「Sardegna!」Count Downその4

ポルケッタ、ポルチェット、ポルチェッドゥ、プルチェッドゥ、呼び名は変われど以上は豚の丸焼きのことであります。いや、サルデーニャ流プルチェッドゥを正確に描写するならば乳飲み子豚の半割(!!)を塩だけでじっくりとローストした料理で、皮はかりかり、中はしっとり、肉の旨味を感じるのにこれ以上の食べ方はない、と思える料理であります。例によって地方によってその調理法は微妙に異なり、ある村(といってもこれも例によってバルバージア地方ですが)では地面に穴を掘って炭を熾し、種火状態になったら丸の子豚を火にかけて土をかぶせ、待つこと数時間。肉が焼けたら掘り出してサルデーニャ・ナイフですぱりすぱりと切って食べる、とまるでアルゼンチンのパンパをゆくガウチョのような食べ方をするとか、いや、ミルトの枝をかけてその香りを付ける、とか。そもそもこうした食べ方はバルバージアの山賊の食事方で、食後に骨や生ゴミを埋めてしまえば人がいた痕跡を消すことが出来るから、という恐ろしげないわくまであり、なんとなく映画「ハンニバル」のサルデーニャの羊飼いを思い浮かべたりします。

いわば非常に原始的な調理法でありますが、ローマ化する以前から独自の文明を持っていたサルデーニャにしてみればそうしたある種野蛮な文化が未だ残っていたるのは当然でして、何せバルバージア地方とはローマ人側から見たローマ化できない野蛮人「バルバリ」の住む土地ゆえ、そう名付けられたのであります。MASA

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1139 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属。株式会社オフィス・ロトンダ代表取締役。2014年国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる。2016年レポーター・デル・グスト賞受賞。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください