Settembrini@ROMA

レストラン、カフェ&ライブラリーの複合スペース

ローマのテヴェレ川左岸地区、 ヴァチカンやサンタンジェロ城より 北に位置する高級住宅街にセッテンブリーニ通り、という大通りがある。その名は19世紀末のイタリア統一時に功績があったルイジ・セッテンブリーニに由来するのだが、現在のローマでセッテンブリーニといえば、レストラン、カフェ、ライブラリーなどの複合スペース「セッテンブリーニ」を意味する。

2010年にFesta a Vicoという料理イベントで出会った料理人ジジこと、ルイジ・ナストリに誘われて訪れたセッテンブリーニは、その秋2011年のGuida Espressoで最優秀ワイン・レストランに選ばれた。これはワイン部門の責任者ルカ・ボッコーリの功績によるところが多い。ジジは和食にインスピレーションを受けて昆布出汁を使ったり、変化球クリエイティヴを提唱していたが、セッテンブリーニ10周年を気に店を去った。ジジが向かったのはイタリアの他都市ではなくパリの「ラ・ガゼッタ」。イタリア国内でもネオ・ビストロへの注目度は高く、ガストロノミア(美食)ならぬビストロノミア(ビストロ料理)という単語が日常的に使われ始めている。ワイン・バー&ビストロ・ブームはイタリアではローマからはじまったが、そのパイオニアでもあったセッテッンブリーニをあがったジジがネオ・ビストロへ向かった、というのはある意味必然的な流れなのである。「ジジ、パリへ行く」の最新記事はこちらから
Via Settembrini, 25  ROMA

Tel. 06 3232617

http://www.viasettembrini.it

 

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1139 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属。株式会社オフィス・ロトンダ代表取締役。2014年国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる。2016年レポーター・デル・グスト賞受賞。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください