「Sardegna!」Count Downその1

「サルデーニャ!」発売直前情報として「カウントダウン10番勝負」と題し、内容に準じた話を10本ばかり書くことにいたしました。ついでに発売前ですが写真も一部公開いたします。約1ケ月に渡る短期(長期?)連載ですがおつきあいいただければ幸甚に存じます。

サルデーニャ西海岸、かつてアルボレア公国の首都だったオリスターノの外れにカブラスという小さな町があります。小さな町、とはいえイタリア料理ラバーならぴんとくるはず。そうここはボラのカラスミ、ボッタルガの聖地であります。紀元前にフェニキア人がサルデーニャに持ち込んだとされるボッタルガの製法はいまも現地で頑にまもられていて、町のメインストリート、コルソ・イタリアには「ボッタルガ」という看板をかかげた店が何軒か並んでいます。

その一件にふらりと入り、さらにふらりとボッタルガ作りの様子を見せてもらう。ボッタルガを数種味見した後例によって数腹買い込み、ついでに瓶詰めも幾つか。蛇足ながらこの瓶詰めのひとつ「カルチューガ」というのがアチェート好きの私にはたまらない味でございました。これはその名の通りカルチョーフィ(サルディ)とアッチューガ、つまりアンチョビを軽くフルッラーレしてアチェートでしめたような保存食。これがパンと白ワインによくあい、しばらく我が家でマイブームとなりました。手を抜くなら市販の酢漬けのカルチョーフィとアンチョビでもよさそうな。しかしアチェートだけはいいものを。

で、話は戻りますがそのボッタルガ屋の娘モニカに「この辺でどこか美味しい店ありませんか?」とたずねたところさすが食に携わる地元の女、すぐさま教えてくれたのが「チルコロ・イル・マーレ・ディンヴェルノ」でありました。本来チルコロというのは営業許可の関係でリストランテの名は掲げられないけれど会員制ということで料理を出す店。でも大抵会員ではない一見の旅人でも普通に食事ができるのが普通です。

この店が大当たりでして以後私たちは「サルデーニャのアンティカ・マリーナ」と呼び、翌年にもう一度行き、またしても素晴らしい午餐に恵まれました。例によってメニュー無しの口頭試問形式で、前菜はおまかせ。するとまもなく小皿前菜がどどどどんと7〜8品運ばれて来て、一件単純に見えるけれども実は全て小技が聞いているという達人芸。「本日のパスタは●●●▲▲▲×××・・・」というので2種もらい、別皿ですりおろしボッタルガも注文。サルデーニャはおしなべてパンチがもうひとつの店が多かったけれどこの店は細麺スパゲッティーニの潜在能力を見事にいかしきっていました。しかも驚くべきはお勘定!!。アンティカ・マリーナの半分以下でありました。ああ、また行きたい。イタリアで魚介料理を食べるなら?と問われて即座に脳裏に浮かぶ店は一見多そうで実はそう多くない。1にアンティカ・マリーナ(カターニア)2にダ・ヴィットリオ(メンフィ=ともにシチリア)3、4は?で5にイル・マーレ・ディンヴェルノか?

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1139 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属。株式会社オフィス・ロトンダ代表取締役。2014年国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる。2016年レポーター・デル・グスト賞受賞。

4 Comments

  1. おなかがすき始める頃にこのブログを見ちゃいけませんなぁ、としみじみ思っちゃいます。
    サルデーニャにはまだ行った事が無いので、この本を小脇にかかえて行く計画を立てなくちゃ!
    ボクもいつかサイン入れてもらおう。

  2. ヒロ吉様
    私は食べ物の本を読みながら酒を飲むのが好きであります。あるいは好きなレストランのメニューなど。そうねぇ、たとえばVinainoとかIncanto@広尾とか。Checchino@Romaもいいけどメニューはどこにしまったかな?
    そんなアームチェアー・トラヴェリングならぬアームチェアー・ダイニングのお供に弊ブログをご活用いただけたら幸甚に存じます。サインなぞ、私どもでよろしければそれこそ耳無し芳一状態でさしあげます。

  3. 久しぶりの投稿です。なんて美味しそうなんでしょう!!料理が、活き活きとしていて、そして美しい!私自身、お菓子を習ってまして、出来上がったケーキの写真を撮りますが…ド素人の私に教えて下さい、どうすれば、そんな写真になりますか?

  4. 上田祥子さま
    ごぶさたしておりましたがお元気でしたか?ご丁寧なコメントどうもありがとうございます。
    もし写真の料理が美しく、活き活きとして見えたのだとしたらそれはひとえに料理が持つ力だと思います。まずは料理ありき。
    あと、料理写真のポイントとしては家の中でなるべくて明るくて奇麗な自然光がさしこむ場所と時間を探しましょう。例えば朝の窓辺とか、室内灯ではどうしても料理の色が濁ってしまいますし、暗いと手ブレの確立が高くなります。
    あとカメラはどういうものをお使いか、にもよりますが基本的に望遠でとってみましょう。テーブルトップではつい楽して広角側で撮ってしまいがちですが、そこはお手数でも立ち上がって手ぶれに気をつけて望遠で。三脚がなければなにかにもたれかかるようにして固定するのもひとつの手ですね。
    そんな風に幾つかお菓子を撮っていればいつの間にか上手くなると思いますよ。それから先は三脚とかストロボとか明るいレンズとかアオリレンズとかいろいろ欲しくなり、写真の無間地獄にはまりますがそれはまた次の段階ということで窓辺で望遠、がひとつのセオリーです。MASA

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください