Food

ナパ・ヴァレー、ワインと美食の旅

サンフランシスコから車に乗って北上すること約1時間。温暖なカリフォルニアのベイエリアから小高い丘が連なる丘陵地帯へと風景が変わり、ぶどう畑やワイナリーの看板が見え始めたらナパ・ヴァレーは近い。南北50キロ、幅は最大で8キロと細長い帯状の谷ナパ・ヴァレ [続きを読む]

02Milano

カルロ・クラッコ特別インタビュー

現代イタリア料理を知る重要なキーワードのひとつが「マルケジーニ」である。これは1985年秋にイタリア史上初めてミシュラン3つ星を獲得した「ヌオーヴァ・クチーナ・イタリアーナ」の創設者グアルティエロ・マルケージの弟子たちのことである。当時マルケージの元 [続きを読む]

12Sardegna

美しく青く、謎に満ちた島、サルデーニャ2

羊飼いの伝統が育んだ工芸 サルデーニャの商業の中心となったのは豊富な鉱山資源であった。紀元前より輸出されていたのは、鋼や青銅、金銀である。青銅製の像がヌラーゲからも出土しており、かなり精巧な技術を確立していたことが明らかになっている。また、金銀は細い [続きを読む]

12Sardegna

美しく青く、謎に満ちた島、サルデーニャ1

イタリア半島の一番近いところ、トスカーナの沿岸から188キロ、そして、チュニジアから178キロ。地中海西部のほぼ中央に位置するサルデーニャ島は、イタリアからは地理的にも文化的にも遠い存在だ。しかし、その名は青く透き通る美しい海の島として知られ、特に、 [続きを読む]

05Bologna,Modena,Parma

フランチェスケッタ58とバルサミコ工房を巡るモデナ美食散歩ツアー

フィレンツェから電車で日帰り、バルサミコの本場モデナで1605年創業の老舗「アチェタイア・ジュスティ」と「オステリア・フランチェスカーナ」のセカンド・レストラン「フランチェスケッタ58」を巡る美食散歩ツアーです。モデナに代々秘伝として伝わってきた高貴 [続きを読む]

03Venezia,Veneto

追悼、グラッパ王ジュゼッペ・ナルディーニ

少し前の話になるが今年の4月26日、老舗グラッパ・メーカー「ナルディーニ」のオーナー、ジュゼッペ・ナルディーニが亡くなった。1927年生まれの享年90歳。戦後の苦しい時代にカ・フォスカリ大学経済学部を卒業、以来50年以上に渡り1779年創業のグラッパ [続きを読む]

09Napoli,Campania

パスタの聖地、ナポリと周辺を巡る旅

「東方見聞録」を書いたマルコ・ポーロが、中国から麺を持ち帰ったことがイタリアにおけるパスタのはじまりだった。そんな間違った説が流布するようになったのは一体いつ頃のことか。一説によれば、それは1929年にアメリカの業界紙「マカロニ・ジャーナル」が掲載し [続きを読む]

06Firenze,Toscana

トスカーナ・トリュフ体験ツアー

SAPORITA新企画、幻の食材トリュフを知る、見る、食べる「トスカーナ・トリュフ体験ツアー」ではフィレンツェから専用車両での送迎付きでトリュフ狩り体験が楽しめます。トスカーナでは年間を通じてさまざまな種類のトリュフがとれますが、まずはトリュフの歴史 [続きを読む]

13日本

夏のプロセッコDOCキャンペーン開始

プロセッコDOCは年間4億4千万本を出荷、うち75%がイタリア国外で飲まれているスパークリング・ワインです。夏といえばスパークリング、というわけで今年もプロセッコDOCの対日プロモーションがはじまります。第一弾はキャンペーン参加13社のプロセッコが無 [続きを読む]

02Milano

絆を深める 語らいと食の広場 Un Posto a Milano@Milano

かつて街のどこにでもあった小さな広場。人々がそこでおしゃべりを通して情報を交換しあっていた、そんな良き習慣を蘇らせたいと生まれたのが「ウン・ ポスト・ア・ミラノ」です。ミラノ中心部からやや離れたポルタ・ロマーナ地区にある「カッシーナ・ [続きを読む]