モンタルチーノの雄、BANFI40周年を迎える

過日、フィレンツェを見下ろす高台ミケランジェロ広場にあるレ・ロッジェにて、バンフィ40周年記念限定テイスティング・パーティが行われた。モンタルチーノに位置するバンフィはイタリア系アメリカ人、ジョンとハリーのマリアーニ兄弟が1978年に創設。以来一貫して目指してきたのは卓越したテクノロジーを導入したプレミアム・ワイン作りだ。マリアーニ家を支えるチーフ・エノロゴはエツィオ・リベッラで、近年では1860年創業ピエモンテの老舗ワイナリー、ブルッツォーネを獲得して以来スパークリングワインの生産にも力を入れている。今回のパーティでは40年のバンフィの歴史を10年ごと4エリアに分けてプレゼンテーションするレイアウトで、最初のブースはRosso di Montalcino, Brunello di Montalcino Castello di Banfi, Summusなどバンフィの歴史を作ってきたワインから始まった。そしてこの日のハイライトはExcelsus 1997 Magnum とSummus 2000 Magnum、同じく会場に姿を見せていたPoggio All’Oro 1997はコンディション不良につきテイスティングできなかったのは残念だったが、男性的と言われるバンフィのワインにおいてはこれぐらいのヴィンテージとなるとまさにそのポテンシャルが大いに花開き、素晴らしい発展形を見せてくれた。

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1181 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属。株式会社オフィス・ロトンダ代表取締役。2014年国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる。2016年レポーター・デル・グスト賞受賞。