アマトリチャーナの故郷を救え

2016年8月24日3:30(イタリア時間)、M6.2の地震が中部イタリアを襲い、リエティ、アスコリ・ピチェーノ、ペルージャを中心に深刻な被害が出ています。イタリア時間の17:30現在、死者73人。アマトリーチェ市長セルジオ・ピロッツィは「町の4分の3が失われてしまった」とRAI NEWS 24に語りました。

アマトリーチェといえば、おそらくはカルボナーラと並んで世界一有名なパスタ「アマトリチャーナ」の故郷として知られています。町の入り口には「スパゲッティ・アマトリチャーナの町 アマトリーチェ」と書かれているので、アマトリチャーナにはブカティーニではなくスパゲッティが正統です。また、昨年ミラノの2つ星シェフ、カルロ・クラッコとアマトリチャーナにニンニクを使うか否か?で「アマトリチャーナ論争」が起こったことも記憶に新しいかと思います。

そのアマトリーチェがいま存亡の危機に瀕しています。上の写真は2015年7月、アマトリーチェを訪れた際のメインストリート、コルソ・ウンベルト1世通り。下は今朝の地震直後の写真です。

政治レベル、民間レベルでさまざまな募金活動、ボランティア活動が始まりましたが、イタリア料理界ではアマトリチャーナを救うべく、レストランは積極的にアマトリチャーナを提供、それを食べた客から1ユーロ、店から1ユーロ、合計2ユーロずつ募金するという活動も始まりました。またイタリア赤十字(Croce Rossa Italiana 英語版)でも公式サイト上からPaypalを通じて世界中からの募金を(€10〜)呼びかけています。

この「アマトリチャーナを食べて町を救おう」という呼びかけに賛同していただける、イタリア料理店をはじめとするレストラン、ワインバー、エノテカなどなどいらっしゃいますでしょうか。おそらくはこれから世界中のイタリア料理ファン、アマトリチャーナ・ファンがさまざまなかたちで復興への助力を始めることと思います。Gambero Rossoの創設者であるジャーナリスト、故ステファノ・ボニッリは「イタリア料理界において日本はもう21番目の州である」といいました。21番目の州としての連帯が今求められています。

定期購読のお申し込み

Masakatsu IKEDA
About Masakatsu IKEDA 1445 Articles
池田匡克 Masakatsu IKEDA ジャーナリスト 1967 年東京生まれ。出版社勤務後1998 年イタリアに渡り独立。旅と料理のビジュアル・ノンフィクションを得意とし、イタリア語を駆使したインタビュー、取材、撮影、執筆、講演活動を日本、イタリア両国で行う。主な著書に「シチリア美食の王国へ」「イタリアの老舗料理店」「サルデーニャ!」「フィレンツェ美食散歩」「アマルフィとカプリ島」「Dolce!イタリアの郷土菓子」「世界一のレストラン オステリア・フランチェスカーナ」など多数。 2003年度「シチリア美食の王国へ」がイタリア文化向上に貢献した出版物に送られるマルコ・ポーロ賞(イタリア文化会館主宰) 最終候補作品にノミネート 2005年よりイタリア国立ジャーナリスト協会所属 2011年株式会社オフィス・ロトンダ設立。現在代表取締役 2014年日本初のイタリアの旅と料理をテーマにしたWEBマガジンSAPORITA設立。国際料理大会Girotonno、Cous Cous Festに日本人として初の審査員に選ばれる

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.