそれはシブイ蕎麦屋にて宴席。岩のり、茎ワサビ、ホタルイカなどのお通し、そばの実のスープ、卵焼き、そば粉のクレープ、鴨焼き、せいろ×2、鴨せいろ。

2010年3月某日 大川@市ヶ谷
春野菜(たらのめ、ふきのとう、たけのこ)の天ぷらせいろ、海老かき揚げそば

2010年3月某日 桃ノ木@三田
上海よだれ鶏麻辣味、香菜・クレソン・唐辛子入り北京風サラダ、鎮江黒酢の酢豚2粒、桜えびとレンコンと餅の炒め物、桃ノ木麻婆豆腐と白飯、黄ニラの上海風焼きそば、杏仁豆腐、老酒ジェラート。瓶出紹興酒3人で6合。アンティカ・マリーナ以来の大食。 

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1145 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属。株式会社オフィス・ロトンダ代表取締役。2014年国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる。2016年レポーター・デル・グスト賞受賞。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください