ローマ名物揚げバッカラ「ダル・フィレッターロ」

生粋のローマ人なら知らない人はいないのが、ダル・フィレッターロのバッカラのフリット。こんがり黄金色に揚がったそれを紙に包んでもらい、熱々を頬張りながら店を出て、夜のカンポ・デイ・フィオーリ界隈をそぞろ歩く。それが彼らのささやかな、そして欠くべからざる楽しみなのだ。もちろん、店内で着席してゆっくり味わうこともできるし、季節が良い時はサンタ・バルバラ広場のテラス席が大人気となる。メニューにはプンタレッラのサラダやアンチョビ&バター、サラミの盛り合わせ、ゆでたサヤインゲンなどもあるが、それらはあくまでもバッカラ・フリットを待つ間の“おしのぎ”。だから、パスタやセコンドもない。

そのバッカラ・フリットFiletto di baccalà €5は、いくつもある大鍋で次々と揚げるのでほとんど待つことなくテーブルに届く。塩っぱくもなく味薄くもなく塩抜き加減は絶妙。一切れが大きいので満足度も高い。白ワイン片手にひたすら揚げたてのバッカラを味わうのがローマ至福のストリートフードタイム。店は細長く、厨房は一番奥にある。テイクアウトのお客は厨房へ行って揚げたてを受け取って外へ。テーブル席でバッカラを楽しんだ後、名残惜しい時はチャンベッラをデザートに。

Largo dei Librari, 88 ROMA
Tel06-6864018
17:30〜23:00 日、8月休
About Manami Ikeda 399 Articles
池田愛美 Manami IKEDA ジャーナリスト、コーディネーター 出版社に女性誌編集者として勤務後、1998年イタリアに渡る。旅と料理の分野でインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「ローマ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「伝説のトラットリア・ガルガのクチーナ・エスプレッサ」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「極旨パスタ」「最新版ウイーンの優雅なカフェ&お菓子」など多数。