極旨パスタ

日本のパスタは本物なのか?つねにその本質的な命題を問い続けるイタリア料理のシェフ3人と、イタリアと日本両国に渡って活動を続けるロトンダ・イタリア料理研究会がコラボレーション。パスタ道、と呼び変えてもよい郷土料理至上主義を掲げて作ったパスタ101点とシェフ自慢の副菜レシピ22点を一挙公開。イタリアバリラ本社工場見学レポート、シェフのイタリア修業物語、イタリアの地域別パスタの特徴、パスタの歴史など読後は無性にパスタ食べたく、作りたくなること必至のパスタ本の決定版。毎年10月25日に行われる世界パスタデー公式本。

【目次】
1 トラットリア・ケ・パッキア:岡村光晃シェフのシンプルパスタ トマトソースのスパゲッティ 、辛いトマトソースのペンネ ノルマ風ペンネ、チーズと胡椒のスパゲッティ 、グリーチャのスパゲッテ、 リガトーニのカルボナーラ、あさりのスパゲッティ、あさりのスパゲッティ・トマトソース、ナポリ風あさりのスパゲッティ、スパゲッティ・プッタネスカ ほか
読物 イタリアパスタ紀行
2 トラットリア・ヴェンティノーヴェ*竹内悠介シェフのクラシックパスタ
アリオーネソースのピーチ、ラグー・ビアンコのピーチ、ペスト・ジェノヴェーゼのテスタローリ、野菜のラグーのテスタローリ、ラグー・ボロニェーゼのタリアテッレほか
読物 パスタ工場探訪記 パルマにバリラ社を訪ねて
バリラ研究所レシピ開発責任者 ロベルト・バッシの料理
3 アンティカ・オステリア・トト:本田剛シェフのパワフルパスタ
アーティチョークのスパゲッティ、あさりのスパゲッティ、シチリア風生うにのスパゲッティ、シチリア風いかすみのスパゲッティ、トロペアのたまねぎとンドゥイアのミッレリーゲ、鮪の卵とブロッコリーのスパゲッティ、ズッキーニとカチョカヴァッロのスパゲッティほか
読物 パスタの歴史概要
【著者について】
ロトンダ・イタリア料理研究会(編)●日本のイタリア料理文化の向上と発展のために結成されたイタリア文化とイタリア料理の研究会。イタリア国立ジャーナリスト協会会員池田匡克、池田愛美、バリラジャパン堀込玲を中心に構成。イタリア料理研究、編集、撮影、執筆、試食を行っている。同会主催の「イタリア力向上勉強会」ではパスタ研究を軸にさまざまなイタリア食文化に関する勉強会を行い、日本全国から料理人、イタリア料理マニアを中心とした参加者を集めている。
料理●岡村光晃 (東京・麻布十番「トラットリア・ケ・パッキア」)
竹内悠介( 東京・西荻窪「トラットリア・ヴェンティノーヴェ」)
本田 剛(福岡・福岡市「アンティカ・オステリア・トト」)

【編集部からのコメント】
今イタリアンはこの世代が熱い! という三人の熱血シェフが作るパスタ! パスタ! パスタ!
奥深いパスタの世界はまさに迷宮のごとし。個人的にはシンプルパスタのカレッティエラ&肉肉しいミートソースにノックアウト。

内容(「BOOK」データベースより)

世界パスタデーin JAPAN公式BOOK。もはや日本とイタリアは味覚でリアルにつながっている。「最高のパスタ」その一皿を目指して日々奮闘する、気鋭のシェフ3人によるパスタ道と直伝レシピ133。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岡村光晃
1974年生まれ。東京・麻布十番の「トラットリア・ケ・パッキア」シェフ。ホテル学校卒業、銀座の洋食店勤務を経て、麻布十番の老舗イタリア料理店で本 格的にイタリア料理の道に進む。2009年の「トラットリア・ケ・パッキア」開業とともにシェフに就任。イタリア全土のオーセンティックな伝統料理を実直に展開する

竹内悠介
1980年生まれ。東京・西荻窪の「トラットリア・ヴェンティノーヴェ」シェフ。調理師学校卒業後、広尾のイタリア料理店に勤務。2006年よりフィレン ツェ、ボローニャ、マルケ州、トスカーナ・キャンティ地方で修業。2011年に「トラットリア・ヴェンティノーヴェ」を開業。素材の滋味溢れる中部イタリ アの味を丁寧に再現する

本田剛
1971年生まれ。福岡・博多の「アンティカ・オステリア・トト」シェフ。調理師学校卒業後、ホテル、フランス料理店勤務を経て上京。西麻布のイタリア料 理店で2番手を務めた後、イタリアへ。トスカーナ、シチリアで修業。2007年に「アンティカ・オステリア・トト」開業。近海の地魚、地元産の野菜を駆使 してシチリアの味を目指し、質・量ともにイタリア式を貫く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

SAPORITA
About SAPORITA 44 Articles
WEBマガジンSAPORITAからのオフィシャルなお知らせ、イベント、ショップ情報です。